166件中 151 - 160件表示
  • 黄金世代

    黄金世代から見た和田毅和田毅

    松坂世代 - 松坂大輔、和田毅、藤川球児、杉内俊哉、村田修一、新垣渚、東出輝裕、森本稀哲ら1980年4月2日から1981年4月1日までに生まれた選手黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田悠岐

    柳田悠岐から見た和田毅和田毅

    また、10月9日に日米野球2014の日本代表に選出された。11月14日の第2戦で岩隈久志からセンターオーバー2点タイムリー三塁打、ライト前タイムリー、8回には和田毅からセンターオーバーのタイムリー二塁打を放った。11月16日第4戦でもクリス・カプアーノ、ロブ・ウッテン、トミー・ハンターからそれぞれ安打し猛打賞を記録。全5試合に出場し、打率3割、6安打4打点の大活躍でMVPに選ばれた。ジャスティン・モルノーは「アメリカにつれて帰りたい」と称賛した。柳田悠岐 フレッシュアイペディアより)

  • 多田野数人

    多田野数人から見た和田毅和田毅

    高校卒業後、立教大学観光学部に入学。大学時代には松坂世代の1人として和田毅(早稲田大学)、土居龍太郎(法政大学)、長田秀一郎(慶應義塾大学)、一場靖弘(明治大学)らと投げ合い、大学通算56試合に登板し20勝16敗、防御率1.51、334奪三振の成績を残す。特に和田とは全日本選抜でチームメイトとなり現在も親交がある仲だが、この2人は「右の多田野、左の和田」と並び称されるほど高い注目を浴びる存在だった。また、前述の夏の甲子園1回戦で対戦したPL学園のエース上重聡は同じ立教大学の同期生で同じ投手として野球部のチームメートになり、共に戦った。第1回世界大学野球選手権にも選出され3位入賞に貢献。多田野数人 フレッシュアイペディアより)

  • 青木宣親

    青木宣親から見た和田毅和田毅

    早大の同期には鳥谷敬・比嘉寿光・由田慎太郎、1学年上には和田毅、1学年下には田中浩康、2学年下には武内晋一・越智大祐がおり、後に6人全員がプロ入りした強力打線「1番・田中、2番・青木、3番・鳥谷、4番・比嘉、5番・武内、6番・由田」でチャンスメーカーとして活躍し、早稲田大学野球部史上初の4連覇に貢献している。青木宣親 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た和田毅和田毅

    は、長距離打者であるターメル・スレッジの退団と、レギュラー左翼手だった森本稀哲が故障で離脱した事もあり、開幕戦で七番・左翼手として自身初の開幕戦先発出場を果たし、杉内俊哉から自身初の2点適時打を打つ。その後も主に相手先発が左腕投手の試合で先発出場し、左翼手の守備も無難にこなしていたが、4月18日の試合を最後に二軍落ちする。その3日後の21日の二軍の試合で左ひざ半月板を損傷。5月10日に手術を受けた。7月19日に一軍昇格。七番・指名打者として先発出場し、復帰後初安打。翌20日の千葉ロッテマリーンズ戦にも先発出場し、大嶺祐太からプロ入り初本塁打(公式戦91打席目)を打った。8月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では栂野雅史と青山浩二から2打席連続本塁打を記録した。夏場には金子千尋、涌井秀章、和田毅、田中将大らエース級の投手から立て続けに本塁打を打ったが、9月に入ると調子を落とし、最終的には打率.233、本塁打9、打点22に終わった。なお、9本の本塁打は7月20日から8月20日までの約1ヶ月間に打ったものである。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田正尚

    吉田正尚から見た和田毅和田毅

    吉田自身は、理想の打撃の条件について、「フルスイング」「逆方向に強い打球を飛ばせること」と明言。オリックス入団1年目の2016年9月8日に公式戦で初めて本拠地(京セラドーム大阪)で福岡ソフトバンクホークスの和田毅から放った本塁打を、「今までにない感覚で、左投手から左方向に打てたことが良かった」と述べている。吉田正尚 フレッシュアイペディアより)

  • 赤坂サカス

    赤坂サカスから見た和田毅和田毅

    2010年11月18日、前年に続いて「プロ野球コンベンション2010」(NPB主催)を赤坂BLITZにて開催。MVPにはセ・リーグから和田一浩(中日)、パ・リーグから和田毅(ソフトバンク)がそれぞれ表彰された。また前年同様、サカス広場にレッドカーペットが登場し、表彰された選手らが、集まったファンの前でレッドカーペットウォークを披露した。イベントの模様はJ sports ESPNで生中継された(同日深夜に再放送あり)1。なお、TBS放送センターでは「第43回日本有線大賞」の生放送があり、TBSおよび周辺で二つの表彰イベントが同時開催された。赤坂サカス フレッシュアイペディアより)

  • 源田壮亮

    源田壮亮から見た和田毅和田毅

    初盗塁:2017年4月7日、対福岡ソフトバンクホークス1回戦(メットライフドーム)、4回裏に二盗(投手:和田毅、捕手:高谷裕亮)源田壮亮 フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・カブス

    シカゴ・カブスから見た和田毅和田毅

    2008年4月23日にサンフランシスコ・ジャイアンツに次いで『メジャーリーグ通算10,000勝』に到達。日本人選手では、2008年から福留孝介が所属したが、11年にクリーブランド・インディアンスにトレード。2008年には、3年ぶりのメジャー復帰を目指す高津臣吾ともマイナー契約を結んだが、スプリングトレーニング途中で自由契約。2009年は田口壮と門倉健がマイナー契約でスプリングトレーニングに参加したが、門倉のみメジャー昇格は果たせず。2013年は高橋尚成と藤川球児が所属した。2014年は前年に続き藤川が所属し、和田毅が渡米3年目でメジャーデビューを果たした。2015年は前年に続き和田が所属した。2016年は川崎宗則が所属した。2017年は上原浩治が所属した。2018年からはダルビッシュ有が所属する。シカゴ・カブス フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た和田毅和田毅

    は、3年連続3回目の開幕投手を務める。この試合は千葉ロッテマリーンズの横浜高校時代の先輩、成瀬善久との投げ合いになり競り勝った。その後は不安定な投球が続き、さらに4月9日の対ロッテ戦の前日の練習中に味方打者の打球が後頭部に直撃し病院で検査を受けるというアクシデントに見舞われた。5月以降は調子を持ち直し、交流戦では4勝を挙げる。この年ソフトバンクの和田毅に継ぐ交流戦通算17勝を挙げた。5月15日の横浜ベイスターズ戦では4打数3安打4打点の活躍を見せ、プロ入り後及びパ・リーグの投手として交流戦史上初の猛打賞を獲得した。その後は石井一久と岸孝之が相次いで負傷離脱したため、中継ぎ温存のため毎試合完投を前提に投げることを余儀なくされた。しかしこの夏の記録的な猛暑で登板中に脱水症状を起こし脚をつって降板するなど体力を消耗し、途中まで好投するも試合後半に突発的に打ち込まれて大量失点するケースが目立った。それでも前半戦の活躍によりシーズン14勝を挙げた。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

166件中 151 - 160件表示

「和田毅」のニューストピックワード