前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
166件中 1 - 10件表示
  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見た和田毅和田毅

    オープン戦で小久保が膝に重傷を負ってシーズンを棒に振ったが、代役として三塁に入った川?宗則が活躍。前年まで1982年以来21年連続で負け越していた西武にも16勝12敗と勝ち越し、全球団に勝ち越し、3年ぶりのリーグ優勝を達成。阪神との日本シリーズを4勝3敗で制し、4年ぶり6度目の日本一を達成した。打線はチーム打率が日本新記録となる.297で、打率3割の打者が6人、また、史上初の100打点の選手を1チームで4人(井口資仁109打点・盗塁王も獲得、松中信彦123打点・打点王を獲得、城島健司119打点・シーズンMVPを獲得、ペドロ・バルデス104打点)出し、この「100打点カルテット」を中心に活躍した(詳細はダイハード打線を参照)。投手陣は、前年4勝ながら開幕投手となった斉藤和巳が20勝をあげ、パ・リーグでは18年ぶりの20勝投手となったほか、新人ながら14勝を上げて新人王となった和田毅、同じくルーキーの新垣渚、二年目の杉内俊哉の3人の「松坂世代」投手、そして寺原隼人などの前年とは全く一新された先発投手陣の活躍があった。しかし、優勝パレード直後の11月3日に小久保が巨人へ無償トレードされることが発表され(小久保事件)、多くのファンのみならず選手・関係者からも抗議が殺到した。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • SBM (野球)

    SBM (野球)から見た和田毅和田毅

    かくして結成された「SBM48」だったが、長いイニングを任せられる先発投手が杉内俊哉、和田毅の2名しかおらず、和田も完投はシーズン1度というチーム事情もあって人数がそろっても4人合わせて250試合ペースという登板過多は相変わらずだった。ビハインドの場面ではシーズン途中オリックスから移籍した金澤健人が任されることが多く駒は増えていたが、特にシーズンを通じて投げるのが初めての甲藤は後半やや疲れを見せ始めていた。SBM (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 石本沙織

    石本沙織から見た和田毅和田毅

    米国メジャーリーグボルチモア・オリオールズ所属の和田毅とは大学の同期である。一方で高畑百合子(TBS)とは出身校、所属組織が異なるが、同じくチアリーダー経験者であり、共にスポーツキャスターを担当、入社年が同じなど、共通点が多い。石本沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た和田毅和田毅

    慶應義塾大学では1年の春に内野手と投手を務めた。1年の秋には外野手に転向し、主に中堅手としてプレーする。2年の春には首位打者の座を獲得。4年の春までは1番を打ち、4年の秋には打順を5番に変更してリーグ優勝に貢献した。リーグ通算成績は77試合出場、298打数、87安打、打率.292、2本塁打、22打点、48盗塁。東京六大学リーグ時代に和田毅から2試合連続先頭打者二塁打を打つなど、和田とは相性が抜群で、佐藤はプロ入り後も和田を得意としていた。慶應義塾大学の卒業必要単位を3年終了時に取得していたなど、文武両道を地で行く秀才であった。プロ入り直後の2001年の2月のキャンプの紅白試合で活躍した際には「プロ野球選手にならなければ弁護士を目指していました。」というコメントが話題になった。2000年のドラフト会議で西武ライオンズに4位で指名され、外野手として西武に入団し念願のプロ入りを果たした。背番号は「30」に決まった。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 広島県立びんご運動公園野球場

    広島県立びんご運動公園野球場から見た和田毅和田毅

    2005年3月13日 広島対ソフトバンク戦 (D) 0-2 (勝:和田 S:吉武 負:河内) 5,100人広島県立びんご運動公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た和田毅和田毅

    7戦を通じて全ての勝利投手が左投手(杉内俊哉が2勝、篠原貴行、和田毅、吉野誠、ジェフ・ウィリアムス、下柳剛が各1勝)だったのも史上初である。2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 仲根かすみ

    仲根かすみから見た和田毅和田毅

    2005年12月10日、写真集・SHIZUKU 雫(講談社)発売。翌12月11日、福岡ソフトバンクホークスの和田毅との結婚を発表。合わせて、芸能活動の引退を表明した。また時期を前後して、実母も中日ドラゴンズ二軍監督(当時)の佐藤道郎と再婚した。仲根かすみ フレッシュアイペディアより)

  • 武田翔太

    武田翔太から見た和田毅和田毅

    ''、開幕前の2月15日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」の日本代表26名に選出されたことが発表された。3月6日に行われた第2戦に先発。3回を投げて被安打1、失点1だった。3月27日の開幕第3戦、対楽天戦に先発し、今季初勝利を完封勝利で飾った。6月27日の対ロッテ戦で自己ワーストタイの3回6失点で降板することもあったが、今シーズンは和田毅に次ぐ自己最多の14勝を挙げ、チーム最多の183イニングを記録するなど、先発ローテーションの一角を担い活躍した。シーズンオフの10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出されたことが発表された。12月21日、球団事務所で契約更改を行い、5,000万円増の年俸1億2,000万円(金額は推定)でサインした。武田翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た和田毅和田毅

    ホワイトプラン「ホワイト・バット篇」「ホワイト・身長篇」(2007年1月、松中信彦、斉藤和巳、和田毅と共演)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 小谷野栄一

    小谷野栄一から見た和田毅和田毅

    創価大学に内部進学し金森久朋と同級生、1年秋からレギュラーとして出場し、公式戦通算打率.343、打点53、ベストナインを4度、最多打点を2度獲得。1年時の明治神宮野球大会では青山学院大学と対戦し、石川雅規から6打数3安打(再試合を含む)を記録した。4年時の全国大学野球選手権では早稲田大学の和田毅から4安打を放った。3、4年時には同大学の臨時コーチとして迎えられた山内一弘の指導を受けていた。4年生では日米大学野球選手権大会の日本代表選手としても活躍。小谷野栄一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
166件中 1 - 10件表示

「和田毅」のニューストピックワード