157件中 121 - 130件表示
  • 板戸

    板戸から見た唐招提寺唐招提寺

    法隆寺建立から約150年後に創建された鑑真ゆかりの寺唐招提寺(759年創建)の金堂は、鑑真の没後、8世紀末頃の建築と推定される。唐招提寺金堂の扉は、幅の狭い板を五枚縦に並べて、裏桟に釘どめした板桟戸構造になっている。扉の表面に出た釘頭を隠す為に、饅頭型の木製漆塗りの飾りを付け、扉全体の変形を防止するため金銅八双金具(装飾と補強を兼ねた建築金具の一種)を、取り付けている。板戸 フレッシュアイペディアより)

  • 1902年

    1902年から見た唐招提寺唐招提寺

    11月17日 - 森本孝順、律宗の僧侶、第81世唐招提寺長老(+ 1995年)1902年 フレッシュアイペディアより)

  • 寺院

    寺院から見た唐招提寺唐招提寺

    和様(わよう) - 代表例は東大寺法華堂・唐招提寺金堂、平等院鳳凰堂など寺院 フレッシュアイペディアより)

  • 西ノ京駅

    西ノ京駅から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺、薬師寺への観光客のために、2007年3月22日の改正より土休日ダイヤの昼間時間帯のみ急行が、2010年3月19日の変更より土休日ダイヤの昼間時間帯のみ一部の特急が、2012年3月20日の改正より平日ダイヤの昼間時間帯にも急行と一部の特急が停車するようになった。西ノ京駅 フレッシュアイペディアより)

  • 帝釈天

    帝釈天から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺金堂には、梵天・帝釈天の木像(奈良時代)が見られる。京都・東寺講堂には、密教系の白象に乗った木像(平安時代前期)が安置される。帝釈天 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良市立都跡小学校

    奈良市立都跡小学校から見た唐招提寺唐招提寺

    奈良市立都跡小学校(ならしりつみあとしょうがっこう)は、奈良県奈良市四条大路五丁目にある公立小学校。奈良市の平野部に位置し校区は南北に広い。学校のすぐに西側に秋篠川が流れ、校区の北部には佐紀盾列古墳群の一部と平城宮跡が広がり、学校から少し南には唐招提寺と薬師寺がある。殆どの校区は平城京だった部分に含まれており、校門前の奈良県道は西一坊大路だったとされる。又、学校の北側には三条通りと大宮通りの2本の幹線道路が校区を東西に横切っている。ユネスコスクールとして認定されている。奈良市立都跡小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 東大寺の歴史

    東大寺の歴史から見た唐招提寺唐招提寺

    そして貞享元年(1686年)、公慶は幕府の認可をもって江戸、京、大坂の大都市を中心に勧進を始め、同5年に勧進上人に任ぜられた。江戸では長寿院を、東大寺では自ら創建した子院の竜松院を拠点とし、元禄3年に大仏の頭を、元禄4年には東大寺八幡宮(手向山八幡宮)の修造がなった。大仏殿の修復は未完であったものの、元禄5年に、大仏再建をもってとりあえずの開眼供養をした。開眼導師は別当の済深法親王が、供養の導師は勧進に協力的であった興福寺一乗院門跡の真敬法親王が、結願日の導師は華厳長吏で尊勝院主の道恕大僧正が務めた。供養には諸国から多くの民衆が結集し、多数の正倉院蔵の宝物が陳列され、また同じく奈良の元興寺や璉珹寺、慈眼寺、薬師寺、唐招提寺、秋篠寺なども宝物を開陳したため、大いに賑わった。『大仏殿再建記』は、この時集った民の数を20万人以上と伝えている。東大寺の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 天平文化

    天平文化から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺金堂、講堂 - 講堂は、平城宮の東朝集殿を移築改造したもの。天平文化 フレッシュアイペディアより)

  • 行基図

    行基図から見た唐招提寺唐招提寺

    戦国時代の弘治3年(1557年)に描かれたとされる『南瞻部洲大日本国正統図』(伝香寺旧蔵、現唐招提寺所蔵)は、日本地図の周辺の外枠に郡名などの情報が記載されている。この図あるいは同一スタイルの地図が江戸時代の行基図の基本となっていく。また、この時代には屏風絵の背景などにも行基図が採用された。安土桃山時代の作とされる福井県小浜市発心寺の屏風絵などがその代表作である。行基図 フレッシュアイペディアより)

  • 伊能忠敬

    伊能忠敬から見た唐招提寺唐招提寺

    大坂で、病気の伊能秀蔵を江戸に帰し、ここから法隆寺、唐招提寺、薬師寺、東大寺、長谷寺といった社寺を回りながら奈良・吉野の大和路を測った。その後伊勢を経由して帰路につき、文化6年(1809年)1月18日に江戸に戻った。伊能忠敬 フレッシュアイペディアより)

157件中 121 - 130件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード