前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示
  • 商品先物取引

    商品先物取引から見た所得税

    2001年3月31日までは、商品先物取引によってあげた利益は個人投資家の場合、雑所得とみなされ、総合課税であった。しかし、申告分離課税への移行は、国内商品業界が委託者のアンケートもとに、大蔵省(当時)に積極的に働きかけた成果として、2001年4月1日以降から、国内の商品先物取引(商品取引所法第2条第8項および同条第9項に規定する商品市場において行われる同条第10項第1号ホに定められている商品市場)は(所得税20%・住民税6%の合わせて申告分離課税26%となった。(ただし、2001年3月31日以前の取引については、2001年4月1日以降に差金決済を行った場合であっても、従来通り総合課税が適用された。したがって、2001年4月1日以降の建玉について申告分離課税が適用された。租税特別措置法により、商品先物取引に係る所得については課税方式が2001年4月1日から2003年3月31日までの期間限定で「申告分離課税」となっていた)。また、同時に、租税特別措置法の改正により税務署長に対して「商品先物取引に関する調書」の提出が商品取引員に義務付けられた。商品先物取引 フレッシュアイペディアより)

  • 商品先物取引

    商品先物取引から見た経済産業省

    日本の商品先物市場は、戦後になって、農林水産省及び経済産業省(旧通商産業省)の管轄となっている。これは、先物取引の内の商品の受け渡しに注目した管轄の方法であり、CFTC(商品先物取引委員会)という専門組織があるアメリカ合衆国をはじめとする諸外国と異なる点であり、また管轄省庁が2箇所あることに起因する運営上の諸問題も発生している。商品先物取引 フレッシュアイペディアより)

  • 商品先物取引

    商品先物取引から見た通商産業省

    取引所法(明治26年3月4日法律第5号公布)は、証券取引と商品取引を規制していたが、戦時統制により商品取引が閉鎖され、証券取引のみとなったため昭和16年末に同法の所管が商工省から大蔵省に移管された。この結果、商品取引所再開のための法案整備は大蔵省が窓口となり、昭和25年1月大蔵省理財局に臨時に商品取引調査室が設けられ改正法案の立案に入ったが、2月27日の閣議決定で、商品取引所法の所管が物資所管省である農林省と通商産業省に移されたため、法案作成事務は通商産業省商企業局に新設された商務課が担当することとなり、新商品取引所法制定体制が整い、商品取引所再開が軌道に乗ることとなった。商品先物取引 フレッシュアイペディアより)

  • 商品先物取引

    商品先物取引から見た東京工業品取引所

    経済産業省は、日本の商品先物取引同市場は過渡期であるとし、更なる健全な発展を目指しあらたな商取法改正法案を国会に提出した(商品取引所法及び商品投資に係る事業の規制に関する法律の一部を改正する法律案)。同案は2009年7月3日に衆参両院を通過し、1年以内の施行を目指している。2011年1月1日より施行される商品先物取引法は、商品取引所法と海外商品市場における先物取引の受託等に関する法律が一本化される。(海外商品市場における先物取引の受託等に関する法律で規制される海外商品先物取引及び商品取引所法で規制されている先物取引ではなく、法の盲点を突いた、海外商品オプション取引及び通常のロコ・ロンドン取引とは異なる、悪質な「ロコ・ロンドン取引」と称する金の現物繰延取引(スワップも加味したロールオーバーによる差金決済方式)とする金のまがい取引が社会問題化したことを踏まえ、これまで規制対象外だった海外商品オプション取引や店頭商品取引にも範囲を拡大された)。また、2010年2月には東京工業品取引所(TOCOM)の活性化を主目的とした「2010年にグローバルな工業品先物市場を実現する10のアクション」を発表し、商品先物市場の発展に力を注ぐ姿勢を鮮明にしている。商品先物取引 フレッシュアイペディアより)

  • 商品先物取引

    商品先物取引から見た新日本石油

    TOCOMは1999年にガソリン、灯油の石油製品を上場させた。その後、TOCOMの石油市場の価格透明性や市場としての利便性が高まったとして、2007年からは新日本石油が同取引所への会員加入を決めると、他の石油元売も続々と参入を表明し、現在は大手6社全てがリスクヘッジなどに同市場を利用しているほか、仕切価格改定時の価格指標の一つとして採用するなど、当業者の参加は増加傾向にあり、欧米市場に近づきつつある。また、白金、ゴムなどは国際指標の一つとされる。商品先物取引 フレッシュアイペディアより)

  • 商品先物取引

    商品先物取引から見た総合課税

    2001年3月31日までは、商品先物取引によってあげた利益は個人投資家の場合、雑所得とみなされ、総合課税であった。しかし、申告分離課税への移行は、国内商品業界が委託者のアンケートもとに、大蔵省(当時)に積極的に働きかけた成果として、2001年4月1日以降から、国内の商品先物取引(商品取引所法第2条第8項および同条第9項に規定する商品市場において行われる同条第10項第1号ホに定められている商品市場)は(所得税20%・住民税6%の合わせて申告分離課税26%となった。(ただし、2001年3月31日以前の取引については、2001年4月1日以降に差金決済を行った場合であっても、従来通り総合課税が適用された。したがって、2001年4月1日以降の建玉について申告分離課税が適用された。租税特別措置法により、商品先物取引に係る所得については課税方式が2001年4月1日から2003年3月31日までの期間限定で「申告分離課税」となっていた)。また、同時に、租税特別措置法の改正により税務署長に対して「商品先物取引に関する調書」の提出が商品取引員に義務付けられた。商品先物取引 フレッシュアイペディアより)

  • 商品先物取引

    商品先物取引から見た租税特別措置法

    2001年3月31日までは、商品先物取引によってあげた利益は個人投資家の場合、雑所得とみなされ、総合課税であった。しかし、申告分離課税への移行は、国内商品業界が委託者のアンケートもとに、大蔵省(当時)に積極的に働きかけた成果として、2001年4月1日以降から、国内の商品先物取引(商品取引所法第2条第8項および同条第9項に規定する商品市場において行われる同条第10項第1号ホに定められている商品市場)は(所得税20%・住民税6%の合わせて申告分離課税26%となった。(ただし、2001年3月31日以前の取引については、2001年4月1日以降に差金決済を行った場合であっても、従来通り総合課税が適用された。したがって、2001年4月1日以降の建玉について申告分離課税が適用された。租税特別措置法により、商品先物取引に係る所得については課税方式が2001年4月1日から2003年3月31日までの期間限定で「申告分離課税」となっていた)。また、同時に、租税特別措置法の改正により税務署長に対して「商品先物取引に関する調書」の提出が商品取引員に義務付けられた。商品先物取引 フレッシュアイペディアより)

  • 商品先物取引

    商品先物取引から見たガソリン

    TOCOMは1999年にガソリン、灯油の石油製品を上場させた。その後、TOCOMの石油市場の価格透明性や市場としての利便性が高まったとして、2007年からは新日本石油が同取引所への会員加入を決めると、他の石油元売も続々と参入を表明し、現在は大手6社全てがリスクヘッジなどに同市場を利用しているほか、仕切価格改定時の価格指標の一つとして採用するなど、当業者の参加は増加傾向にあり、欧米市場に近づきつつある。また、白金、ゴムなどは国際指標の一つとされる。商品先物取引 フレッシュアイペディアより)

  • 商品先物取引

    商品先物取引から見た鉱物

    商品先物取引(しょうひんさきものとりひき)は、農産物や鉱工業材料等の商品を将来の一定日時に一定の価格で売買することを現時点で約束する取引であり、先物取引 (Futures) の一種である。商品先物取引 フレッシュアイペディアより)

  • 商品先物取引

    商品先物取引から見たロンドン

    保険つなぎとして、株式の信用取引の空売りと同様の米切手の空売りとしての「つめかえし」が存在したが、帳合米取引(=事実上の先物取引)に発展し、途中、幕府による規制など諸々の苦難を乗り越え、1730年には江戸幕府が、大坂堂島米会所に対し米の先物取引(帳合米取引)を許可したのが、先渡し契約の無い近代的な公認の商品先物取引の始まりである。当時は現物の米の代わりとして売買契約数を記した書付けを帳合米取引の会所に持ち合って交換し、期日に突き合せて決済していた。現在でも先物取引の契約単位を「枚」と呼ぶなどその名残が残っている。これ以前にも、1568年に開設されたロンドン(イギリス)の取引所や1531年に開設されたアントウェルペン(ベルギー)の取引所があったが、これらの取引所で行われていたのはあくまで現物取引の先渡取引である。商品先物取引 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示