157件中 111 - 120件表示
  • 東山魁夷

    東山魁夷から見た唐招提寺唐招提寺

    戦後、1947年の第3回日展で「残照」が特選を得たことが転機となり、以降、風景を題材に独自の表現を追求した。1950年に発表した「道」は、前方へとまっすぐに伸びる道それだけを描く作品で、単純化を極めた画面構成に新機軸が示されている。北欧、ドイツ、オーストリア、中国にも取材し、次々と精力的に発表された作品は、平明ながら深い精神性をそなえ、幅広い支持を集めた。1960年に東宮御所、1968年に落成した皇居宮殿の障壁画を担当した。1970年代には約10年の歳月をかけて制作した奈良・唐招提寺御影堂障壁画「黄山暁雲」は畢生の大作となった。千変万化する山の姿を墨の濃淡を使い分け、鮮やかに描き出した。東山は黄山を「充実した無の世界」と表現した。混沌とした自然の移ろいにあらゆるものを生み出すエネルギーを感じ取った。この計画を手がけたことにより国内での知名度と人気はさらに高まり、国民的日本画家とも呼ばれるようになった。画集のみならず文章家でもあり画文集など、著作は数多い。川端康成とも親交が深かった。東山魁夷 フレッシュアイペディアより)

  • 唐

    から見た唐招提寺唐招提寺

    しかしこの戦いは結局日本へこれ以上の大陸への政治的接触を断念させることになり、やがて遣唐使による平和的通交が再開された。遣唐使は合計16度にわたって日本から唐へ派遣され、先進の唐文化を吸収した。唐の国号は日本において中国の代名詞のように使われるようになり、大陸を意味する日本語の「から」「もろこし」などの言葉に「唐」の字があてられて使われた。唐の文化の日本への影響は現在でもあちこちに残っており、天平文化や国風文化にその影響は色濃い。唐招提寺や高野山金剛峯寺など、唐出身者や、唐で学んだ人々が立てた寺院も残っている。日本人の間では官職・人名を唐名で呼ぶことも流行し、江戸時代に至るまで「織田右府」「豊太閤」「本多中書」「物徂徠」「水戸黄門」などの呼称が史料に頻出している。 フレッシュアイペディアより)

  • 堀口大學

    堀口大學から見た唐招提寺唐招提寺

    1957年(昭和32年)に日本芸術院会員。9月に国際ペン大会会長として来日したAndre Chamsonと会談。1959年『夕の虹』にて第10回読売文学賞を受賞。日本現代詩人会の「詩祭」で顕彰され、上司海雲と東郷豊治の案内で、秋篠寺、唐招提寺、薬師寺などを参観。ほか日本全国を旅し、室生犀星詩集賞や読売文学賞選考委員となる。堀口大學 フレッシュアイペディアより)

  • 隆光

    隆光から見た唐招提寺唐招提寺

    1658年(万治元年)仏門に入り、長谷寺・唐招提寺で修学した後、奈良・醍醐で密教を修め、儒学・老荘をも学んだ。1686年(貞享3年)5代将軍徳川綱吉の命により将軍家の祈祷寺である筑波山知足院の住職となったの機に、急速に綱吉の帰依を得た。1688年(元禄元年)には知足院を神田橋外に移して護持院と改称してその開山となった。1695年(元禄8年)には新義真言宗の僧では初めて大僧正となっている。宝永4年2月25日隠居し、駿河台成満院へ転住する。隆光 フレッシュアイペディアより)

  • 森蘊

    森蘊から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺「僧坊の庭」移設 - 奈良県、京都・妙蓮寺の「十六羅漢遊行の庭」を移築、1969年。森蘊 フレッシュアイペディアより)

