前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • 村田修一

    村田修一から見た古木克明古木克明

    東福岡高校時代は投手として3年の春夏に甲子園出場。春のセンバツでは横浜高校の松坂大輔と投げ合って三回戦敗退、夏の甲子園は古木克明を擁する豊田大谷高校に敗れて初戦敗退だった。高校通算30本塁打。また、第3回AAAアジア野球選手権大会では中村順司が率いる日本代表に選ばれ、最優秀防御率(0.00)を記録し優勝に貢献した。村田修一 フレッシュアイペディアより)

  • SMASH (格闘技団体)

    SMASH (格闘技団体)から見た古木克明古木克明

    古木克明(2011年10月10日引退)SMASH (格闘技団体) フレッシュアイペディアより)

  • 立川隆史

    立川隆史から見た古木克明古木克明

    2010年1月25日には、「Survivor 〜Round.3 立川隆史・引退記念興行〜」が開催され、京太郎と2分2Rの引退記念エキシビションマッチを行った。引退セレモニーには永田裕志や古木克明、木下博勝やTAROかまやつなど各界から友人が駆けつけた他、観客席ではロッテマリーンズの応援団が応援を行った。立川隆史 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達

    プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達から見た古木克明古木克明

    2009年12月30日(水)23:30〜24:24にTBS系で第二弾『壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』(番組情報)が放映された。この年は年末恒例の『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』の番組最後(昼間に放送された過去の番組を編集して構成された前宣伝番組内でも告知された)に告知されて一週間後に放映されるというスタイルをとった。番組の目玉は現役時代人気選手だった香川伸行と1989年の日本シリーズでの「巨人はロッテより弱い」という言葉で一躍有名になった加藤哲郎の再現VTRや関係者の証言を交えたエピソード紹介に大半が割かれ、残りの三人は申し訳程度に紹介されただけだった。特に古木克明と條辺剛はエンディングロールが流れる中での現状紹介を急ぎで触れた程度だった。尚、加藤哲郎についての放送の際、当時のチームメイトより吉井理人、阿波野秀幸、対戦相手の巨人側より川相昌弘、駒田徳広のインタビューも放送された。また、香川伸行に関しても門田博光のインタビューが放送された。プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達 フレッシュアイペディアより)

  • 高岡蒼佑

    高岡蒼佑から見た古木克明古木克明

    横浜ベイスターズ、オリックスバファローズに所属した古木克明と仲がよい。K-1に転向した古木のデビュー戦となった『Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜』はリングサイドで観戦した。高岡蒼佑 フレッシュアイペディアより)

  • 西崎伸洋

    西崎伸洋から見た古木克明古木克明

    初出場:2006年6月4日、対北海道日本ハムファイターズ6回戦(横浜スタジアム)、9回表に古木克明に代わり左翼手として出場西崎伸洋 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田大谷対宇部商業延長15回

    豊田大谷対宇部商業延長15回から見た古木克明古木克明

    0対0で迎えた5回表、宇部商は安打に盗塁、相手エラーが絡んでライト前安打で1点を先制。6回表にも1点を追加して2対0で迎えた6回裏、豊田大谷は2者連続四球でランナー一・二塁から重盗を成功させて二・三塁とし、古木克明がライト前に安打を放ち1点を返す。2対1で迎えた9回裏、豊田大谷は2死一・三塁から重盗。これがベースカバーに入った宇部商二塁手の悪送球を誘い、2対2の同点となり試合は延長へ。豊田大谷対宇部商業延長15回 フレッシュアイペディアより)

  • 村瀬秀信

    村瀬秀信から見た古木克明古木克明

    その後「メークミルミル」、「カープ女子」へと発展する切掛けとなる記事の他、古木克明、中野渡進、ヤクルト芸術家ながさわたかひろ、などのクセのある選手・人物の作品を多く手掛ける。村瀬秀信 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜55年会

    横浜55年会から見た古木克明古木克明

    古木克明(1980年11月10日生まれ、上記の大西とのトレードでオリックスに移籍、2009年に引退し総合格闘家を経てプロ野球復帰を目論む)横浜55年会 フレッシュアイペディアより)

  • 藤崎紘範

    藤崎紘範から見た古木克明古木克明

    先発としては打ち込まれKOされることが多かったが、反面リリーフとして登板すると前述のように意外な好投を見せることが間々ある。2006年6月8日の対横浜戦では、直前の川井貴志が古木克明に死球を与えて、無死満塁とピンチを拡げたところでこの日の4番手として登板すると、内川聖一を三飛に、続く内藤雄太・鶴岡一成を連続三振に打ち取り、この回を無失点で切り抜けた。同年は他にも敗戦処理で抜群の安定感を発揮した。藤崎紘範 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示

「古木克明」のニューストピックワード