城福浩 ニュース&Wiki etc.

城福 浩(じょうふく ひろし、1961年3月21日 - )は、徳島県徳島市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「城福浩」のつながり調べ

  • 茂庭照幸

    茂庭照幸から見た城福浩

    2008年はキャンプでの追い込みが 奏功してレギュラーへと返り咲き、DF佐原秀樹をパートナーに得て好プレーを続けた。しかし監督の城福浩は、茂庭のボール捌きや繋ぐ能力は他のJリーガーと比べても高いと評しながらも、スタミナ不足に起因する集中力の欠如からのミスが多いと指摘。茂庭に対して前任の原監督も課題に挙げていた練習から全てを出し尽くす姿勢を要求し、2009年序盤にはMF米本拓司の抜擢に伴うメンバー再編 によってセンターバックには今野泰幸とブルーノ・クアドロスを起用。茂庭は先発から外された。同時期に左足底腱を負傷したことも重なって 今野・ブルーノのコンビが定着したため茂庭の出場機会は限られたが、今野が代表招集によって不在となった同年9月のナビスコカップ準決勝清水戦では 2戦フル出場で決勝進出に貢献し、ブルーノが出場停止となった10月のJ1第28節名古屋戦でもFWケネディのマークに注力。しかし、プレー中の交錯によりケネディの肘が茂庭の顔面に当たり、眼窩底を骨折。以後の公式戦出場は無く、この年をもってFC東京との契約を満了した。(茂庭照幸 フレッシュアイペディアより)

  • 徳永悠平

    徳永悠平から見た城福浩

    2005年夏にはスペインリーグ・バレンシアCFの練習に参加。バレンシアのスタッフからは高評価を受けたものの、当時の同クラブには外国籍選手枠の空きが無く出場機会が危ぶまれたため入団を保留。バレンシアを含め多くのJリーグクラブによる激しい争奪となったが、2006年よりFC東京と正式にプロ契約し入団。以後東京ではガーロ、原博実、城福浩と監督が替わる中でも不動のレギュラーとして出場を続けた。2007年12月に日本代表候補合宿初招集され、翌2008年4月の代表候補トレーニングキャンプにも招集されたが、正式発表される代表メンバーからは外れる事が続いた。(徳永悠平 フレッシュアイペディアより)

「城福浩」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