222件中 21 - 30件表示
  • 堂本光一

    堂本光一から見た今井翼

    2000年、『MILLENNIUM SHOCK』で帝国劇場最年少座長(当時21歳)に抜擢され、東山紀之、赤坂晃(元光GENJI)、今井翼(当時ジャニーズJr.)ら歌と踊りに秀でたカルテット("ジャニーズ四天王"や"アンダルシアユニット"とも呼ばれた)とカンパニーで1か月38公演に挑み、無事に成功させる。チケット約7万枚に対し、抽選方式では80万通の応募が殺到、対面方式で販売されたものは15分で即時完売、競争率は11.4倍を記録した。また、海外メディアを含め取材陣は70社200人を超えるなど注目度も高く、帝国劇場89年の歴史上初めてづくしの結果となった。帝国劇場は2011年には1年のうち7か月をジャニーズ事務所所属タレントの舞台が占めることもあるくらい関わりが深い劇場となったが、2000年の当初は由緒正しい劇場ということでジャニーズ事務所の進出には実は厳しい意見もとても多かったと光一は当時を振り返っている。しかしこの反響の大きさに是非シリーズ化してほしいという東宝側からの申し入れがあり、これ以降『SHOCK』シリーズは光一主演で毎年続いていくことになる。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見たアイルトン・セナ

    近所に住んでいたお兄さんのような存在の人の影響で小さい頃から車が好きになり、将来の夢はタクシーの運転手だった。やがてその興味はF1にも広がる。初めて好きになった選手は中嶋悟で、日本人初のF1パイロットとしてロータスで走っていた頃から全戦観戦している。なかでも1989年のオーストラリアGP(「雨のナカジマ」)や1991年の同じくオーストラリアGPでのラストランを忘れられない思い出のレースとして挙げており、「日本人ドライバーのパイオニア」「僕をF1に導いてくれた大きな存在」であると話す。他に、F1世界選手権ワールドチャンピオンのアイルトン・セナと、ミハエル・シューマッハも特別な存在として挙げている。F1チームの中ではフェラーリをこよなく愛し、自身が乗っている車もフェラーリで、著書『僕が1人のファンになる時』ではその愛車・430スクーデリアも公開している。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見た川相昌弘

    スポーツで好きなのは野球で、昔は1位に野球、2位にモータースポーツを挙げていた。プロ野球では巨人ファンであり、なかでも原辰徳監督や川相昌弘のファン。芦屋で幼稚園に通っていた頃、母親と散歩中に近所の竹園ホテルで王貞治監督に遭遇し、サインをもらった上に「大きくなったら巨人軍にいらっしゃい」という言葉をもらったり、2000年に収録現場でバッタリ会った巨人の上原浩治選手にストレートの投げ方を教えてもらったこともある。野球好きと巨人ファンであることを公言していたため、野球界で何かあると各スポーツ紙にコメントを求められて発表することもあるが、好きな選手が引退したこともあり、2007年頃には「最近のプロ野球事情はわからない」というような発言が増えて野球の話は減り、次第にF1の話の割合の方が多くなっていった。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見た吉田拓郎

    『LOVE LOVEあいしてる』で吉田拓郎をはじめとした一流ミュージシャン達と出会い、ギターを教えてもらう。そして番組内で吉田拓郎に促されて初めて作詞・作曲し、「MY WISH」という楽曲を作った。この曲を吉田拓郎に初めて見せた時、決して否定することなく「よく作ったね」と言ってもらえたため、「自分にも曲が作れるんだ」「面白い、もっと勉強しよう」と思ったことが忘れられないという。そしてこの当時の出来事が、今まで作詞作曲を続けてこられたきっかけになっていると本人は振り返っている。ちなみにこの処女作を初めてデモテープで聴いた時、番組プロデューサーであるきくち伸は「いきなりハイレベル…まるで職業作曲家さんの仕事じゃないか!」と当時ものすごく衝撃を受けたと話している。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見たイーグルス

    幼少期は母親の影響によりTOTOやエリック・クラプトン、イーグルスなど洋楽を多く聴いており、大人になってからも好きなアーティストにはBon Joviらを挙げている。初めて買ったCDは小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」で、『LOVE LOVEあいしてる』のスペシャルで小田がゲスト出演した時にはセッションが実現した。その他、お気に入りの楽曲としてよく挙げているのは串田アキラの「宇宙刑事ギャバン」。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見た上原浩治

    スポーツで好きなのは野球で、昔は1位に野球、2位にモータースポーツを挙げていた。プロ野球では巨人ファンであり、なかでも原辰徳監督や川相昌弘のファン。芦屋で幼稚園に通っていた頃、母親と散歩中に近所の竹園ホテルで王貞治監督に遭遇し、サインをもらった上に「大きくなったら巨人軍にいらっしゃい」という言葉をもらったり、2000年に収録現場でバッタリ会った巨人の上原浩治選手にストレートの投げ方を教えてもらったこともある。野球好きと巨人ファンであることを公言していたため、野球界で何かあると各スポーツ紙にコメントを求められて発表することもあるが、好きな選手が引退したこともあり、2007年頃には「最近のプロ野球事情はわからない」というような発言が増えて野球の話は減り、次第にF1の話の割合の方が多くなっていった。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見た小田和正

    幼少期は母親の影響によりTOTOやエリック・クラプトン、イーグルスなど洋楽を多く聴いており、大人になってからも好きなアーティストにはBon Joviらを挙げている。初めて買ったCDは小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」で、『LOVE LOVEあいしてる』のスペシャルで小田がゲスト出演した時にはセッションが実現した。その他、お気に入りの楽曲としてよく挙げているのは串田アキラの「宇宙刑事ギャバン」。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見たマイケル・ジャクソン

    デビュー前から歌番組やKinKi Kidsのコンサートでソロを披露する時はダンスナンバーがほとんどであった。近藤真彦の楽曲で、東山紀之が踊ってきたソロナンバー「アンダルシアに憧れて」を引き継ぎ、KinKi Kids合作曲「愛のかたまり」にもソロで披露する時には踊りをつけた。『ポップジャム』では司会でありながら、2001年9月1日の放送からは「堂本光一SUPER STAGE」というコーナーが設けられ、マイケル・ジャクソンの「LITTLE SUSIE」「2 BAD」やStray Catsの「ROCK THIS TOWN」など毎週のようにダンスで披露した。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見たミハエル・シューマッハ

    近所に住んでいたお兄さんのような存在の人の影響で小さい頃から車が好きになり、将来の夢はタクシーの運転手だった。やがてその興味はF1にも広がる。初めて好きになった選手は中嶋悟で、日本人初のF1パイロットとしてロータスで走っていた頃から全戦観戦している。なかでも1989年のオーストラリアGP(「雨のナカジマ」)や1991年の同じくオーストラリアGPでのラストランを忘れられない思い出のレースとして挙げており、「日本人ドライバーのパイオニア」「僕をF1に導いてくれた大きな存在」であると話す。他に、F1世界選手権ワールドチャンピオンのアイルトン・セナと、ミハエル・シューマッハも特別な存在として挙げている。F1チームの中ではフェラーリをこよなく愛し、自身が乗っている車もフェラーリで、著書『僕が1人のファンになる時』ではその愛車・430スクーデリアも公開している。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見た堤幸彦

    その風貌からファンやメディアに昔から"王子"と称されることが多く、オリコンの白馬の王子様ランキングで1位になったこともある。同じく王子を自称していた及川光博からも「日本の王子様は光一君、君だけだよ」と言われ、堤幸彦は「王子といえば光一」という発想からドラマ『スシ王子!』の主役に光一を抜擢した。その呼び方は日本にとどまらず、2011年のソロアジアツアーで韓国に行った際は、プロモーションのために出演した音楽番組『M! Countdown』で"Asian Lovely Prince"と紹介された。年齢を重ね、"王様"に変えようとした動きもあるが、その呼び方はいまだ根強い。ちなみに本人は「随分前からネタです」と割り切っている。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

222件中 21 - 30件表示

「堂本光一」のニューストピックワード