1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
100件中 91 - 100件表示
  • 吉見一起

    吉見一起から見た先発ローテーション

    ''、先発ローテーションの谷間で昇格することがあったが、打ち込まれるなど不調に終わった。ファーム日本選手権では最優秀選手賞を得た。その後ドミニカ共和国のウィンターリーグに参加した。帰国後の12月16日に結婚。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見たプロ野球選手

    吉見 一起(よしみ かずき、1984年9月19日 - )は、京都府福知山市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在は中日ドラゴンズに所属。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見たトランクス

    トヨタ自動車の先輩に当たる金子千尋の影響で夫婦ともども風水に凝っている。ラッキーカラーは赤。チームカラーに合わないため、登板前日は真っ赤なトランクスを履いて寝る。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見たスライダー (球種)

    現役の先発投手としては武田勝(北海道日本ハムファイターズ)に次ぐ通算与四球率1.46と抜群の制球力を武器とする。ノーワインドアップのスリークォーターから速球と同じ腕の振りで投げるスライダーとシュート、フォークボール、チェンジアップを投げ分ける。カットボールやパームボールも投げることができるが、基本的な球種であるカーブは投げられない。ストレートの球速はかつては平均球速約141km/h、最速148km/hを計測していたが、アマチュア時代を含めて肩や肘を数回故障した影響からか2011年以降は平均球速は約139km/hに満たず、最速でも146km/h程度になっている。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見たシュート (球種)

    現役の先発投手としては武田勝(北海道日本ハムファイターズ)に次ぐ通算与四球率1.46と抜群の制球力を武器とする。ノーワインドアップのスリークォーターから速球と同じ腕の振りで投げるスライダーとシュート、フォークボール、チェンジアップを投げ分ける。カットボールやパームボールも投げることができるが、基本的な球種であるカーブは投げられない。ストレートの球速はかつては平均球速約141km/h、最速148km/hを計測していたが、アマチュア時代を含めて肩や肘を数回故障した影響からか2011年以降は平均球速は約139km/hに満たず、最速でも146km/h程度になっている。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た規定投球回

    ''、選手会長に就任。2年ぶり2度目の開幕投手を務めた。開幕戦は2年前の開幕戦で投げ負けた前田健太との投げ合いだったが、途中までノーヒットノーランという快投を見せ、自身初の開幕戦勝利投手となった。5月2日から6月16日まで左脚大腿二頭筋挫傷により登録抹消、また9月19日からリーグ戦終了の10月5日まで右肘の肘頭骨棘骨折により再度抹消となり、2ヶ月以上を2軍で過ごし規定投球回に満たなかったものの、自身初のシーズン最多完投勝利、4度目の最多完封、3度目の最多無四球試合を達成した。また、中日では星野仙一以来となる5年連続二桁勝利も達成した。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た2010年の日本シリーズ

    ''、自身初の開幕投手(対広島戦)を務めたが、6回3失点で敗戦投手となった。昨年よりも成績を落としたものの、巨人相手に5勝するなど3年連続二桁勝利を達成し優勝に貢献した。クライマックスシリーズファイナルステージでは第二戦に先発し好投したものの、日本シリーズでは開幕投手を任されるなど2試合登板して1敗。シーズン中に傷めた肘の影響もあり本調子とは程遠い出来であった。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た失点

    ''、ルーキーイヤーのこの年は、9月10日に一軍昇格し、対広島東洋カープ戦でプロ初登板を果たす。1回1/3を無失点で抑える。9月18日の対横浜ベイスターズ戦で5回2失点で初勝利。また日本シリーズにも中継ぎとして登板した。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た京都府

    吉見 一起(よしみ かずき、1984年9月19日 - )は、京都府福知山市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在は中日ドラゴンズに所属。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た月間MVP (日本プロ野球)

    ''、前年に痛めた肘を2度手術した影響でシーズン開幕には間に合わなかったが、一軍合流後は安定した活躍を見せ、オールスターゲームにも監督推薦で選出され、9月には自身初の月間MVPを獲得。最終的に内海哲也(巨人)と並ぶ18勝を挙げ2度目の最多勝を獲得し、4年連続の二桁勝利となった。防御率も1.65と自身2度目の防御率1点台を記録し、初の最優秀防御率のタイトルも獲得した。さらに、谷繁元信と共に、自身初の最優秀バッテリー賞も受賞した。その他、最高勝率(.857)、最多完封(3完封)、最多無四球試合(3試合)も達成している。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
100件中 91 - 100件表示

「吉見一起」のニューストピックワード