前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
110件中 1 - 10件表示
  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た仲間由紀恵

    「家族割ワイドサポート ―ゆきえは見た!篇」山里のみ(仲間由紀恵と共演)南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た松本人志

    山崎は「西中サーキット」、山里は「足軽エンペラー」の共にボケを担当していたが、それぞれ解散後、山崎が「山崎二宮」のコンビを結成していた2003年6月に山里が山崎を誘いコンビ結成。コンビ名はザ・プラン9が命名した。同年にM-1グランプリ準決勝進出。翌2004年大会では、無名ながらも決勝に進出し(麒麟枠)、準優勝を果たした。それがきっかけとなり、テレビ番組やラジオ、CMなどに出演。結成2年で多数のレギュラー番組、更に関西ローカルながら冠番組までも獲得した。2005年後半に活動拠点を大阪から東京へ移した。2005年のM-1グランプリにも出場するが最下位(9位)に沈んだ。敗因は山里曰く「稽古不足」。以後2006年、2007年のM-1グランプリへの出場を見送る。2006年大会の不参戦について、山里は自身のブログで「ただしっかりと漫才、ネタとは向き合い続けます!」と語っている。2008年大会には3年ぶりに参戦するも準決勝敗退。翌年の2009年大会には4大会ぶりの決勝進出を果たしたが8位に終わった。山里はガチガチに緊張したと語っている。後日、山里は審査員の松本人志から「すべてが0.5秒遅れていた」と敗因を指摘され、ネタを自分で見直してその通りだと反省した。また、山里によると「自分達のベストバウトは2009年の準決勝だった」らしく、これには山崎も同調している。2010年大会は出場を見送った。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たモーニング娘。

    「auの学割 ―ライブステージ篇/U(アンダー)25家族セット割 ライブMC篇」山里のみ(モーニング娘。'14、森三中(大島美幸・黒沢かずこ)、哀川翔と共演)南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たキャンディーズ

    コンビ名を決める際、「可愛い名前をつけよう」という山里の提案により、二人が可愛いものの名前を出し合った。山里はキャンディーズ、山崎は南海を挙げた。結果的に鈴木つかさの提案で2つの言葉を繋げ「南海キャンディーズ」となった。この名前がついて、山里は「南海なんてつけたものだから、南海電鉄からCMの話でも来ないものか」と考えていた。さらに、「南海なんてマイナーな電鉄なんかつけなくて、JRでもつけて、『JRキャンディーズ』にでもしとけば良かった」と語っている。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た哀川翔

    「auの学割 ―ライブステージ篇/U(アンダー)25家族セット割 ライブMC篇」山里のみ(モーニング娘。'14、森三中(大島美幸・黒沢かずこ)、哀川翔と共演)南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たSKE48

    中京テレビ放送「ハマっちゃいなよ! 中京テレビ」(2009年)開局40周年記念イメージキャラクター。SKE48と共演したバージョンあり。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た森三中

    「auの学割 ―ライブステージ篇/U(アンダー)25家族セット割 ライブMC篇」山里のみ(モーニング娘。'14、森三中(大島美幸・黒沢かずこ)、哀川翔と共演)南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た山里亮太

    コンビとしての出演作品を記載。単独出演作品は山里亮太、山崎静代を参照。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たあした順子・ひろし

    漫才の終わりの大半はオチが終わると「あした順子・ひろし」の様に無言で頭を下げて終わる。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たザ・プラン9

    山崎は「西中サーキット」、山里は「足軽エンペラー」の共にボケを担当していたが、それぞれ解散後、山崎が「山崎二宮」のコンビを結成していた2003年6月に山里が山崎を誘いコンビ結成。コンビ名はザ・プラン9が命名した。同年にM-1グランプリ準決勝進出。翌2004年大会では、無名ながらも決勝に進出し(麒麟枠)、準優勝を果たした。それがきっかけとなり、テレビ番組やラジオ、CMなどに出演。結成2年で多数のレギュラー番組、更に関西ローカルながら冠番組までも獲得した。2005年後半に活動拠点を大阪から東京へ移した。2005年のM-1グランプリにも出場するが最下位(9位)に沈んだ。敗因は山里曰く「稽古不足」。以後2006年、2007年のM-1グランプリへの出場を見送る。2006年大会の不参戦について、山里は自身のブログで「ただしっかりと漫才、ネタとは向き合い続けます!」と語っている。2008年大会には3年ぶりに参戦するも準決勝敗退。翌年の2009年大会には4大会ぶりの決勝進出を果たしたが8位に終わった。山里はガチガチに緊張したと語っている。後日、山里は審査員の松本人志から「すべてが0.5秒遅れていた」と敗因を指摘され、ネタを自分で見直してその通りだと反省した。また、山里によると「自分達のベストバウトは2009年の準決勝だった」らしく、これには山崎も同調している。2010年大会は出場を見送った。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
110件中 1 - 10件表示

「南海キャンディーズ」のニューストピックワード