129件中 51 - 60件表示
  • 在日本朝鮮人総聯合会

    在日本朝鮮人総聯合会から見た国家の承認

    北朝鮮法の上では朝鮮総聯の構成員は「朝鮮民主主義人民共和国公民」であると思われるが、そのうち北朝鮮の国籍を有する者の実数は判っていない。日本では国家承認されていない同国の国籍は認められていない。朝鮮総聯の構成員は日本の法律上「朝鮮籍」にあたる人が多く、また韓国籍や日本籍である人もいるが、その大半は地理的には今の韓国出身であり、北朝鮮とは地縁・血縁を持たないものによって構成されている。北朝鮮政府は事実上在日の自国民に対しては二重国籍を認めているものと考えられる。2015年現在、許宗萬議長をはじめとする総連関係者5人が最高人民会議代議員(国会議員)となっている。朝鮮総連出身者には在日本大韓民国民団の団長になった例もあり、在日韓国・朝鮮人社会で大きな影響力を持っている。韓国籍は朝鮮籍と比べるとビザ無しで行ける国が多いこと等を理由に切り替える人間が多い。しかし韓国籍に切り替えた場合朝鮮総連のメンバーは韓国政府から国家保安法により旅券の取り上げや韓国空港で拘束される場合もあり得る。在日本朝鮮人総聯合会 フレッシュアイペディアより)

  • 在日本朝鮮人総聯合会

    在日本朝鮮人総聯合会から見た在日本朝鮮人連盟

    1945年(昭和20年)結成の在日朝鮮人連盟がGHQによって「暴力主義的団体」として解散させられた後、新たに設立された在日朝鮮統一民主戦線を経て1955年に設立。略称は朝鮮総聯(ちょうせんそうれん、チョソンチョンニョン、)で一般にこの名称で呼ばれることが多い。報道などでは朝鮮総連とも表記される。最高責任者は、2012年より許宗萬中央常任委員会議長が務める。在日本朝鮮人総聯合会 フレッシュアイペディアより)

  • 在日本朝鮮人総聯合会

    在日本朝鮮人総聯合会から見た韓徳銖

    帰還事業50周年を記念して北朝鮮と総連が共同で製作した映画「東海の歌」(2部構成)が2009年(平成21年)12月から北朝鮮で公開された。映画は主人公のモデルとなった韓徳銖前議長をはじめとする総連の第1世代の活動家ら在日朝鮮人が異国の地で「愛国」を胸に人生を歩む契機となった金日成の路線転換方針(1952年)と総連の結成、教育援助費と奨学金による民族教育の発展と帰国実現までの、1940 - 50年代の在日朝鮮人運動の主な出来事を描いた。韓徳銖前議長が金日成に寵愛されるに至った北朝鮮ではあまり知られていない具体的な業績や生涯、在日朝鮮人の活動について広報するものともなっている。在日本朝鮮人総聯合会 フレッシュアイペディアより)

  • 在日本朝鮮人総聯合会

    在日本朝鮮人総聯合会から見た治安機関

    朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の「在日本公民団体」と自称、2013年以降は、同国を支配する朝鮮労働党に所属する諜報機関の統一戦線部の傘下の第225部(旧対外連絡部)の指導を受ける。1955年2月の日朝国交正常化を求める「南日声明」と、従来の指導機関である日本共産党の路線転換に伴い、在日朝鮮人運動が再編を迫られる中、同年5月25日から26日に浅草公会堂において結成大会が開催された。結成当初は、日本に滞留している「朝鮮籍」朝鮮人を対象とした民族学校の運営や、「朝鮮籍」朝鮮人経営者に対する融資をおこなうなど、一種の互助組織として機能していたが、発足当初から社会主義を支持し、その後冷戦期社会主義陣営を支持する団体としての性格を明確にした。こういったことから日本政府や警察などの治安機関との緊張関係を生み出す要因となった。在日本朝鮮人総聯合会 フレッシュアイペディアより)

  • 在日本朝鮮人総聯合会

    在日本朝鮮人総聯合会から見た権利能力なき社団

    法人格がない「権利能力なき社団」。朝鮮総連中央議長を始めとする数名の幹部は北朝鮮の代議員(国会議員)を兼任している。過去に複数の元構成員が土台人となって北朝鮮問題に関与し、祖国防衛隊事件や文世光事件を引き起こした歴史的経緯から、公安調査庁から破壊活動防止法に基づく調査対象団体に指定されている。在日本朝鮮人総聯合会 フレッシュアイペディアより)

  • 在日本朝鮮人総聯合会

    在日本朝鮮人総聯合会から見た地方公共団体

    1972年(昭和47年)に当時の美濃部亮吉東京都知事が「外交機関に準ずる機関」として認定して以来、多くの自治体が朝鮮総聯の施設を事実上の外交機関や公共施設に準ずるものとみなして、固定資産税や不動産取得税の減免措置を行ってきた。これは日朝両国が国交を正常化した時に「朝鮮大使館」として使われるであろうとの指摘があったためとされていた。在日本朝鮮人総聯合会 フレッシュアイペディアより)

  • 在日本朝鮮人総聯合会

    在日本朝鮮人総聯合会から見た都市計画税

    朝鮮総聯とその関連施設は、ビザやパスポート発行代理業務を行うなど北朝鮮の行政窓口機能があるとの名目で「外交機関に準ずる機関」又は「公民館的施設」として扱われ、各地方自治体により固定資産税や都市計画税の課税減免措置がとられていた。在日本朝鮮人総聯合会 フレッシュアイペディアより)

  • 在日本朝鮮人総聯合会

    在日本朝鮮人総聯合会から見た情報機関

    朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の「在日本公民団体」と自称、2013年以降は、同国を支配する朝鮮労働党に所属する諜報機関の統一戦線部の傘下の第225部(旧対外連絡部)の指導を受ける。1955年2月の日朝国交正常化を求める「南日声明」と、従来の指導機関である日本共産党の路線転換に伴い、在日朝鮮人運動が再編を迫られる中、同年5月25日から26日に浅草公会堂において結成大会が開催された。結成当初は、日本に滞留している「朝鮮籍」朝鮮人を対象とした民族学校の運営や、「朝鮮籍」朝鮮人経営者に対する融資をおこなうなど、一種の互助組織として機能していたが、発足当初から社会主義を支持し、その後冷戦期社会主義陣営を支持する団体としての性格を明確にした。こういったことから日本政府や警察などの治安機関との緊張関係を生み出す要因となった。在日本朝鮮人総聯合会 フレッシュアイペディアより)

  • 在日本朝鮮人総聯合会

    在日本朝鮮人総聯合会から見た警備

    東京都に中央本部を置き、全ての都道府県に本部が設けられ、各地に支部組織がある。中央本部の所在地は東京都千代田区富士見二丁目。周辺には靖国神社の遊就館、法政大学市ヶ谷キャンパス、衆議院九段議員宿舎がある。警視庁は中央本部の警備を厳重に行っている。在日本朝鮮人総聯合会 フレッシュアイペディアより)

  • 在日本朝鮮人総聯合会

    在日本朝鮮人総聯合会から見た諜報活動

    また、日本でも情報収集活動を行っていた事が判明しており、2007年(平成19年)6月から2008年(平成20年)5月まで3回にわたって来日し、長い時には2か月以上滞在している。起訴状には日本における協力者として、朝鮮総連の傘下団体の幹部と同名の人物と、「社長」という肩書を持つ大阪在住の人物の2人が起訴状に実名で記されている。在日本朝鮮人総聯合会 フレッシュアイペディアより)

129件中 51 - 60件表示

「在日本朝鮮人総連合会」のニューストピックワード