222件中 61 - 70件表示
  • 堂本光一

    堂本光一から見たソニー・マガジンズ

    芸能界きってのF1ファンとも言われ、本人もF1は自身にとって「最高のエンターテイメントで究極の娯楽」だと話す。F1関連の仕事も多数経験しており、2000年と2002年にフジテレビF1中継にゲスト出演した。2007年にはブリヂストンF1日本GPプレスミーティングで進行役を務め、2009年10月には鈴鹿サーキットで行われた2009年日本グランプリに国際自動車連盟 (FIA)唯一の公式VIPゲストとして招待され、前夜祭イベントやフジテレビF1中継等に出演した。プライベートでも2005年9月にベルギーグランプリを、2011年に鈴鹿で日本グランプリを現地観戦している。2007年から2012年まで毎年東京中日スポーツでF1に関するコラム「光速CORNER」を連載していたほか、2006年から2015年まで雑誌『GRAND PRIX SPECIAL(F1グランプリ)』(ソニー・マガジンズ)で「F1賛歌」を連載していた。また、専門家も驚くほどF1に精通していると製作側に白羽の矢を立てられ、2014年にはF1映画『ラッシュ プライドと友情』でジェームス・ハント役として声優出演した。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見た日本放送協会

    あまり話すのが得意でないゲストなら自分が率先してくだけて空気を緩め、芸人がゲストなら独自の笑いの世界を壊さないためにあまり立ち入らないようにするなど、臨機応変に自分の立ち位置を変えるという司会スタイルをとる。また、『LOVE LOVEあいしてる』や『堂本兄弟』などで長く付き合いのあるきくち伸プロデューサーは、「光一はプロデューサーとして特化してきた」「収録後に"この座り位置だとゲストが話しにくい"など意見してくれたり、彼は出演者というよりは完全にスタッフ」「ゲストを招いての番組のトークでも本番に強いタイプ。しかも努力している姿を見せない…機を織っているところを人には見せないけれど、いつの間にか織り上げている鶴みたいな人」と、番組作りから積極的に関わっていると話している。他にも、『ポップジャム』で仕事をしたNHK芸能番組部チーフディレクターの筒井健は「台本を渡すとこちらが説明する前にサッと目を通し、"ここは、こうやんないとダメなんちゃう?"、"(台本で抜けているたった30秒に対して)ここで僕はなにをやるの?"って、聞いてくる」「ステージングの解釈は、プロ中のプロ」、『ジェネジャン』など討論番組で関わった山口香代プロデューサーも「打ち合わせの段階から自分の意見をしっかり言っている」「うまく発言者を立てながらほかの人に話を振る技量がある」と話すなど、スタッフの間でも高く評価されている。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見た源博雅

    陰陽師(2015年9月13日、テレビ朝日) - 源博雅堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見た川井一仁

    モータースポーツジャーナリストの川井一仁とは2000年イタリアGPのモンツァで初対面した当初から意気投合し、以降親交を深めるようになる。テレビで生中継を見る時は、川井からメールでレースの資料用のデータやレポートなどの情報を送ってもらい、パソコンも開いてラップタイムを見ながら観戦するのが常。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見た串田アキラ

    幼少期は母親の影響によりTOTOやエリック・クラプトン、イーグルスなど洋楽を多く聴いており、大人になってからも好きなアーティストにはBon Joviらを挙げている。初めて買ったCDは小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」で、『LOVE LOVEあいしてる』のスペシャルで小田がゲスト出演した時にはセッションが実現した。その他、お気に入りの楽曲としてよく挙げているのは串田アキラの「宇宙刑事ギャバン」。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見た山田太一 (脚本家)

    山田太一新春ドラマ「パパ帰る'96」(1996年1月4日、テレビ朝日) - 福原光太郎 役堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見たTOTO (バンド)

    幼少期は母親の影響によりTOTOやエリック・クラプトン、イーグルスなど洋楽を多く聴いており、大人になってからも好きなアーティストにはBon Joviらを挙げている。初めて買ったCDは小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」で、『LOVE LOVEあいしてる』のスペシャルで小田がゲスト出演した時にはセッションが実現した。その他、お気に入りの楽曲としてよく挙げているのは串田アキラの「宇宙刑事ギャバン」。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見たストレイ・キャッツ

    デビュー前から歌番組やKinKi Kidsのコンサートでソロを披露する時はダンスナンバーがほとんどであった。近藤真彦の楽曲で、東山紀之が踊ってきたソロナンバー「アンダルシアに憧れて」を引き継ぎ、KinKi Kids合作曲「愛のかたまり」にもソロで披露する時には踊りをつけた。『ポップジャム』では司会でありながら、2001年9月1日の放送からは「堂本光一SUPER STAGE」というコーナーが設けられ、マイケル・ジャクソンの「LITTLE SUSIE」「2 BAD」やStray Catsの「ROCK THIS TOWN」など毎週のようにダンスで披露した。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見たアンダルシアユニット

    2000年、『MILLENNIUM SHOCK』で帝国劇場最年少座長(当時21歳)に抜擢され、東山紀之、赤坂晃(元光GENJI)、今井翼(当時ジャニーズJr.)ら歌と踊りに秀でたカルテット("ジャニーズ四天王"や"アンダルシアユニット"とも呼ばれた)とカンパニーで1か月38公演に挑み、無事に成功させる。チケット約7万枚に対し、抽選方式では80万通の応募が殺到、対面方式で販売されたものは15分で即時完売、競争率は11.4倍を記録した。また、海外メディアを含め取材陣は70社200人を超えるなど注目度も高く、帝国劇場89年の歴史上初めてづくしの結果となった。帝国劇場は2011年には1年のうち7か月をジャニーズ事務所所属タレントの舞台が占めることもあるくらい関わりが深い劇場となったが、2000年の当初は由緒正しい劇場ということでジャニーズ事務所の進出には実は厳しい意見もとても多かったと光一は当時を振り返っている。しかしこの反響の大きさに是非シリーズ化してほしいという東宝側からの申し入れがあり、これ以降『SHOCK』シリーズは光一主演で毎年続いていくことになる。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見たクリス・ヘムズワース

    ラッシュ プライドと友情(2014年2月7日、ギャガ) - 主役・ジェームス・ハント〈クリス・ヘムズワース〉 役堂本光一 フレッシュアイペディアより)

222件中 61 - 70件表示

「堂本光一」のニューストピックワード