1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示
  • 小手捻り

    小手捻りから見た嘉風雅継嘉風雅継

    2001年の決まり手制定以降、幕内でこの決まり手が6度記録されており、2004年5月場所13日目で栃乃洋が朝赤龍に、2012年1月場所2日目と2015年3月場所9日目で旭天鵬が嘉風に、2013年1月場所4日目で北太樹が旭日松に、2014年1月場所2日目で隠岐の海が大関琴奨菊に、2017年3月場所中日で横綱稀勢の里が松鳳山に、それぞれ決めている。また、十両でも2度記録されており、2004年11月場所6日目で安美錦が大翔大に、2007年1月場所中日で光法が皇牙にそれぞれ決めている。小手捻り フレッシュアイペディアより)

  • うっちゃり

    うっちゃりから見た嘉風雅継嘉風雅継

    4日目に嘉風が翔天狼に対して審判の判定結果で成功した。うっちゃり フレッシュアイペディアより)

  • 金星 (相撲)

    金星 (相撲)から見た嘉風雅継嘉風雅継

    金星を獲得すると力士褒賞金の支給標準額が10円の増加となる。これは、勝ち越し20点分に相当し、獲得場所に負け越しても本場所ごとの褒賞金の支給額が、10円を4000倍した4万円まるまる昇給となる。ただし、不戦勝や反則勝ちの場合は金星扱いにはならない(2003年(平成15年)7月場所5日目、横綱朝青龍の反則負けに際して、勝利した前頭2枚目旭鷲山に対し金星不適用が確認された。2014年(平成26年)9月場所4日目に、横綱日馬富士の反則負けに際して、勝利した前頭3枚目嘉風にも金星は適用されなかった)。また、勇み足など非技・勝負結果での勝利は金星になる。金星 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 松鳳山裕也

    松鳳山裕也から見た嘉風雅継嘉風雅継

    2017年1月場所は、初日にいきなり大関の照ノ富士を破る好スタート。2日目の鶴竜戦は、右小手投げで一旦は軍配が松鳳山に上がったものの、差し違えで敗北となった。この相撲では松鳳山の左足が先に出たものの、同時に鶴竜も死に体になっており、取直しが妥当ではないかという意見も多く出たが、本人は「全然ダメ。自分の足が出た感触があった」と潔く敗北を認めた。それでも気持ちを切らさず、3日目に日馬富士を破り、3つめの金星(いずれも相手は日馬富士)を獲得。8日目の琴奨菊戦も勝利し、横綱・大関戦を3勝4敗と悪くない数字で中日を折り返したが、中日以降星を稼げず12日目に正代に敗れて8敗目を喫し、負け越しが確定。それでも残りを3連勝として1つの負け越しに抑えた。3月場所は1枚下降の東前頭3枚目で迎えた。初日から5連敗と星が上がらなかったが、6日目に横綱・鶴竜を破って2場所連続の金星を獲得。しかしそこから再び連敗し、9日目に負け越しが決まったが、そこから少し持ち直して5勝10敗で終えた。東前頭8枚目で迎えた5月場所も10日目に負け越しを喫するなど中盤まで不調であったが、11日目から4連勝したこともあって6勝9敗と踏みとどまった。この場所中、足を滑らせて負けた取組をNHK大相撲中継のインタビューでアナウンサーに触れられたが「弱いから負けたんです。気持ちを切り替えて頑張ります」と答え、この言い訳をしない姿勢に対して場所後の相撲雑誌の投書で絶賛して「好感度がとんでもなく上がった」と答えるファンもいた。7月は西前頭10枚目と、およそ1年ぶりに二桁の番付に落として臨んだ。中盤までの星取は5分だったが、11日目から5連勝で10勝5敗と二桁の勝ち星を挙げた。東前頭4枚目に番付を戻した9月場所は、5日目に大関・照ノ富士、12日目には大関・豪栄道を破るなど、三役以上の力士との対戦を4勝3敗と勝ち越し、8勝7敗で勝ち越しを決めた。東前頭3枚目で迎えた11月場所は、初日に関脇・嘉風、2日目には大関・照ノ富士を2場所連続で破る好スタートを切った。5日目には横綱・稀勢の里に対して終始攻め込む健闘を見せたが敗れた。それでも7日目には大関・豪栄道を2場所連続で破るなど序盤は存在感を見せたが、中日以降8連敗を喫して3勝12敗に終わった。2018年1月場所は6枚下降とやや番付運に恵まれ、東前頭9枚目の地位で土俵に上がった。この場所は12に目に勝ち越しを決めるなど比較的好調であり、9勝6敗の勝ち越しに終わった。翌3月場所は5枚上昇の東前頭4枚目の地位を与えられた。松鳳山裕也 フレッシュアイペディアより)

  • 豊ノ島大樹

    豊ノ島大樹から見た嘉風雅継嘉風雅継

    東前頭7枚目で迎えた2016年1月場所は、10日目に勝ち越しを決め好調であった。13日目には3横綱を破り無敗だった琴奨菊にとったりを決め勝利し、平幕で唯一終盤まで優勝争いに加わり続けた。14日目の嘉風戦に勝利した際に左膝を痛めた影響で、千秋楽は栃煌山に突き出しで敗れて3敗目を喫し、優勝争いから脱落(この取組の後、琴奨菊は14勝1敗でこの場所初優勝)。それでも12勝3敗の好成績で場所を終え、優勝した琴奨菊に唯一の土を付けた事が評価されて3度目の殊勲賞を受賞した。豊ノ島大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 栃ノ心剛史

    栃ノ心剛史から見た嘉風雅継嘉風雅継

    2018年1月場所は初日から連勝し、4日目に大関の高安、5日目に同じく大関の豪栄道に勝利し好調な幕開けとなった。7日目に横綱で全勝同士の鶴竜に敗れるものの、8日目の嘉風戦は難なく勝利し、9日目に1敗同士の関脇・御嶽海戦でも持ち味の力で圧倒した。13日目に自分より38kg重い逸ノ城を右の相四つで下すなど力相撲が冴え渡り、14日目には自身と同じ2006年3月場所初土俵の松鳳山を下し、この時点で春日野部屋では1972年(昭和47年)1月場所の初代栃東以来46年ぶり、平幕力士としては2012年5月場所の旭天鵬以来6年ぶりとなる幕内最高優勝を決めた。千秋楽も遠藤に勝利し、最終的に鶴竜以外全勝の14勝1敗として、初の殊勲賞、2度目の技能賞受賞が決まった。三賞ダブル受賞は2015年9月場所で殊勲賞、技能賞の嘉風以来。3横綱の内2人が休場し、平幕が優勝を果たした例は、戦後15日制下ではこれが3例目。躍進の背景には、生まれたばかりの長女に自分の強いところを見せたいという気持ちがあった。この優勝により、部屋の特等床山の床松が1年半後の定年を迎えるまでの間に、床松に部屋の幕内優勝力士の髷を結わせてあげることが実現した。ちなみに、優勝パレードの旗手は同部屋でブルガリア出身、十両の碧山だった。さらなる躍進を妨げないために、場所後1滴も酒を飲まなかった。2月11日の第42回大相撲トーナメントでも初優勝を決めている。14日、東京都千代田区の日本記者クラブで会見し、そこでギオルギ・マルグベラシビリジョージア大統領から日本の国民栄誉賞に相当する勲章を授与された。自身の活躍によりジョージアでの相撲人気が高まっている中、栃ノ心は「向こうに一つでもちゃんとした土俵をつくりたい。そこで、欧州大会や世界大会がやれたらうれしい」と希望した。3月場所は西関脇に昇進。30歳4ヶ月での関脇昇進はこの時点で外国出身力士の高齢三役昇進記録第5位。高齢関脇昇進記録としては第3位。2018年2月11日の第42回日本大相撲トーナメントでは、この時点で本場所では25戦全敗と苦手としている白鵬を右四つがっぷりからの寄り切りで下した。栃ノ心剛史 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た嘉風雅継嘉風雅継

    9月場所は初日に小結・隠岐の海、2日目に前頭筆頭・嘉風と、過去に一度も負けたことのない相手に2日続けて敗れた。嘉風に敗れたことで自身10個目の金星配給となり、白鵬が小結時代の2005年11月場所以来、また横綱になって初めての連敗スタートとなった。場所前の稽古で左膝を痛めており、「左大腿四頭筋腱炎で4週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、3日目の碧山戦で不戦敗となり、4日目から横綱昇進後初の休場となった。これにより昭和以降1位の幕内連続勝ち越し、連続2桁勝利記録はともに51場所でストップ、史上1位の横綱としての連続出場記録は722回で途切れることになった。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 千代の国憲輝

    千代の国憲輝から見た嘉風嘉風雅継

    2017年1月場所は9日目の嘉風戦で敗れた際に嘉風から、連日敢闘精神あふれる相撲を取る自身について「自分ごときが言うのもアレですが、一目置いてるというか気持ちのいい力士ですね。ガッツあるし、良く稽古するし、まじめだし、熱心ですよね」と褒め言葉を並べてもらうなど相撲ぶりが良く、場所成績も9勝6敗と勝ち越しに終わった。2017年3月場所は7日目の嘉風戦で嘉風の押しに後退したところで思い切り引き、相手をよけようと右足を肩より高く上げ“Y字バランス”の体勢で土俵際で残してそのまま引き落としで勝った。取組後、「(千代)鳳の分も頑張ろうと思った」と弟弟子を気遣うコメントを残した。この場所は9勝6敗の勝ち越しに終わった。場所後の4月25日にはそれまで7年間交際していた一般女性と結婚。馴れ初めは千田川(元小結・闘牙)から友人との食事に誘ってもらった時であり、当時19歳の自分と同い年であったその女性の気配り上手さに感心したという。妻は当時、千代の国の四股名を含めて相撲のことなど知らなかったという。5月場所は初の上位総当たり戦となり、2日目には鶴竜戦で自身初となる金星を獲得するが、それ以降は中日の大栄翔戦を除いて黒星を並べるなど幕内上位の壁に阻まれ、この場所は2勝13敗。東前頭11枚目まで番付を下げた7月場所は8勝7敗と勝ち越し。9月場所は幸運にも4枚上昇の東前頭7枚目で迎えた。終盤に3連勝を見せるなど9勝6敗として二場所連続の勝ち越しとした。5月場所は鶴竜から金星も大きく負け越す。だがそこから2場所勝ち越し。2017年11月場所は不調で初日から連敗するなど9日目で負け越し。10日目は稀勢の里が休場したため不戦勝となったのをきっかけに終盤で持ち直したが、6勝9敗と不調の場所だった。千代の国憲輝 フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た嘉風雅継嘉風雅継

    3月19日 - 嘉風雅継、大相撲力士SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示

「中村雅継」のニューストピックワード