166件中 121 - 130件表示
  • 藤村大介 (野球)

    藤村大介 (野球)から見た和田毅和田毅

    初打点:2011年5月25日、対福岡ソフトバンクホークス1回戦(東京ドーム)、5回裏に和田毅から中前適時打藤村大介 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 宮本賢

    宮本賢から見た和田毅和田毅

    早稲田大学入学後は打力を評価され外野手に転向したが、1年秋には本人の希望もあって投手に復帰。秋のリーグ戦では全てリリーフ登板ながら14イニングを無失点に抑え、チームの4連覇に貢献した。以降も同期の大谷智久と共に主力として投げ続け、2度のベストナイン(春季、秋季)、最優秀防御率(2005年春季)に輝いた。2006年には早大では織田淳哉以来となる投手での主将(第96代)に就任。チームを東京六大学野球秋季リーグ戦優勝、明治神宮野球大会準優勝に導いた。打力も良いため、投手ながら五番打者として先発出場したことや、一塁手として出場したこともある。東京六大学通算58試合登板23勝6敗、防御率1.71、249奪三振。23勝は、早大の左投手では和田毅、藤井秀悟に次ぐ数字。最高速146km/hの直球と2種類のスライダーなど多彩な変化球を武器とする強気の投球が持ち味。宮本賢 フレッシュアイペディアより)

  • 江南市

    江南市から見た和田毅和田毅

    和田毅(福岡ソフトバンクホークス投手。出身は島根県出雲市、幼少期を江南市で過ごす)江南市 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上隼人

    堂上隼人から見た和田毅和田毅

    初打席:2010年6月5日、対広島東洋カープ4回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、9回表に和田毅の代打で出場、永川勝浩から右飛堂上隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 松田宣浩

    松田宣浩から見た和田毅和田毅

    クライマックスシリーズ突破を経て臨んだ阪神タイガースとの日本シリーズでは、第3戦まで不振に陥っていた。しかし、10月29日の第4戦では先制2点打、翌30日の第5戦(いずれも福岡ヤフオク!ドーム)ではチームをシリーズ制覇に導く適時打を放っている。その一方で、日本シリーズ後の日米野球2014には、日本代表の一員として出場。11月14日の第2戦(東京ドーム)では、MLB選抜に選ばれていた元チームメイトの和田毅(シカゴ・カブス)から、チームの大会第1号本塁打(ソロ本塁打)を放った。松田宣浩 フレッシュアイペディアより)

  • 日米野球2014

    日米野球2014から見た和田毅和田毅

    10月8日に和田毅を含む10選手の追加メンバーが発表された。日米野球2014 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲市

    出雲市から見た和田毅和田毅

    和田毅(プロ野球福岡ソフトバンクホークス投手。出生地は愛知県江南市、のちに出雲市に転居)出雲市 フレッシュアイペディアより)

  • 球種 (野球)

    球種 (野球)から見た和田毅和田毅

    変化量について、スピン量が多いほど揚力が強く発生して大きな変化が生じる。スピン量は一般的な投手の直球で毎分2200回転程度であるが、3000回転以上の球を投げる投手もいる。これについて、球速とスピン量には比例に近い関係ある一方、比例に逸れたスピンを掛けられた投球は「打者の予測」を外す、投手にとって効果的な球となる。山本昌、和田毅、上原浩治(特にメジャー移籍後)、星野伸之などは、球速については「遅い」とされるものの、スピン量の多い直球を軸として打者を幻惑するピッチングを繰り広げた。また、野球のボールにある縫い目(シーム)がマグヌス効果を増幅させているとされる。スピン方向に対し垂直に現れる縫い目はボールの向きによって変わり、1回転で長い縫い目が均等な間隔で4回現れるものがフォーシーム(four-seam)と呼ばれ、最も揚力を多く得られるとされる。一方、フォーシームを90度回転させた、スピンを掛けた時に長い縫い目が1周で2回通過するように握りをツーシームと呼び、こちらはマグヌス効果による揚力が小さいとされる。球種 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 大嶺祐太

    大嶺祐太から見た和田毅和田毅

    自らソフトバンクの和田毅に頼んで和田と藤岡好明と岩嵜翔と共に一緒に自主トレを行った。大嶺祐太 フレッシュアイペディアより)

  • 足底筋膜炎

    足底筋膜炎から見た和田毅和田毅

    和田毅―プロ野球選手。福岡ソフトバンクホークスの投手。2009年、ハードなトレーニングで足底筋膜炎を患った。足底筋膜炎 フレッシュアイペディアより)

166件中 121 - 130件表示

「和田毅」のニューストピックワード