69件中 31 - 40件表示
  • 豊真将紀行

    豊真将紀行から見た嘉風雅継嘉風雅継

    2008年7月場所後に左手首を手術したが、術後の経過が思わしくないため、翌9月場所は西前頭2枚目の地位ながら自身初の休場(全休)。幕尻(東前頭16枚目)に下がった2009年1月場所は11勝4敗の好成績をあげて2度目の敢闘賞を受賞した。2009年3月場所は6日目からの9連勝で11勝4敗の好成績をあげ2場所連続3度目の敢闘賞を受賞。5月場所は新三役の可能性があったが、東前頭筆頭に据え置かれた。初日から14連敗と苦しんだが、千秋楽の嘉風戦に勝利して1991年7月場所の板井以来となる15戦全敗は免れた。取り組み後、豊真将は涙ぐみ、館内は大歓声に包まれた。豊真将紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 逆鉾昭廣

    逆鉾昭廣から見た嘉風雅継嘉風雅継

    2016年3月場所では、8日目に結びの一番で審判長の職務をしていたところ白鵬に寄り切られて(だめ押しとの見方もある)土俵から転落した嘉風の下敷きとなり、左足を骨折して入院する災難に遭った。逆鉾昭廣 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た嘉風嘉風雅継

    2009年3月場所12日目、嘉風に送り出しで負けた際、後ろ立褌を引っ張られ、後ろ立褌が緩んでほとんど外れてしまい、「完全18禁でしょ。あそこは緩むんです」とコメントした。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成30年1月場所

    大相撲平成30年1月場所から見た嘉風雅継嘉風雅継

    2場所連続41回目の優勝を目指す横綱白鵬は今まで多用していたかち上げと張り手を封印して臨んだ。初日阿武咲、2日目逸ノ城と破ったが元気のない相撲だった。3日目に遂に北勝富士に敗れると、4日目も嘉風に金星を与え、5日目から休場した。休場明けの横綱稀勢の里は初日貴景勝に軍配差し違えで敗れる。2日目は北勝富士に強い相撲を見せた。しかし、3日目から逸ノ城、元大関の琴奨菊、嘉風にそれぞれ粘るが敗れ3連敗。成績が1勝4敗となり6日目から休場した。大相撲平成30年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 阿覧欧虎

    阿覧欧虎から見た嘉風雅継嘉風雅継

    叩きがまともで呼び込むことが多い上に、叩く際に髷に指が入る癖もあるなど、「悪癖のデパート」と酷評されることもあった。事実、阿覧は幕内において反則負けを3度記録したが、これは3度目(2011年技量審査場所7日目・嘉風戦)の時点でワースト記録であった。阿覧欧虎 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のスポーツ

    2015年のスポーツから見た嘉風雅継嘉風雅継

    【その他】 2015報知プロスポーツ大賞の受賞者に野球部門はヤクルト・山田哲人とソフトバンク・柳田悠岐、サッカー部門は大久保嘉人、ボクシング部門は山中慎介、ゴルフ部門は小平智、大相撲部門は嘉風雅継がそれぞれ選出。またラグビー日本代表と西武・秋山翔吾を特別賞に選出した他、フレッシュ賞には女子ゴルフの菊地絵理香を選出。2015年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 高見盛精彦

    高見盛精彦から見た嘉風嘉風雅継

    2007年11月場所 - 初日から3連勝と好調であったが、4日目の嘉風戦で足首をケガをし翌日から休場。しかし11日目より再出場し十両陥落を免れる。高見盛精彦 フレッシュアイペディアより)

  • 若の里忍

    若の里忍から見た嘉風雅継嘉風雅継

    同年7月場所では10日目に嘉風に勝ち、通算勝利数が貴乃花の794勝を越えて史上11位となった。翌9月場所2日目に宝富士に勝って通算勝利数を800勝とした。800勝到達は史上10人目。なお、この通算勝利数記録の上位には、若の里と同期で現役の旭天鵬も名を連ねており、この場所中には、史上初となる800勝力士同士の対戦も実現した。さらに、同年11月場所では3日目に朝赤龍の休場による不戦勝で通算勝利数が水戸泉の807勝を越えて史上10位に、また14日目にも北太樹に勝って通算勝利数が高見山の812勝を超えて史上9位となり1場所で2つの通算勝利数の記録を更新した。若の里忍 フレッシュアイペディアより)

  • 北桜英敏

    北桜英敏から見た嘉風雅継嘉風雅継

    東十両2枚目だった2007年5月場所では、7日目の対嘉風戦で、後ろもたれという珍しい決まり手で勝利を収めた。また、12日目では幕内の玉春日に勝利した際には、懸賞金を取らずに土俵を降りてしまうという珍事を演じた。北桜英敏 フレッシュアイペディアより)

  • 琴錦功宗

    琴錦功宗から見た嘉風雅継嘉風雅継

    2007年(平成19年)7月、竹縄から浅香山に名跡を変更。浅香山も借株で、所有者は大関魁皇であるが、その魁皇も2011年(平成23年)7月場所限りで現役引退、年寄・浅香山を正式襲名している。2009年(平成21年)1月13日に稀勢の里が取得した荒磯を、同年9月27日付には先に停年退職した長谷川(当時。その後所有は琴奨菊へ)の持つ秀ノ山を、2014年(平成26年)1月21日には嘉風の持つ中村をそれぞれ借株として名跡変更をしている。また、中村に名跡変更すると同時に尾車部屋へ移籍した。これは財団法人時代の相撲協会に於いて最後の借株襲名であり、その7日後の同月29日を以って公益法人に移行したことで借株が原則禁止となったためまさしく滑り込みで借り換えたことになる。その後2016年(平成28年)1月6日、先代の停年退職により空き名跡となっていた年寄・朝日山を継承・襲名し、合計6株に亘る借株生活に別れを告げた。準年寄時代の2年間も含め、引退から15年4か月、47歳で初めて年寄名跡を取得したことになる。また、朝日山の年寄株取得に際して、2016年中には尾車部屋から独立し、2015年(平成27年)1月場所限りで閉鎖された朝日山部屋を再興する意向を表明した。既に独立時に必要な内弟子は入門しており、部屋の土地も千葉県内に取得済みである。その後、2016年5月26日の理事会で、6月1日付で力士3人を連れて朝日山部屋を独立することが承認された。琴錦功宗 フレッシュアイペディアより)

69件中 31 - 40件表示

「中村雅継」のニューストピックワード