  • 胡錦濤

    胡錦濤から見た唐招提寺唐招提寺

    外交的にも胡錦濤自身の対日姿勢は前共産党総書記の江沢民ほど反日的ではなく、胡錦濤の盟友で親日派だった胡耀邦に類似しており、価値観外交で中国と一線を画してるとされる安倍晋三首相とも8年ぶりとなる共同文書「日中共同プレス発表」で戦略的互恵関係を打ち出して1980年代以降必ず全ての共同文書に記載されていた歴史問題への言及を除外し、逆に文書の形で初めて戦後60年の平和国家としての日本の歴史を評価した。2008年5月に来日し、個人的にも信頼関係にあった当時の福田康夫首相と「戦略的互恵関係の包括的推進に関する日中共同声明」を発表し、日本が戦後60年間世界の平和と安定に貢献していることを積極的に評価して日本と中国は互いにパートナーであって脅威ではないとする文言を記載した。来日時には中国の最高指導者としては初めて奈良県に訪れて法隆寺と唐招提寺や横浜の横浜山手中華学校にも行き、早稲田大学で講演を行ってODAなどによる日本からの支援が中国の経済成長に貢献していることに感謝の意を示している。早稲田大学では福原愛と卓球で勝負し、その模様はテレビのニュースでも報道された。胡錦濤は福原に対し、「あなたは私のことを知らないかもしれませんが私はあなたのことを知っています」と話しかけた。四川大地震などの大災害時の日本の自衛隊派遣検討などの対応にも日本に感謝の意を表している。同年には親中的な福田首相の他、反中的な極右とも評されていた当時の石原慎太郎東京都知事も北京五輪の開会式に招待する寛容性もあった。石原都知事の招待は「大国の度量を見せるもの」として中国のネット世論も支持した。日本で自公政権から民社国連立政権への交代が起きた際は、小沢訪中団を歓迎した。東日本大震災の際には今上天皇に打電しており、国際援助隊を派遣した。また、胡錦濤時代の中国は日本にとって最大の国債保有国で最大の貿易相手国にもなり、温家宝らの後押しでつくられた中国投資有限責任公司系ファンドとされるOD05オムニバスチャイナトリーティによってトヨタ自動車など200社前後もの日本企業の大量株取得が起きた際は日本の技術力に関心のある胡錦涛の意向もあったとされる。しかし、2012年9月の尖閣諸島国有化を巡っては台湾とともに中国の公船を領海侵犯させるなど日本とは緊張関係になった。胡錦濤 フレッシュアイペディアより)

  • 大明寺 (揚州市)

    大明寺 (揚州市)から見た唐招提寺唐招提寺

    鑑真坐像(唐招提寺所蔵の国宝鑑真和上像のレプリカ)大明寺 (揚州市) フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県立橿原考古学研究所

    奈良県立橿原考古学研究所から見た唐招提寺唐招提寺

    奈良県立橿原考古学研究所(ならけんりつかしはらこうこがくけんきゅうしょ)は、奈良県橿原市畝傍町に設置された県立の埋蔵文化財調査研究機関。奈良県に属する機関である。現在まで存続している公的な埋蔵文化財研究機関としては最も古い歴史を持つ。橿考研(かしこうけん)と略されることもある。主に奈良県内の遺跡発掘調査を手がけ、初期の纒向遺跡をはじめ、ホケノ山古墳、黒塚古墳、桜井茶臼山古墳、メスリ山古墳、藤ノ木古墳、高松塚古墳などの学史に残る著名な古墳や、飛鳥京跡や東大寺、唐招提寺などの発掘で全国に名を知られる。附属博物館を併設するほか、宇陀市に室生埋蔵文化財整理収蔵センターを設置している。奈良県立橿原考古学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 平城京

    平城京から見た唐招提寺唐招提寺

    寺院建築は非常に多い。京内寺院の主要なものは、大安寺、薬師寺、興福寺、元興寺(以上を四大寺と称した)で、これらは藤原京から遷都に際して移転されたものである。東大寺は東京極大路に接した京域の東外にあり、聖武天皇によって天平勝宝4年(752年)に創建、西大寺は右京の北方に位置し、称徳天皇により天平神護元年(765年)に創建された。これらに法隆寺を加えて七大寺(南都七大寺)と称する。この他、海龍王寺、法華寺、唐招提寺、菅原寺(喜光寺)、新薬師寺、紀寺(子院が残る)、西隆寺(廃寺)などがあった。平城京 フレッシュアイペディアより)

  • 今日出海

    今日出海から見た唐招提寺唐招提寺

    1968年(昭和43年)6月、佐藤栄作首相に請われて文化庁初代長官となり、約4年間務めた。1972年(昭和47年)10月から、国際交流基金の初代理事長を8年間務め、モナリザの日本初公開(1974年)、および、パリの唐招提寺展を実現した。今日出海 フレッシュアイペディアより)

157件中 111 - 120件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード