565件中 141 - 150件表示
  • スイス国鉄De4/4形電車

    スイス国鉄De4/4形電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    本機は当初と市近郊の路線で使用されていたが、勾配線区に転用された機体のうち、1931年には18501-18508号機の8機に、1938年には18509-18511号機の3機に、それぞれ回生ブレーキ装置が増設されている。なお、18509-18511号機にはより出力の大きいMFO製の機器が採用されている。スイス国鉄De4/4形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 水間鉄道7000系電車

    水間鉄道7000系電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    回生ブレーキは残されたままとなっているが、水間鉄道では使用していない。水間鉄道7000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 松本電気鉄道3000系電車

    松本電気鉄道3000系電車から見た回生制動回生ブレーキ

    地方私鉄初の界磁チョッパ制御を採用した(変電所容量の都合上、回生制動機能は使用していない)。松本電気鉄道3000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 小田急5000形電車

    小田急5000形電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    制動装置(ブレーキ)はHE車で導入実績のある応荷重機構付電空併用のHSC-D形電磁直通ブレーキが採用された。NHE車では回生制動が採用されていたが、制動初速の高い急行列車に使用する5000形においては発電制動が必須であるという、運転部門からの要求に応えたものである。しかし、HE車のような自然通風式の抵抗器では制動時に大量の熱気が発生して乗降客に不快感を与えることもあり、5000形では強制通風式の抵抗器が採用された。小田急5000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神2000系電車

    阪神2000系電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    こうして被災30両のうち12両が廃車されたことから、震災後の本系列は2編成減の6編成36両となり、被災しなかった車両も復旧した車両も、震災後の車両不足の中、フル稼働で6月26日の全線復旧と8月13日の山陽電気鉄道本線への直通運転再開を迎えた。その後も苦しいやり繰りを続けながら、翌1996年3月20日のダイヤ改正では震災前のダイヤに復旧、本系列も震災後に緊急投入された9000系や8000・3000系などとともに従前どおり急行系車両の主力として運用された。この間、震災前から行われていた先頭車へのスカート取付工事は継続して施工され、全編成への装着が完了した。また、1997年から、集電状況の長期試験として、旧7001形M1車改造の2101形奇数車に2基搭載されているパンタグラフのうち、神戸方の1基を折りたたんだまま運用に従事させたところ、パンタグラフ離線による回生ブレーキ失効等の悪影響は発生しなかったため、同年以降全般検査に入場した車両から神戸方パンタグラフを撤去する改造を実施、全編成とも施行された。阪神2000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 直巻整流子電動機

    直巻整流子電動機から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    (ただし、分巻電動機を制御して回生制動を含めシームレスに制御する方式もある)直巻整流子電動機 フレッシュアイペディアより)

  • ジャイロバス

    ジャイロバスから見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    内燃機関や充電池や架空電力線に接続する代わりにジャイロバスは"かご形"電動機によって回転する3,000 RPMまでの回転数で回転する大型のフライホイールを備えた。 フライホイールに充電するための電力は車両の屋根に設置された3本の棒を介して必要とされる場所(路線の中の停留所や終点)から集電した。充電時に駆動するための電動機は電力を取り出す時には発電機として機能してフライホイールの運動エネルギーを電力へ変換した。車両の制動装置は部分的な回生ブレーキを備え、フライホイールへ戻す事で航続距離を伸ばした。ジャイロバス フレッシュアイペディアより)

  • 界磁位相制御

    界磁位相制御から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    界磁位相制御(かいじいそうせいぎょ)とは、整流子電動機を使用しながら、界磁電流制御による回生ブレーキを使用可能とする鉄道車両の速度制御方式である。稀に、他励界磁制御と表記されることもある。界磁位相制御 フレッシュアイペディアより)

  • 木南車輌製造

    木南車輌製造から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    創業者の木南吉三は小学校卒業後に京阪電気鉄道に入社、独学でドイツ語と電気技術や車両製造技術を習得し、その後高野山電気鉄道に転職して日本初の本格的電力回生ブレーキ搭載車両として知られる高野山電気鉄道101形電車の設計や、高野山ケーブル(後の南海鋼索線)の設計に携わるなど、若い頃から現場での叩き上げでキャリアを積み重ねてきた努力家肌の人物であった。木南車輌製造 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄ED78形電気機関車

    国鉄ED78形電気機関車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    板谷峠は約33‰の平均勾配を有し、碓氷峠・瀬野八と並ぶ急勾配区間である。同区間は1949年より直流電化され当初はEF15形、1951年からはEF15形に回生ブレーキを追設改造したEF16形、1964年からは抑速発電ブレーキを装備したEF64形が運用されてきた。しかし、1968年10月1日のダイヤ改正で奥羽本線の米沢 - 山形間が交流電化されるのにあわせ、同区間の交流電化への切替が決定。また交流電化試験線区で一部に直流電化区間を有した仙山線も全区間の交流電化切替が決定し、両区間で使用する機関車の開発要件として、次の条件が求められた。国鉄ED78形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

565件中 141 - 150件表示