166件中 41 - 50件表示
  • 2011年のメジャーリーグベースボール

    2011年のメジャーリーグベースボールから見た和田毅和田毅

    12月14日(米時間) - NPB福岡ソフトバンクホークスからFAの和田毅がMLBボルチモア・オリオールズと2年契約を結んだことをオリオールズが発表2011年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • トレイ・ムーア

    トレイ・ムーアから見た和田毅和田毅

    5月17日の読売ジャイアンツ戦(甲子園球場)では、木佐貫洋から決勝適時打を三遊間に放ち、投打で活躍した。また、オールスターゲームのファン投票では一塁手代表として多くの票が集まり、一塁手部門3位に入った。この年は前年より調子を落とし、規定投球回を逃したものの2年連続となる10勝を挙げ、チームのリーグ優勝に貢献した。日本シリーズでは第3戦と7戦に先発した。第3戦は和田毅からチーム初安打を放った。本業のピッチングでは勝ち投手にならなかったものの7回1失点と好投した。しかし、第7戦は3回5失点と打ち込まれ、敗戦投手となってしまい日本一を逃した。同年オフに阪神を退団。トレイ・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • 進研ゼミ高校講座

    進研ゼミ高校講座から見た和田毅和田毅

    和田毅 - 野球選手。進研ゼミ公式パンフレットにインタビュー記事がある。進研ゼミ高校講座 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た和田毅和田毅

    また、投手陣については大会独自のルールであった投球数制限に備えた編成がなされた。それが「先発投手二人体制」である。先発投手を上原浩治、松坂大輔、渡辺俊介の三人で固定し、その後を清水直行、和田毅、杉内俊哉が「第二の先発」として登板。さらにそのあとを球界を代表する中継ぎ投手である石井弘寿(東京ヤクルト・2次リーグから故障により離脱)、藤川球児、藤田宗一、薮田安彦らがセットアッパーとして登板し、クローザーの大塚へと繋ぐ継投を取る。このような投手編成は好投手を次々に投入できるという利点をもたらした。キューバが好投手を投球数制限ルールによって使い果たして優勝を逃したことと対照的である。2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た和田毅和田毅

    11月20日14時より新高輪プリンスホテルで行われ、78選手の交渉権が確定した。いわゆる「松坂世代」の大学生が卒業する年度ということもあって有力選手が多く、投手は和田毅、新垣渚、木佐貫洋、永川勝浩など、野手は後藤武敏、村田修一などが上位指名を受けた。2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ヒラム・ボカチカ

    ヒラム・ボカチカから見た和田毅和田毅

    初盗塁:2008年5月13日、対福岡ソフトバンクホークス10回戦(サンマリンスタジアム宮崎)、3回表に二盗(投手:和田毅、捕手:山崎勝己)ヒラム・ボカチカ フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田大学野球部

    早稲田大学野球部から見た和田毅和田毅

    2001年春に通算1000勝一番乗りを果たすと和田毅・鳥谷敬・青木宣親・比嘉寿光・由田慎太郎・田中浩康らを中心に2002年春から部史上初の4連覇を達成、2003年秋にはこれも部史上初の10戦全勝優勝を達成した。早稲田大学野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 沖原佳典

    沖原佳典から見た和田毅和田毅

    には規定打席不足ながら打率.341の成績を残した。同年7月23日の対ヤクルトスワローズ戦(阪神甲子園球場)では、11回裏に石井弘寿からサヨナラ適時打を放つなど勝負強さを発揮した。この年は1番を打っていた今岡誠の離脱によって、1番・二塁手で先発出場することがあった。同年9月15日の対広島東洋カープ戦では、1点差に詰め寄る適時打を放ち、最終回でも敬遠されたが赤星憲広がサヨナラ適時打を放ったことでリーグ優勝達成に貢献した。同年の日本シリーズ(対福岡ダイエーホークス戦)では、第7戦に和田毅から三振を喫し、阪神の最後の打者となってしまった。沖原佳典 フレッシュアイペディアより)

  • 田之上慶三郎

    田之上慶三郎から見た和田毅和田毅

    しかし翌年以降は斉藤和巳、杉内俊哉、和田毅、新垣渚の台頭により登板機会が減り低迷した。は故障のため一軍登板ゼロに終わった。チーム名が「福岡ソフトバンクホークス」に変更されたの交流戦中に一軍に復帰、6月5日の巨人戦に先発し好投、実に991日ぶりの先発勝利を挙げた。その後も谷間の先発として9試合に登板し、3勝3敗の成績を残した。も開幕は二軍で迎えたが、6月4日の阪神タイガース戦で初登板。326日ぶりの先発勝利を挙げた。田之上慶三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小川一夫

    小川一夫から見た和田毅和田毅

    引退後は二軍コーチ、スカウトを歴任。近年ではホークスのスカウト部長として杉内俊哉、和田毅、新垣渚、馬原孝浩といった2000年代ホークス投手陣の中心となった選手を獲得している。小川一夫 フレッシュアイペディアより)

166件中 41 - 50件表示

「和田毅」のニューストピックワード