166件中 131 - 140件表示
  • 和田一浩

    和田一浩から見た和田毅和田毅

    150本塁打:2006年7月4日、対福岡ソフトバンクホークス9回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、2回表に和田毅からソロ ※史上142人目和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た和田毅和田毅

    ボールの出所を隠しながらゆったりしたモーションからのスリークォーターで投球する変則的なフォームで打者のタイミングを外し、平均球速約133km/h、最速147km/hのストレートとチェンジアップ、通算与四球率1.71の抜群の制球力を武器に三振を奪い、スライダーとカーブも投げ分ける。カーブは2007年以来コントロールに自信がないという理由で封印していたが、2010年に投手コーチに就任した西本聖に「完璧にコントロールできなくてもいい。変化も大きくて使える」と助言されたことで同年から投げ始めた。投球時のテイクバックが小さく、手首の曲げ具合が招き猫の上げた前脚に似ており、「猫招き投法」と呼ばれることもある。この投球フォームについて、「和田選手の出所を隠す部分と杉内選手のゆったりした部分を足したフォーム」であると語っている。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 大西宏明

    大西宏明から見た和田毅和田毅

    の開幕はベンチスタートだったが、坂口智隆の不振により1番・中堅に抜擢された。師匠である鈴木の命日であった5月17日の対ソフトバンク戦では、7回表の打席で鈴木の応援歌が演奏される中、和田毅から同点の2点適時打を放って逆転勝利に繋ぎ、チームのシーズン2度目の大型連敗を6で阻止した(大西は「鈴木さんが打たせてくれた」とコメントしている)。一時は4割を超える打率を残し、完全に不動の1番として定着したかに見えたが、6月に入ると大幅に調子を落とし、以後はほぼ左投手のときに出番が限定される。その後も調子はあがらず、9月に降格。再昇格した坂口が好調だったため、閉幕まで一軍へ戻ることはなかった。結局、83試合に出場して打率.247、4本塁打と不本意な成績に終わる。対左投手の方が打率が低く、1番で多く起用されたにもかかわらず、得点圏打率こそ.389ながら、無走者からの出塁率が低いなど、ちぐはぐな1年であった。大西宏明 フレッシュアイペディアより)

  • 小野梓記念賞

    小野梓記念賞から見た和田毅和田毅

    人科・スポーツ 4年 和田毅 : 野球部小野梓記念賞 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見た和田毅和田毅

    また、各選手のインタビューでは松中信彦は「球団にふざけるな!と言いたい。このチームは勝ちたくないんでしょうかね?」、柴原洋は「チームをまとめていたのは小久保さんだったんでチームにとっても大打撃」、斉藤和巳は「今は、頭が真っ白です」、城島健司は「普通じゃない」、和田毅は「シーズン中何度も励ましてくれた。来年いないなんて信じられない」監督である王も「チームが崩壊する」と、その他各選手らが怒りを露にした。11月6日、ダイエー中内正オーナーが球場に来た際にも、すれ違う選手がいる中、挨拶をした選手は0という異例中の異例な出来事が起こった。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た和田毅和田毅

