166件中 141 - 150件表示
  • 2017年の福岡ソフトバンクホークス

    2017年の福岡ソフトバンクホークスから見た和田毅和田毅

    5日に一度は首位タイとなったものの、武田翔太、和田毅と先発投手に故障が相次いだことや、松田宣浩が打撃不振に陥った影響で同月中旬には5連敗を喫し、その後首位を独走した楽天に最大5ゲーム差をつけられ、同月終了時には13勝12敗で4位だった。5月は18勝7敗と大きく勝ち越して2位に浮上し、以降は楽天と首位争いを繰り広げるようになる。2017年の福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表

    2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表から見た和田毅和田毅

    1次リーグの韓国戦では先発した和田毅の交代のタイミングについて、星野自身が采配ミスだと認めた。2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ有

    ダルビッシュ有から見た和田毅和田毅

    契約更改では7200万円から178%アップ、1億2800万円の大幅増の2億円(推定)プラス出来高で一発サインした。プロ4年目の2億円到達は、5年目で到達の和田毅らを抜いて最速であり、史上最年少の2億円プレーヤーとなった。月刊女性ファッション誌『GLAMOROUS』同年8月号では初めてヌード写真を披露し、次いで女性誌『an・an』8月号でも、表紙とグラビアに登場し、今度はフルヌード写真を披露した。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

  • 笠谷俊介

    笠谷俊介から見た和田毅和田毅

    ''は、和田毅の自主トレーニングに参加し、2月の宮崎春季キャンプ中に行われた練習試合で昨春以来の実戦登板を果たす。今季も三軍からのスタートとなったが、5試合に中継ぎ投手として登板。被安打2、13奪三振、無失点の好投を見せ、二軍に昇格する。6月9日に2年振りの二軍公式戦登板を迎える 。その後8月までに11試合に中継ぎ投手として登板し、1勝0敗、防御率1.35の好成績を挙げ、8月22日に初めての一軍昇格を果たす 。同月23日に福岡 ヤフオク!ドームで行われた対埼玉西武ライオンズ20回戦において、2番手投手として1軍公式戦初登板を果たし、打者7人に対して2イニングを投げ、無安打無失点3奪三振の好投でお立ち台に上がった笠谷俊介 フレッシュアイペディアより)

  • 松中信彦

    松中信彦から見た和田毅和田毅

    ソフトバンクモバイル ホワイトプラン 『ホワイト・バット篇』 『ホワイト・身長編』 (2007年1月 - ) 和田毅、川崎宗則、斉藤和巳らと共演。松中信彦 フレッシュアイペディアより)

  • 江尻慎太郎

    江尻慎太郎から見た和田毅和田毅

    3度目の受験で早稲田大学社会科学部に合格し入学し、二浪の末に早稲田大学に入学したという経緯が同じ事、低めへの制球力から「小宮山悟二世」と呼ばれた。大学1年秋の早慶戦でリーグ初勝利を完封で飾り、インタビューで「慶應義塾大学、ザマ見ろって感じです」と答えている。その後も早慶戦では無類の強さを発揮し、1年秋・4年春・秋の計3度先発して完封2度を含む負け無しの3勝を挙げ、計27イニングでわずか1失点だった。4年秋の早慶戦では13安打を浴びながらも完封し、慶応大の完全優勝を阻止した。2年春に右肘の靭帯を故障し、3年時には登板しなかった。4年秋は1学年下の和田毅と「二枚看板」として奮戦し、7試合43回2/3を投げ防御率1.62と抜群の安定感だった。リーグ戦通算28試合で5勝6敗、防御率2.49、112奪三振の成績を残した。江尻慎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺俊介

    渡辺俊介から見た和田毅和田毅

    2009年シーズンオフより、1イニング完投につき1万円(2009年の時点で通算127イニング)を国際連合世界食糧計画WFP協会に寄付する旨発表(ソフトバンクの和田毅が行っているワクチン寄贈に刺激されたという)。渡辺俊介 フレッシュアイペディアより)

  • 広澤克実

    広澤克実から見た和田毅和田毅

    福岡ダイエーホークスとの2003年の日本シリーズでは、5打席連続三振というシリーズタイ記録を作ったが、第7戦、9回表2アウトから矢野輝弘の代打で出て、和田毅から左翼席へ本塁打を打ち、日本シリーズ歴代最年長(当時41歳6ヶ月)の本塁打を記録(日本シリーズでは1992年と1993年に1本ずつ記録しているので、自身通算3本目)。この年限りで現役引退。ヤクルト時代のと、巨人時代の1996年、そして阪神時代のと、所属した3球団全てで優勝を経験した(ただし巨人では日本シリーズには出場していない)。現役19年間で退場処分を受けたことは一度もない。広澤克実 フレッシュアイペディアより)

  • 山田太郎 (ドカベン)

    山田太郎 (ドカベン)から見た和田毅和田毅

    2008年、シーズン最終戦の対福岡ソフトバンクホークス戦(ヤフードーム)で、プロ野球新記録の6打席連続本塁打を放つ(和田毅4、杉内俊哉1、馬原孝浩1)。この6本塁打でシーズン通算46本塁打となり、中村剛也と並んで本塁打王を獲得。山田太郎 (ドカベン) フレッシュアイペディアより)

  • 関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークIIから見た和田毅和田毅

    2003年12月29日 - 福岡ダイエーホークス(井口、岡本、柴原、斉藤和、和田、川?、新垣、田口・11枚)関口宏の東京フレンドパークII フレッシュアイペディアより)

166件中 141 - 150件表示

「和田毅」のニューストピックワード