166件中 71 - 80件表示
  • 吉川輝昭

    吉川輝昭から見た和田毅和田毅

    は中継ぎとして一軍で開幕を迎えた。当初は敗戦処理としての登板機会しか与えられなかったが、その敗戦処理において無失点に締める登板が続いたことで次第に首脳陣の信頼を得て、リードして得点差の開いた試合の終盤などプレッシャーのかからない場面での登板も増えた。攝津正の先発転向と馬原孝浩の不調・登録抹消が重なってブルペン事情が苦しい中、最終的に40試合の登板で37回1/3を投げ、6ホールド・防御率2.41・WHIP0.83と自己最高の成績を残し、中継ぎとして十分な働きを見せた。このオフに和田毅・杉内俊哉・D.J.ホールトンと先発が3人同時に移籍したことから、来シーズンは先発に転向することが予定されていた。吉川輝昭 フレッシュアイペディアより)

  • ナッシュビル・サウンズ

    ナッシュビル・サウンズから見た和田毅和田毅

    2015年5月7日、シカゴ・カブスの和田毅が左太ももの張りのため傘下のアイオワ・カブスとしてファースト・テネシー・パークでサウンズとの対戦で先発し、14日、カブス本拠地のアイオワ州デモインで再度サウンズと対戦した。5月9日および11日、テキサス・レンジャーズの藤川球児が右脚付け根付近の張りのため傘下のラウンドロック・エクスプレスとしてファースト・テネシー・パークでサウンズと対戦した。ナッシュビル・サウンズ フレッシュアイペディアより)

  • アーロム・バルディリス

    アーロム・バルディリスから見た和田毅和田毅

    シーズン当初はグレッグ・ラロッカの守備固めでの出場が多かった。だが、5月5日の対福岡ソフトバンクホークス戦では、代走での途中出場ながら延長戦で2安打を放つと、そこから15試合連続安打を記録。5月8日・9日の対千葉ロッテマリーンズ戦では2試合連続本塁打を放ち、9日の試合では4安打3打点の活躍で、移籍後初のお立ち台に上がった。以後、故障を押しながらの強行出場で打撃の調子が落ち気味だったラロッカに代わり、スタメンで出場するようになった。5月22日の対阪神戦では鶴直人から決勝本塁打を放ち、古巣を見返す働きを見せた。連続試合安打がストップした5月29日の対東京ヤクルトスワローズ戦で、スイングした際に左中指伸筋腱を脱臼したが、6月10日の対読売ジャイアンツ戦で復帰すると、8回裏に決勝打を放ち、チームの交流戦優勝を引き寄せる勝利となった。以後も、勝負強い打撃と軽快な守備で三塁手のレギュラーとして活躍した。打順はもっぱら6・7番を担ったが、坂口智隆が二軍降格した際は1番として3試合、福岡ドームでの対ソフトバンク戦では、相手の先発が和田毅など左投手の時は2番として4試合出場した。結局、規定打席にはわずか12打席及ばなかったものの、118試合に出場して打率.301・14本塁打・50打点の好成績を収め、守備面でも100試合以上守備に就いた三塁手の中では最少の7失策と安定した守備を披露した。アーロム・バルディリス フレッシュアイペディアより)

  • 土居龍太郎

    土居龍太郎から見た和田毅和田毅

    法政大学に進んでからは同じリーグに和田毅(早大)、上重聡・多田野数人(立大)、長田秀一郎(慶大)らがいる中で大学通算24勝。なおこの4人は「BIG4」と呼ばれ、それぞれ2年生時からエースとして活躍した。4年春の早大1回戦では和田と延長12回を投げぬき、鳥谷敬、青木宣親、田中浩康らを要する早大打線を相手に0-0の引き分けとなる、同年秋の早大戦では9回表まで1失点に抑え9回裏自身の同級生4番後藤武敏から444個目のリーグ戦通算奪三振を記録した和田から自身の同級生河野友軌・澤村幸明の2人がソロホームランでサヨナラ勝で自身は通算24勝目など、「和田に負けない土居」の異名もとった。土居龍太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 永山勝

