156件中 141 - 150件表示
  • 舟山康江

    舟山康江から見た地産地消地産地消

    2008年3月27日、農林水産委員会で食育と食の安全について質疑。学校教育を通じての取り組みを重視し、食育により農業への理解を深めることを主張した。また、中国製冷凍ギョーザ中毒事件を引き合いに中国産の食材を学校給食に使用している点を批判し、地産地消推進のために助成を行うべきと述べた。舟山康江 フレッシュアイペディアより)

  • はっち

    はっちから見た地産地消地産地消

    館内には、1階にカフェ、ショップ、2階?3階に食のものづくりスタジオ、4階にものづくりスタジオというテナントが配置されている。ものづくりスタジオ及び食のものづくりスタジオは、インキュベーション施設でもあり、クラフト・デザインやフードのクリエイターのアトリエショップとなっており、廉価で入居できる代わりに、将来的な卒業後に中心市街地の空き店舗等での開業を目指す。製販合一、地産地消をコンセプトとしており、卒業し別店舗で営業している作家も多数生まれている。はっち フレッシュアイペディアより)

  • 銀のすぷーん

    銀のすぷーんから見た地産地消地産地消

    筑後地域で採れた農産物を使った商品の開発を行い、地産地消の取り組みも行っている。銀のすぷーん フレッシュアイペディアより)

  • 日本の学校給食

    日本の学校給食から見た地産地消地産地消

    郷土料理の取り込みや「地産地消」といって地域産品の活用も見られる。地域独特のメニューをアレンジして使われた献立として、雑煮、ういろう、ほうとう、たこ焼き、けの汁、すいとんなどがある。が、その一方で余剰地域産品の重要な消費先ともなっており、地域農林水産業の影響も見て取れる。日本の学校給食 フレッシュアイペディアより)

  • 茅ヶ崎市

    茅ヶ崎市から見た地産地消地産地消

    また観光都市の側面も持っており湘南海岸の一翼を担い、夏には海水浴場としてサザンビーチちがさきがオープンし多くの海水浴客が訪れる。サーフィンやマリンスポーツをする人も一年を通して多く存在する。また市内の海岸線にはサイクリングロードが設けられ、マリンスポーツ以外にも多くの市民がサイクリングやジョギング、散歩を烏帽子岩、江ノ島や富士山、伊豆半島、伊豆大島を眺めながら楽しむことが出来る。また釣り船もあり、投げ釣り以外にも釣り客は多い。近年砂浜の侵食が激しいため、ヘッドランド(通称「Tバー」)と呼ばれる養浜施設が設けられ対応している。なお、Tバーはサーフィン、釣りの好スポットとなっている。海のレジャー以外にもゴルフ場も丘陵に2か所、海沿いに2か所ある。アウトドアでは平成25年に柳島キャンプ場がリニューアルオープンし、「茅産茅消」を謳ういわゆる地産地消型の食材が有り、また海沿いの好立地を活かし活況である。北部は相模原台地の丘陵地帯であり特別緑地保全地区の清水谷や市民の憩いの場である 神奈川県立茅ヶ崎里山公園を中心に里山の豊かな自然を残そうと努力している。その他市内に2ヶ所の温泉施設がある。茅ヶ崎市 フレッシュアイペディアより)

  • AonA

    AonAから見た地産地消地産地消

    3人は全員が道産子(北海道内生まれ)であるということで、地元に密着した「地産地消」ならぬ「地産地ショー」型アイドルユニットを目指して取り組んでおり、2010年9月にデビューライブを開催。2011年3月にはセカンドライブを「We are 座 AonA」というタイトルで行う。歌・踊り・コント・トーク・演劇と幅広いライブ活動を行っていくという。AonA フレッシュアイペディアより)

  • 京都丹波高原国定公園

    京都丹波高原国定公園から見た地産地消地産地消

    これらの家屋に共通するのは北山杉を地産地消している点で、屋根材の茅(チガヤ)も桂川や由良川の河川敷に自生する環境財を利用している。京都丹波高原国定公園 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見た地産地消地産地消

    近年は産業界からの強い圧力で、自由貿易協定を外国と結ぶ動きが盛んだが、関税が撤廃され安い農作物が輸入されるようになるとして農業界には反発が起きている。ちなみに日本のカロリーベースでの食料自給率は45%(2007年ベースでは39%)であり、長期的に低下する傾向にある。地産地消や安全保障を重視する立場の人は農業界の擁護に回っている。事態打開のために日本政府は、農業界に助成金投入や株式会社参入という形で競争力を得ようと考えている。一方、産地直送で消費者と生産者の直接的なつながりも模索されている。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒の歴史

    日本酒の歴史から見た地産地消地産地消

    以前は、江戸へ下り酒として大量輸送される灘のような大ブランドを例外として、基本的に日本酒とは地産地消であり、祭礼などの場に地元の酒が四斗樽で運ばれて皆で自由に飲むか、比較的に裕福な階層が自前の徳利などを携えて酒屋へ行き、酒屋は店頭に並べた菰(こも)かぶりの酒樽から枡で量り売りをするのが通例であった。このため、今でいう地酒はその町や村から外へほとんど出ることがなかった。しかし、明治後期から徐々に酒は瓶で売られるようになり、生産された町や村を離れて流通するようになった。1901年(明治34年)には白鶴酒造から一升瓶が登場し、大手メーカーでは日本酒が瓶詰めで売られるのが普及していった。いっぽう、量り売りをする酒屋は戦前昭和時代まで見られた。酒が瓶詰めになったことは、人の酒の飲み方、すなわち消費形態や食生活にも変化をもたらした。それまでの日本酒の飲み方が、年に数回だけ振る舞い酒を枡の角に盛った塩を舐めながら飲み、飲んだからにはとことん泥酔するような様式から、酒屋から瓶で買ってきた自分の好みの銘柄を晩酌や独酌として、食事や肴とともにたしなみ、そこそこに酔う(当時の表現で「なま酔い」という)様式へ変わっていった。このような消費様式の変化は、明治後期から昭和初期にかけてゆっくりと浸透したが、戦中戦後の闇市の時代をまたいで、現在の消費形態の土台ともなっている。日本酒の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷市

    熊谷市から見た地産地消地産地消

    荒川や利根川などの大規模な河川によって形成された肥沃な沖積平野が市域の大部分を占めるため、市街地や住宅地、一部の丘陵地帯を除いた6,128ヘクタール (38.3%) の土地が耕地として利用されている。現在では、地産地消を促進するため、熊谷のブランド農作物を育てる動きがあり、小さな野菜「ミニくま」をはじめ、地元産の小麦による「熊谷うどん」、「妻沼ねぎ」などの生産が意欲的に進められている。なお、農業生産額のうち妻沼ねぎをはじめとする野菜が44%を占め、次いで米が23%、麦類が10%、生乳などその他が23%を占める。熊谷市 フレッシュアイペディアより)

156件中 141 - 150件表示