100件中 81 - 90件表示
  • 吉見一起

    吉見一起から見た2005年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    卒業後トヨタ自動車に入り、社会人ナンバー1投手と評された。吹田市立片山中学校同窓生(1学年上)の妻と出会ったのもこの頃。肘の手術もあり評価はやや下がっていたものの、のドラフトの目玉となり、2005年のドラフト希望入団枠で中日ドラゴンズに入団した。背番号は19。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た出場選手登録

    ''、選手会長に就任。2年ぶり2度目の開幕投手を務めた。開幕戦は2年前の開幕戦で投げ負けた前田健太との投げ合いだったが、途中までノーヒットノーランという快投を見せ、自身初の開幕戦勝利投手となった。5月2日から6月16日まで左脚大腿二頭筋挫傷により登録抹消、また9月19日からリーグ戦終了の10月5日まで右肘の肘頭骨棘骨折により再度抹消となり、2ヶ月以上を2軍で過ごし規定投球回に満たなかったものの、自身初のシーズン最多完投勝利、4度目の最多完封、3度目の最多無四球試合を達成した。また、中日では星野仙一以来となる5年連続二桁勝利も達成した。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た完投

    ''、オープン戦で3試合15イニングを無失点に抑え、初の開幕一軍入りを果たした。4月6日の対東京ヤクルトスワローズ戦で初完投・初完封勝利。4月13日の広島戦で被安打11ながら連続完封を記録した。なお被安打11以上の完封は、8月4日の対読売ジャイアンツ戦(横浜)で大洋ホエールズの新浦壽夫が13安打を打たれて以来の記録となった。開幕からの連続無失点イニングを24回2/3まで伸ばし、8連勝はチームタイ記録。また、同シーズンはウエスタン・リーグの開幕投手を務めた。一時期はチーム事情からセットアッパーに回ったが、右肩の故障によりチームから一時離脱、出場が決まっていたオールスターゲームは出場を辞退した。肩痛が癒えた夏以降は再び先発ローテーションに戻り、このシーズンは10勝を記録した。また、シーズン通算2完封はコルビー・ルイス(広島東洋カープ)と並びセ・リーグ最多であった。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た最優秀投手

    最優秀投手:1回 (2011年)吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見たセントラル・リーグ

    ''、オープン戦で3試合15イニングを無失点に抑え、初の開幕一軍入りを果たした。4月6日の対東京ヤクルトスワローズ戦で初完投・初完封勝利。4月13日の広島戦で被安打11ながら連続完封を記録した。なお被安打11以上の完封は、8月4日の対読売ジャイアンツ戦(横浜)で大洋ホエールズの新浦壽夫が13安打を打たれて以来の記録となった。開幕からの連続無失点イニングを24回2/3まで伸ばし、8連勝はチームタイ記録。また、同シーズンはウエスタン・リーグの開幕投手を務めた。一時期はチーム事情からセットアッパーに回ったが、右肩の故障によりチームから一時離脱、出場が決まっていたオールスターゲームは出場を辞退した。肩痛が癒えた夏以降は再び先発ローテーションに戻り、このシーズンは10勝を記録した。また、シーズン通算2完封はコルビー・ルイス(広島東洋カープ)と並びセ・リーグ最多であった。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た

    トヨタ自動車の先輩に当たる金子千尋の影響で夫婦ともども風水に凝っている。ラッキーカラーは。チームカラーに合わないため、登板前日は真っ赤なトランクスを履いて寝る。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見たチェンジアップ

    現役の先発投手としては武田勝(北海道日本ハムファイターズ)に次ぐ通算与四球率1.46と抜群の制球力を武器とする。ノーワインドアップのスリークォーターから速球と同じ腕の振りで投げるスライダーとシュート、フォークボール、チェンジアップを投げ分ける。カットボールやパームボールも投げることができるが、基本的な球種であるカーブは投げられない。ストレートの球速はかつては平均球速約141km/h、最速148km/hを計測していたが、アマチュア時代を含めて肩や肘を数回故障した影響からか2011年以降は平均球速は約139km/hに満たず、最速でも146km/h程度になっている。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た2011年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    ヤクルトとのクライマックスシリーズファイナルステージでは、11月2日の第一戦に先発し7回1/3を投げて1失点で勝利。中日が日本シリーズ進出を決めた11月6日の第五戦にも中3日で再び先発し、館山昌平とのエース対決を制し、8回を投げて無失点で同シリーズ2勝目を挙げた。防御率も0.59と抜群の安定感で、クライマックスシリーズMVPを受賞した。落合監督も、試合後の優勝監督インタビューの中で、「(監督に)就任してから、吉見のこんないいピッチングを見たのは初めてでした。素晴らしかったです。」と絶賛した。日本シリーズでは開幕投手と予想されていたが、実際には第二戦に先発。勝敗はつかなかったものの、6回1/3を1失点に抑え、勝利を引き寄せた。王手を掛けられた状態で迎えた第六戦でも先発し、7回2/3を1失点に抑え勝利投手となった。翌日の第七戦で中日は敗れ日本一を逃したが、この活躍が評価され敢闘選手賞を受賞。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た福知山市

    吉見 一起(よしみ かずき、1984年9月19日 - )は、京都府福知山市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在は中日ドラゴンズに所属。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見たスリークォーター

    現役の先発投手としては武田勝(北海道日本ハムファイターズ)に次ぐ通算与四球率1.46と抜群の制球力を武器とする。ノーワインドアップのスリークォーターから速球と同じ腕の振りで投げるスライダーとシュート、フォークボール、チェンジアップを投げ分ける。カットボールやパームボールも投げることができるが、基本的な球種であるカーブは投げられない。ストレートの球速はかつては平均球速約141km/h、最速148km/hを計測していたが、アマチュア時代を含めて肩や肘を数回故障した影響からか2011年以降は平均球速は約139km/hに満たず、最速でも146km/h程度になっている。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

100件中 81 - 90件表示

「吉見一起」のニューストピックワード