    永山勝から見た和田毅和田毅

    にマネージャーに転じた。からスカウトに転身。関西を中心とした大学野球界に深い人脈を持ち、山田秋親、和田毅、大隣憲司、巽真悟らの獲得に関わった。チーフスカウト、スカウト部部長補佐を歴任し、2010年11月1日よりスカウト部長。永山勝 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の日本プロ野球

    2015年の日本プロ野球から見た和田毅和田毅

    福岡ソフトバンクホークスは、メジャーリーグのシカゴ・カブスを自由契約となった和田毅の獲得を発表。なお、和田は5年ぶりの日本球界復帰となった。2015年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 湯浅禎夫

    湯浅禎夫から見た和田毅和田毅

    明大では、当初は渡辺大陸の控えで外野手であったが、あるときバックホームのボールが本塁付近でホップしてバックネットにまで達したことがあり指導者に認められ、渡辺が引退後は東京五大学リーグ戦で主戦投手として活躍した。1923年のリーグ初優勝をはじめ、湯浅自身4年のラストシーズンとなる、1925年秋季リーグで幕を開けた東京六大学リーグ戦では立教大学、帝国大学(現:東京大学)を相手に2度のノーヒットノーランを達成するなど、剛腕ぶりを見せつけた。このシーズンで記録した109奪三振はのちの江川卓、湯浅の後輩(米子東高出身)でもある野口裕美、和田毅、一場靖弘らも破れなかった、現在まで残るリーグ記録である(ノーヒットノーランを2度達成したのも、湯浅ただ一人である。また、リーグ結成開幕戦の勝利投手としても名を残している)。また、この年遠征に来たシカゴ大学を2試合連続で完封した。湯浅禎夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た和田毅和田毅

    2月22日 - 合宿終了後、オーストラリアとの強化試合に臨む28名が発表。合宿に参加した33名のうち、和田毅、岸孝之、細川亨、松中信彦、(栗原健太)が外れた。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 堀幸一

    堀幸一から見た和田毅和田毅

    300二塁打:2004年9月7日、対福岡ダイエーホークス26回戦(福岡ドーム)、1回表に和田毅から左翼線二塁打 ※史上41人目堀幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 福田秀平

    福田秀平から見た和田毅和田毅

    ''、1月は田中浩康に弟子入りして海外自主トレを行い、春季キャンプはA組スタートとなったが、練習試合の守備でミスを連発してB組降格となった。同年の二軍公式戦では3月から一塁手、5月7日から外野手として出場した。4月29日に、4年目にして初めて出場選手登録され、4月30日の対千葉ロッテマリーンズ戦(福岡 Yahoo! JAPANドーム)で8回1点リード一死満塁の場面で李ボム浩の代走として出場し、プロ初出場を記録した。その後は代走で出場し、5月12日の対中日ドラゴンズ戦の6回にプロ初打席を代打で迎えたが吉見一起の前に空振り三振に倒れた。5月22日の対広島戦では8番中堅手でプロ初の先発出場を果たし、4点リードの3回第2打席・一死満塁の場面で梅津智弘からレフト線へ2点エンタイトルツーベースで初安打・初打点を記録した。中堅手としては二軍で2試合しか守った事が無かったため、7回5点リード一死二三塁の守備では石原慶幸の打球を追う際に転倒し、これが2点タイムリー打となって直後に先発・和田毅は降板、自身も城所龍磨と交代した。6月6日に長谷川勇也に代わり二軍降格となったが、6月22日再昇格し、7月19日の対埼玉西武ライオンズ戦の5回2点リード一死一塁の場面で許銘傑?上本達之バッテリーからプロ初盗塁を記録して得点も挙げた。その後は代走要員としてシーズン終了まで一軍に残り、最終的に44試合で15得点を挙げたが、盗塁は3つにとどまった。一軍では先発出場はわずか4試合、守備時は外野の全ポジションと一塁で起用された。福田秀平 フレッシュアイペディアより)

166件中 71 - 80件表示

「和田毅」のニューストピックワード