    法政大学1年生の春から主力投手として東京六大学リーグ戦に登板。春季リーグ戦は3位に終わったが、直後の新人戦・慶大戦では3失点5奪三振で完投勝利(自身も4安打)し、優勝に貢献。さらに、その年の秋季リーグ戦でも史上最年少で投手のベストナインを受賞するなど主戦投手として活躍。明治神宮野球大会でも法大の準優勝に貢献した(決勝戦では中大・田村政雄と投げ合うも1本のソロ本塁打に泣き、9回12奪三振、0対1の完投敗戦)。から77年の法大4連覇(4回とも対戦校すべてから勝ち点を奪う完全優勝)にエース、ときには5番打者として貢献した。なかでも1976年秋季リーグでは、投手は野手と比較して打席に立つ回数が少ないにも関わらず規定打席に到達、38打数13安打で打率3割4分2厘(リーグ2位)、本塁打2本(リーグ2位)、打点10(リーグ1位)の好成績を挙げている。このときはもちろん法大の規定打席数以上の選手の中では3部門すべてにおいてトップであった。通算47勝は山中正竹(法大)の48勝に次ぐ史上2位。10月22日、対明大1回戦を5安打完封して47勝目を挙げた翌23日、リーグ最終戦の対明大2回戦に勝てば通算勝利で連盟タイ記録になったが、江川は「うちには投手は他にも沢山いますから」と、あっさり先発を鎗田英男に譲っている。通算17完封は連盟記録、ベストナインにも6度選ばれた。これは高田繁(明大→巨人)の7度に次いで、谷沢健一(早大→中日)の6度と並ぶ連盟2位の記録である。奪三振数(443個)も秋に当時早大4年生だった和田毅(476個)に更新されるまでは歴代最多だった。また、江川は2年生で第4回日米大学野球選手権大会日本代表、3年生で第5回日米大学野球選手権大会日本代表、4年生で第6回日米大学野球選手権大会日本代表に選出されたが、同学年で3年生時の全日本大学野球選手権大会準決勝で江川と投げ合った東海大・遠藤一彦(のち大洋)は一度も同代表に選出されず、江川に対して強烈なライバル意識を持ったことが設計士の道を諦めてプロ入りする方向転換の要因となった。なお、当時のチームメートには船木千代美(投手)がいる(のちにTDKの監督として都市対抗野球で東北勢初の優勝を果たす)。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た和田毅和田毅

    また同年8月に米国で公開されたアメリカ警察特殊部隊を題材とした映画『S.W.A.T.』になぞらえて球団広報により斉藤和巳(Saitoh)、和田毅(Wada)、新垣渚(Arakaki)、寺原(Terahara)の若手4投手のローマ字頭文字を取って「SWAT」というグループが結成されてグッズが販売された。オフの12月8日に高校の1年後輩の女性と入籍した。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 大隣憲司

    大隣憲司から見た和田毅和田毅

    開幕6枚目としてローテーションに入るも、先発8試合で防御率6.39と振るわず、6月3日福岡市東区で自家用車を運転中に他の乗用車に接触され、同市内の病院で左手小指打撲と診断、出場選手登録を抹消された。6月20日の対横浜戦で8回5点リードからプロ入り初の中継ぎ登板し、下位打線ながら1回を無失点2三振に抑えた。次の6月30日から再び先発に戻ったが10先発で4勝5敗4.30という成績だったため、肘の炎症から復帰した和田毅が代わりにローテーションに入り、大隣は9月8日から再び中継ぎへ、9月10日対千葉ロッテ戦で初の救援初黒星も記録した。9月21日対千葉ロッテ戦で先発復帰し7回を無失点に抑え、攝津正との完封リレーで勝利した。最終的に8勝でシーズンを終えた。大隣憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雅規

    石川雅規から見た和田毅和田毅

    秋田市立秋田商業高等学校ではエースとして、第79回全国高等学校野球選手権大会に出場した(石川とバッテリーを組んでいた主将で捕手の太田直は現在、秋田市立秋田商業高等学校硬式野球部監督である)。1回戦の対島根県立浜田高等学校戦では、和田毅との投げ合いを制して完投勝利を挙げた。続く2回戦の対沖縄県立浦添商業高等学校戦では完投するも8失点を許し、チームは敗退した。。また中学時代のチームメートには中泉松司(後の秋田県県議会議員、参議院議員)がいる。石川雅規 フレッシュアイペディアより)

  • 李大浩

    李大浩から見た和田毅和田毅

    は北京オリンピック野球韓国代表として指名打者で出場。対アメリカ合衆国戦、対日本戦(和田毅から2点本塁打)、オランダ戦で本塁打を1本ずつ記録し、大会最多タイの3本塁打を記録。大会通じて打率.360・10打点と国際大会でもその打撃力は発揮された。大会前までには兵役を免除されておらず、この大会でメダルを獲得すれば免除されることが決まっていたため、チームの金メダルによって兵役は免除された。李大浩 フレッシュアイペディアより)

166件中 131 - 140件表示

「和田毅」のニューストピックワード