157件中 131 - 140件表示
  • 福生寺 (備前市)

    福生寺 (備前市)から見た唐招提寺唐招提寺

    平安時代初期、菅原道真が編纂した『類聚国史』の寺田地の項には、「天長5年(828年)6月備前国墾田四町六反為大滝寺田」とあり、法隆寺や唐招提寺と並んで記載されておりその古さが窺える。福生寺 (備前市) フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県

    奈良県から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺 - 金堂、講堂、鼓楼、経蔵、宝蔵奈良県 フレッシュアイペディアより)

  • 筒井城の戦い

    筒井城の戦いから見た唐招提寺唐招提寺

    織田軍の援軍が大和に入国したのは、2日後の同年10月10日に唐招提寺に陣を張ったと思われている。その後10月15日に豊田城が、11月15日に十市城が落城したのをはじめ、多くの大和の諸城やその城下が焼き討ちにあったり落城したりで大和は一旦久秀のに手に落ちる事になる。しかし元亀2年(1571年)8月4日、辰市城の合戦で松永軍が敗北すると、筒井軍の力は侮りがたしと見たのか明智光秀の仲介のもと織田軍への帰属が許され、順慶は筒井城に帰城できた。筒井城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 東大寺の仏像

    東大寺の仏像から見た唐招提寺唐招提寺

    戒壇院千手堂に安置される像。奈良時代に戒律を伝えるため日本へ渡航した唐僧・鑑真の肖像である。戒壇院は江戸霊雲寺の恵光の勧進により享保8年(1733年)に再興されたが、本像も同じ享保8年(1733年)の制作であることが、台座裏の墨書銘からわかる。また、『東大寺年中行事記』寛保5年(1743年)条によると、同年(享保8年から10年後にあたる)に像の彩色を行ったこと、像の作者は戒壇院光達であることがわかる。鑑真が創立した奈良・唐招提寺には、本人の没後まもなく制作されたと思われる鑑真の肖像彫刻があるが、この唐招提寺像を忠実に模して制作されたのが戒壇院の鑑真像である。オリジナルの唐招提寺像に比べると本像は表現が固くなってはいるが、仏像彫刻の衰退期である江戸時代の作品としては優れた技巧をみせる像である。東大寺の仏像 フレッシュアイペディアより)

  • 8世紀

    8世紀から見た唐招提寺唐招提寺

    鑑真により唐招提寺が創建される。8世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 鑑真

    鑑真から見た唐招提寺唐招提寺

    天平宝字3年(759年)、新田部親王の旧邸宅跡が与えられ唐招提寺を創建し、戒壇を設置した。鑑真は戒律の他、彫刻や薬草の造詣も深く、日本にこれらの知識も伝えた。また、悲田院を作り貧民救済にも積極的に取り組んだ。鑑真 フレッシュアイペディアより)

  • 元禄文化

    元禄文化から見た唐招提寺唐招提寺

    この時代に光彩を放ったのは上方や江戸の専門仏師よりもむしろ、地方の僧や遍歴の僧であった。そのひとりが松雲禅師元慶であり、宝山湛海であった。京都の仏師出身の元慶は諸国行脚ののち五百羅漢制作を発願し、元禄8年(1695年)に五百数体を江戸で完成させた。宝山湛海はきびしい苦行経験を体現させた唐招提寺不動明王像などで知られる。元禄文化 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷大学

    大谷大学から見た唐招提寺唐招提寺

    遠藤証円 - 元律宗管長、唐招提寺長老大谷大学 フレッシュアイペディアより)

  • 五重塔

    五重塔から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺 - 弘仁元年(810年)に建てられた東塔があったが、享和2年(1802年)に落雷で焼失した。五重塔 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良交通奈良営業所

    奈良交通奈良営業所から見た唐招提寺唐招提寺

    63:県庁前 - 近鉄奈良駅 - 油阪船橋商店街前 - JR奈良駅 - 南添川(みなみそえかわ) - 三条大路五丁目 - 唐招提寺(六条山行きのみ) - 薬師寺東口(県庁前行きのみ) - 西の京駅 - 六条山 - 七条西町奈良交通奈良営業所 フレッシュアイペディアより)

157件中 131 - 140件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード