157件中 101 - 110件表示
  • 千手観音

    千手観音から見た唐招提寺唐招提寺

    坐像、立像ともにあり、実際に千本前後の手を表現した仏像もいくつか現存する。奈良市の唐招提寺金堂像(立像)、大阪府藤井寺市の葛井寺本尊像(坐像)、京都府京田辺市の寿宝寺本尊像(立像)などが知られている。像高5mを超える唐招提寺像は大手が42本で、大手の隙間に911本の小手があり、全部で953本現存する。葛井寺像は、大手が40本(宝鉢手をつくらない)、小手は1,001本で合計1041本ある。小手は正面から見ると像本体から直接生えているように見えるが、実は、像背後に立てた2本の支柱にびっしりと小手が取り付けられている。葛井寺像の大手・小手の掌には、絵具で「眼」が描かれていたことがわずかに残る痕跡から判明し、文字通り「千手千眼」を表したものであった。千手観音 フレッシュアイペディアより)

  • 東方文化学院

    東方文化学院から見た唐招提寺唐招提寺

    大塚に所在していた東方文化学院の施設(関野貞の案、内田祥三の設計により東京研究所として建造された。唐招提寺を模して造られたという)は、そのまま東大東文研に継承・使用され、一部は外務省研修所としても利用された。その後、東文研が1967年東大本郷キャンパス内の現在地に移転し、更に1995年外務省研修所も郊外の相模原に移転したため、土地と建物は民間に売却する予定となった。しかし、建物の文化的価値などから保存運動が始まり、始め東京大学に購入を要請したがそれは叶わず、近隣にキャンパスを持つ拓殖大学が購入することとなった。現在は、拓殖大学国際教育会館として利用されている。なお現在東大東文研正面玄関の前にある一対の獅子像は、旧東方文化学院から移設されたものである。東方文化学院 フレッシュアイペディアより)

  • 西ノ京

    西ノ京から見た唐招提寺唐招提寺

    かつてこのあたりには西大寺・喜光寺・唐招提寺・薬師寺などの大寺が連ねて栄えていたが、現代では大半は農地・宅地となり、薬師寺や唐招提寺などがわずかにその昔の栄華をしのばせる。西大寺から喜光寺を経て、垂仁天皇陵東部を通り、唐招提寺に向かう道は、「歴史の道」として整備され、古刹を訪ねながら歩く観光道となっている。西ノ京 フレッシュアイペディアより)

  • 多田寺

    多田寺から見た唐招提寺唐招提寺

    多田寺の本尊で、平安時代初期の作。像高192.5cm。本体から台座蓮肉まで通してカヤの一木造、薬壺を持たない薬師如来である。下半身部分のY字状の衣文の処理は唐招提寺旧講堂薬師如来像、神護寺薬師如来像などの平安初期彫像に共通する様式である。多田寺 フレッシュアイペディアより)

  • 興福寺

    興福寺から見た唐招提寺唐招提寺

    興福寺東金堂は、神亀3年(726年)、聖武天皇が伯母にあたる元正天皇の病気平癒を祈願し、薬師三尊を安置する堂として創建した。治承4年(1180年)の兵火による焼失後、文治3年(1187年)、興福寺の僧兵は飛鳥の山田寺(現・奈良県桜井市)講堂本尊の薬師三尊像を強奪してきて、東金堂本尊に据えた。東金堂はその後応永18年(1411年)に五重塔とともに焼け、現在の建物は応永22年(1415年)の再建の室町時代の建築である。様式は、唐招提寺金堂を参考にした天平様式。平面規模は、創建時の堂に準じている。堂内には以下の諸仏を安置する。興福寺 フレッシュアイペディアより)

  • 新田部親王

    新田部親王から見た唐招提寺唐招提寺

    新田部の邸宅のあった地は、その後、鑑真に与えられ唐招提寺となった。21世紀の発掘調査の過程で邸宅の遺跡から、部分的に金箔や漆で覆われた塼仏の破片が発掘されている。新田部親王 フレッシュアイペディアより)

  • 平城宮

    平城宮から見た唐招提寺唐招提寺

    なお、唐招提寺の講堂(国宝)は平城宮朝堂院にあった建物の一つである東朝集殿を移築したものである。切妻屋根を入母屋にしたり、鎌倉時代の様式で改造されている箇所もあるが、平城宮唯一の建築遺構として貴重である。平城宮 フレッシュアイペディアより)

  • 毘盧遮那仏

    毘盧遮那仏から見た唐招提寺唐招提寺

    真言宗などの密教における「摩訶毘盧遮那仏」(大毘盧遮那仏、Mahāvairocana(マハー・ヴァイローチャナ))は、大日如来と呼ばれ、成立の起源を、ゾロアスター教の善の最高神アフラ・マズダーに求める学説がある。仏像では、聖武天皇の発願により造られた東大寺盧舎那仏像(奈良の大仏、東大寺大仏)が有名。同様に、鑑真が開創した唐招提寺金堂の中尊も、天平時代の脱乾漆像として有名であり、鑑真が中国からもたらした盛唐様式の作風を伝える彫刻として貴重な存在である。毘盧遮那仏 フレッシュアイペディアより)

  • 名和昆虫博物館

    名和昆虫博物館から見た唐招提寺唐招提寺

    名和昆虫博物館は1919年(大正8年)10月26日開館。建物は開館当時のもので、洋風2階建(設計は武田五一)。中の柱は唐招提寺のシロアリ被害を受けた柱であり、解体修理時に名和昆虫博物館が引き取り、シロアリの被害を残す目的で使用されている。明治洋風建築の貴重な建築物で、登録有形文化財(岐阜県第1号)に登録されている。名和昆虫博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2013年1月

    訃報 2013年1月から見た唐招提寺唐招提寺

    1月2日 - 益田快範、日本の僧侶【律宗】、唐招提寺第84世長老(住職)(* 1924年?)訃報 2013年1月 フレッシュアイペディアより)

157件中 101 - 110件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード