461件中 151 - 160件表示
  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た佐々木誠 (野球)

    デストラーデがメジャー復帰のため退団、攻撃力低下が懸念されたものの、日本ハムとの争いを制して4年連続リーグ優勝、しかし日本シリーズではヤクルトに3勝4敗で敗れた。シリーズ終了後、福岡ダイエーホークスと秋山幸二、渡辺智男、内山智之と佐々木誠、橋本武広、村田勝喜による3対3の交換トレードが成立する。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た島原幸雄

    中西太、大下弘、関口清治らの故障もあり、投手陣も稲尾和久以外は島原幸雄が12勝しただけで2桁勝利投手がなく、4位に終わる。三原脩が監督を辞任、三原は大洋ホエールズの監督に就任。西鉄の次期監督には川崎徳次が就任。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た源田壮亮

    1月16日、本拠地である西武ドームの名称を3月1日から『メットライフドーム』にすることを発表。4月中旬以降、5月上旬の一時期に4位となったほかは8月末まで3位を保ち続けた。この間、7月21日から8月5日にかけて西鉄時代以来59年ぶりとなる13連勝を達成した。8月31日に2位の楽天との直接対決を制して2位に浮上すると、その後はシーズン終了まで2位を維持した。西武のAクラス入りは2013年以来4年ぶり。外崎修汰が3年目でレギュラー定着し、シーズン中盤からは打撃不振の中村、メヒアに代わって山川穂高が4番に座った。エースの菊池雄星がリーグ最優秀防御率および最多勝を達成、新人の源田壮亮が56年ぶりとなる新人でのフルイニング出場を達成し新人王を受賞、秋山翔吾が打率.322で首位打者となった。クライマックスシリーズではファーストステージにおいて3位の楽天と対戦し、第1戦ではエースの菊地の完封もあって10-0で大勝するが第2戦・第3戦で敗れ、結局1勝2敗で敗退となった。オフに野上亮磨がFAで巨人へ、牧田和久がポスティングシステムでサンディエゴ・パドレスへそれぞれ移籍した。一方で、楽天を退団した松井稼頭央が選手兼任コーチとして15年ぶりに復帰した。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たラルフ・ブライアント

    序盤から低迷し、7月途中まで3連勝すらない状況であった。シーズン中盤よりオレステス・デストラーデが加入する。後半戦は巻き返し、9月には首位に立つが10月12日の近鉄とのダブルヘッダーでラルフ・ブライアントに4打数連続ホームランを打たれるなどして連敗したのが大きく響き、近鉄に優勝を許しリーグ5連覇を逃した。結果は優勝した近鉄に勝率2厘(0.5ゲーム)差、2位のオリックスに勝率1厘差の3位に終わった。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た緒方俊明

    シーズン途中に、契約が難航していた東急フライヤーズの大スターで大下弘を深見安博、緒方俊明とのトレードで獲得。このシーズンは、首位の南海と8.5ゲーム差の3位。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た黒江透修

    1月1日付で球団名を埼玉西武ライオンズに変更(運営会社は「株式会社西武ライオンズ」のまま)。渡辺久信が二軍監督から一軍監督に昇格し、黒江透修をヘッドコーチに、大久保博元を打撃コーチにするなどコーチ陣を一新した。その結果、打撃力がアップし、渡辺はNo Limit打線と名付けた。8月11日には西鉄クリッパース創設以来通算4000勝を達成。これは日本プロ野球では6球団目(2リーグ分裂後にできた球団の中では初)の記録であり、2リーグ分裂後の4000勝は読売ジャイアンツに次いで2球団目である。4月に首位になって以来一度もその座を明け渡さず、9月26日、埼玉西武ライオンズとなって初めての年で4年ぶり21回目のリーグ優勝を決めた。クライマックスシリーズでは、日本ハムとファイナルステージで対戦。4勝2敗で2004年以来、4年ぶりの日本シリーズ出場を決めた。巨人との日本シリーズでは、先に巨人に2勝3敗で王手をかけられたもののその後連勝し、4勝3敗で4年ぶりの日本一を達成する。アジアシリーズでは決勝戦の台湾の統一ライオンズ戦をサヨナラ勝ちで初優勝を達成した。彩の国功労賞を受賞。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た門谷憲二

    「若き獅子たち〜ウィー・アー・ザ・ライオンズ」(作詞:門谷憲二/作曲:伊藤薫/歌:ブルー・メガホンズ/1986年発表)埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た井上善夫

    序盤首位にたつことはあったが、これまで8年連続20勝の稲尾和久が故障で0勝2敗に終わり、井上善夫がノーヒットノーランを含む17勝、田中勉が15勝を挙げるものの、5年ぶりのBクラスとなる5位に終わる。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た山崎裕之

    10月17日、球団事務所を東京都豊島区東池袋のサンシャイン60内に開設。10月25日、運営会社の商号を福岡野球株式会社から、現在の「株式会社西武ライオンズ」に変更。12月5日、ペットマーク・シンボルカラーの発表。12月18日当時建設中であった新本拠地球場の名前が西武ライオンズ球場に決定。堤は新球団の目玉にロッテ・野村克也、山崎裕之、阪神・田淵幸一を獲得。クラウン時代の77年ドラフトで指名し交渉権を得た江川卓入団にも執念を燃やしたが失敗、これにより、読売グループとの関係が悪化した(江川事件)。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たダリン・ジャクソン

    1990年と2005年にほとんどの選手の応援歌の変更がなされている(1990年の変更は関東地区のみで九州では従前の応援歌のまま)。しかし、チャンスの打席になると、その選手の変更前の応援歌や以前同じ背番号をつけていた選手の応援歌などが演奏されることもある。西武ドームで細川亨がチャンスで打席に立ったとき、伊東勤元監督の選手時代の応援歌が演奏されたこともあった。チャンステーマとしては背番号7の選手(2008年から2013年までは片岡易之、2014年から2015年までは脇谷亮太)及び中島裕之の打席で石毛宏典の応援歌、外国人選手の打席でアレックス・カブレラの応援歌やホセ・フェルナンデスの応援歌が使用されている。2005年に選手の応援歌の一斉変更がなされる前は新しい応援歌がほとんどといっていいほど作られず、過去の選手の流用ばかりであった。投手の応援歌だったものを野手用に使う例も見られた(小関竜也や佐藤友亮など)。実際に2005年の応援歌変更の対象とならなかったアレックス・カブレラの応援歌はマイク・パグリアルーロ以降、ダリン・ジャクソン、ドミンゴ・マルティネスなど歴代の外国人選手に使用されていた曲(歌詞も名前部分以外そのまま)、和田一浩の応援歌は仲田秀司の曲の流用(歌詞は異なる)である。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

461件中 151 - 160件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード