166件中 81 - 90件表示
  • 富樫和大

    富樫和大から見た和田毅和田毅

    新発田農業高校では加藤健(現:読売ジャイアンツ)とバッテリーを組んでおり、3年生の時に第70回選抜高等学校野球大会に出場し、豊田西高校に敗れ初戦敗退。第80回全国高等学校野球選手権大会にも出場し、初戦に浜田高校と対戦し、和田毅と投げあったが5?2で敗れ、春に続いて初戦敗退となった。富樫和大 フレッシュアイペディアより)

  • 東浜巨

    東浜巨から見た和田毅和田毅

    ''は主に甲斐拓也とバッテリーを組み、昨年から「試合の日が一番楽」と本人がコメントする程の筋力トレーニングを今シーズンも継続。昨年で昨年夏場に離脱した反省から、1年間の流れを掴みトレーニングの量を調整 。後半戦を見据え、開幕後も負荷の高い筋力トレーニングを継続し、先発ローテーションの一角を担う。負傷離脱した和田毅に代わってエースとなり、5月30日のセ・パ交流戦、対中日ドラゴンズ戦で完投勝利、6月23日の対西武戦で完封勝利。7月27日にKoboパーク宮城で行われた、首位攻防戦の対楽天戦において、岸孝之と投げ合い、自身初の2桁勝利を達成した。7月は3勝0敗で防御率1.33の好成績をあげ、同じく3勝0敗で防御率0.81の菊池雄星を抑え、月間MVPを初受賞した。8月18日に行われた対楽天戦においても、岸孝之と投げ合いで勝利を飾り、チームの首位固めとなった。今季は自己最多の24試合の登板し、160イニングを投げて16勝を挙げ、菊池雄星とともにパ・リーグ最多勝に輝き、チームの2年振りのリーグ優勝に貢献した。東浜巨 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤光尊

    後藤光尊から見た和田毅和田毅

    開幕戦の対ソフトバンク戦の9回裏1死の場面で、完投勝利目前の和田毅から同点ソロを放ち、チームの敗戦を救う働きも見せたが、シーズン序盤は不調で、更に胃腸炎のために5月12日に登録抹消。5月31日の対横浜ベイスターズ戦で復帰し、緩やかに調子を上げていく。8月11日の対楽天戦で4番として出場し本塁打を放ち、プロ野球史上9人目となる全打順本塁打を達成した。すると、8月16日の対ソフトバンク戦から9月15日の対楽天戦まで安打を放ち、球団史上初のパ・リーグでは歴代5位タイとなる26試合連続安打を記録した。9月16日の対ロッテ戦では無安打に終わったが、この試合で四球を選んだ事で連続試合出塁は継続され、10月5日の対西武戦まで43試合連続出塁を記録した。結局、9月は全25試合のうち、前述の16日の試合を除く24試合で、リーグ歴代4位タイの月間44安打を放ち、月間打率.436を記録して自身初の月間MVPを獲得した。最終的には打率もリーグ3位の打率.312を記録し、自身初の3割となった。しかしその一方で、得点圏打率は.280と低かった。後藤光尊 フレッシュアイペディアより)

  • 夢空間スポーツ

    夢空間スポーツから見た和田毅和田毅

    毅と渚の一週間(和田毅と新垣渚の近況を伝えるコーナー)……2003年のみ夢空間スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た和田毅和田毅

    開幕当初こそ不調が続いたが、徐々に調子を上げた。4月1日の対オリックス戦の3回裏に、吉井理人からまずホセ・フェルナンデスが満塁本塁打を放ち、再び満塁になり山崎も吉井から満塁本塁打を放った。1イニング2満塁本塁打は史上3度目、パシフィック・リーグでは2度目(2本とも柵越え本塁打はパシフィック・リーグ初)、同一投手から2本は史上初。開幕後1ヶ月間は安打の半分が本塁打という「本塁打か三振か」の状態で、打率は規定打席到達者内で最低ながら本塁打数は1位という時もあった。5月2日の対ソフトバンク戦で先発投手は山崎が苦手としている和田毅だったが、「どうせ打てないなら、ダラダラ打ってやろう。」と体の力を抜いて(手の遊びを大きくして)打ったら、和田相手に2打席連続本塁打という結果に繋がった(加えて、和田の配球の傾向を野村から指摘されたことも本塁打に繋がった)。この力を抜いて打つ打法を山崎自身は「こんにゃく打法」と呼んでいた5月は打率.342、12本塁打、27打点と復調。チーム初の月間MVPを獲得。自身にとっては中日に在籍していた1996年6月以来10年11ヶ月振りで、この期間は史上最長でもある。また、両リーグでの月間MVP受賞は史上13人目。5月27日の対横浜戦で那須野巧から場外本塁打を放ち、本塁打記録は両リーグ最速で20号に到達した。この場外本塁打は場外の露店の商品(アニメ『Yes!プリキュア5』のキュアアクアのお面)に命中。その後、主にビジター球場の外野スタンドでは当てた商品と同一商品を持って応援するファンの姿が見受けられるようになった。この店主は「店を長いことやって来たけど、場外本塁打が飛んで来たのは初めて。私は幸せ者だよ。」と喜んでいたという。6月14日、史上152人目となる通算1500試合出場を達成する。この本塁打量産時はフェルナンデスの不振もあって4番に座ることが多かった。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤武敏

    後藤武敏から見た和田毅和田毅

    4年秋の早大3回戦の9回に、早大先発の和田毅から三振を喫したが、これが和田のリーグ戦通算444個目の奪三振となり、六大学記録を献上した。後藤武敏 フレッシュアイペディアより)

  • 河載勲

    河載勲から見た和田毅和田毅

    にショートシーズンAからマイナーリーグでの経歴をスタートさせ、一時はAAA級まで昇格した。この時負傷中であった藤川球児と共にリハビリをおこなったほか、和田毅とも僅かながら同時期にプレーした。河載勲 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹耕太郎

    大竹耕太郎から見た和田毅和田毅

    憧れのプロ野球選手は、同じ球団に所属し、大学の大先輩でもある和田毅。和田のひたすらポール間を走っていた」という“伝説”を伝え聞き、オフに和田が早稲田大学で自主トレを行った際には、走ることの大切さをアドバイスされた。大竹耕太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡市

    鶴岡市から見た和田毅和田毅

    和田毅 - プロ野球選手、母が鶴岡市出身で自身も鶴岡市生まれ鶴岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市地下鉄七隈線

    福岡市地下鉄七隈線から見た和田毅和田毅

    和田毅 - 福岡ソフトバンクホークスの投手。七隈線のイメージキャラクター。福岡市地下鉄七隈線 フレッシュアイペディアより)

166件中 81 - 90件表示

「和田毅」のニューストピックワード