166件中 51 - 60件表示
  • 飯田哲也 (野球)

    飯田哲也 (野球)から見た和田毅和田毅

    楽天では二軍生活も長かったが、一軍では2年間で通算.307の高打率を残した。2006年9月16日の対ソフトバンク戦では、8回表1死の場面でそれまで無得点に抑えられた和田毅から同点ソロ(自身最後の本塁打となった)を放って引き分けに持ち込み、同月24日の対西武戦では、途中出場ながら2本の適時打を放って勝利に導く等、終盤の上位チームの優勝戦線を掻き乱す活躍も光った。創設直後で練習環境も不十分な楽天にあって、若い選手達に自身の経験を伝える役割を担っていた。再びコーチ就任の誘いを受け、野村の勧めもあって限りで現役を引退。飯田哲也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見た和田毅和田毅

    第1戦とは逆に西武の打線が爆発した。1回表に2点を先制すると、2回表にも赤田将吾、フェルナンデスの適時打で3点を追加し、ダイエー先発の和田毅をKOした。さらに西武は6回表に和田一浩の満塁本塁打、7回に高木浩之の2ラン本塁打でダメ押し11-0とした。余裕の出来た西武は先発の松坂を6回で降板させた。ダイエーは7回裏に1点を返したのみにとどまった。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • マット・ダフィー (1989年生の内野手)

    マット・ダフィー (1989年生の内野手)から見た和田毅和田毅

    初打席:同上、和田毅から空振り三振マット・ダフィー (1989年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 最優秀選手 (日本プロ野球)

    最優秀選手 (日本プロ野球)から見た和田毅和田毅

    2004?2006年のパ・リーグで「レギュラーシーズン最高勝率球団と『優勝チーム=日本シリーズ出場球団』が異なる可能性が生じる」プレーオフが実施されていた時期及び2007年から現在に至るCS制度において、レギュラーシーズン2位以下のチームがCSを勝ち抜いて日本シリーズ出場を果たしたケースで当該チームからMVPが選出された事例はない(パでは2004年松中信彦・2005年杉内俊哉と2年連続でシーズン最高勝率を達成しながら当時のプレーオフ制度_(日本プロ野球)により「優勝及び日本シリーズ出場を逃した」チームであるダイエー→ソフトバンクから選出された。07年以降の現行のCS制度では「レギュラーシーズン最高勝率球団=優勝チーム」と日本シリーズ出場チームが異なる可能性が生じるが、それが異なったケースでは「レギュラーシーズン最高勝率=リーグ優勝チーム」ながら「CS敗退=日本シリーズ出場逃した」チームから2007年巨人小笠原道大・2010年ソフトバンク和田毅・2014年巨人菅野智之・2017年広島丸佳浩が受賞。最優秀選手 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た和田毅和田毅

    【五輪】全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 古木克明

    古木克明から見た和田毅和田毅

    3年時の第80回全国高等学校野球選手権大会ではベスト4に進出。1回戦では村田修一、大野隆治、田中賢介擁する東福岡高と対戦し、6対4で勝利。2回戦では上本達之、嶋村一輝擁する宇部商高と対戦、延長戦を制し3対2で勝利。準々決勝では和田毅を擁する浜田高と対戦、延長を制し4対3で勝利。準決勝では吉見太一擁する京都成章高と対戦するが、4三振と精彩を欠きチームも1対6で敗退。古木克明 フレッシュアイペディアより)

  • 乾真大

    乾真大から見た和田毅和田毅

    速球のキレを課題として挙げており、和田毅の速球を目標にしている。乾真大 フレッシュアイペディアより)

  • 川原弘之

    川原弘之から見た和田毅和田毅

    2012年の春季キャンプでは、野球評論家・野球解説者として活動していた工藤公康から、「久々に『モノが違う』と思わせるサウスポーで、素材は(同じサウスポーの)杉内や和田より上。恵まれた体格で肩肘の使い方が柔らかい。力の出し方ではなく、力の抜き方を意識すれば、(一軍公式戦で)2桁勝利を収められる。それだけの力は十分にある」と語っていた。さらに、若手選手主体の「B組」に参加していた2014年の春季キャンプでは、工藤、球団会長の王貞治、当時の一軍監督・秋山幸二(いずれも日本プロ野球名球会会員)が川原の投球練習を特別に視察。工藤からは、「投球フォームを安定させるための鍵」として、投球の際に右足の裏から着地することを勧められた。なお、工藤は秋山の後を受けて、2015年からソフトバンクの一軍監督を務めている。川原弘之 フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見た和田毅和田毅

    西武(川崎徳次→島原幸雄→東尾修→渡辺智男→※(この間外国人野手及び他球団からの移籍投手)→石井貴→中崎雄太→十亀剣)、日本ハム(土橋正幸(1968年はコーチ専任)→高橋直樹→西崎幸広→清水章夫→武田久)、南海(柚木進→杉浦忠→西川佳明→工藤公康→和田毅など)の3球団でエースナンバーとして使用されている。エースナンバー フレッシュアイペディアより)

  • 高谷裕亮

    高谷裕亮から見た和田毅和田毅

    ''、二軍で関西遠征中だったが、一軍で右手首を痛めた大野隆治に代わり急遽昇格が決定し、4月12日に初めて一軍出場選手登録され、4月17日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で5回から代打でプロ初出場し、初打席は永井怜の前にショートライナーに倒れた。7回にはホセ・フェルナンデスの二盗を刺し、8回第2打席には四球から出塁し、永井の暴投の間に三塁まで進塁、本多雄一のタイムリーヒットで生還してプロ初得点も記録した。4月19日に二軍へ降格し、6月5日に一軍へ昇格した。6月23日のセ・パ交流戦、対中日ドラゴンズ戦で5回に代打で起用され、川上憲伸の3球目を叩きつけ二塁への内野安打でプロ初安打を記録した。翌6月24日の同カードで8番捕手としてプロ初の先発出場を果たした。6回3打席目無死二三塁の場面で久本祐一の初球を捉えてダメ押しとなるライトオーバー2点タイムリーツーベースを放ち、これがプロ初打点となった。守っては先発の和田毅らをリードし9回2失点に抑え、攻撃では4打席で3出塁の活躍だった。続く6月29日の対千葉ロッテマリーンズ戦でも2試合目の先発出場ながら内外を使い分けるリードで杉内俊哉を完封に導き、柴原洋のサヨナラ本塁打を呼んだ。以後5試合先発したが5試合で0勝3敗、打率.136と調子を崩して控えとなり、8月6日に二軍へ降格し、そのままシーズンを終えた。捕手難というチーム事情もあり正捕手として期待されたが、1年目の出場は12試合にとどまり、先発出場7試合、フル出場した3試合では2勝1敗、1完封勝利だった。二軍では31試合に出場し打率.253、出塁率.352を残し、75打数ながら3本塁打だった。高谷裕亮 フレッシュアイペディアより)

166件中 51 - 60件表示

「和田毅」のニューストピックワード