213件中 161 - 170件表示
  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た谷町

    本名は池口 小太郎(いけぐち こたろう)であり、ペンネームの由来は、先祖の商人が安土桃山時代に堺から谷町に移住した際の名前である「堺屋太一」から採ったものである(堺屋は屋号にあたる)。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た新潮文庫

    『日本人への警告』(プレジデント社、1982年)のち新潮文庫堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た工業社会

    1976年に発表した小説『団塊の世代』は、1940年代後半に日本で生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊の世代」と位置づけ、多方面に影響を与えた。また、大河ドラマの原作となった『峠の群像』、『秀吉』をはじめとする歴史小説も数多く執筆した。小説のみならず、工業社会の終焉と「知価社会」(情報化社会)の到来を予言した経済理論『知価革命 工業社会が終わる・知価社会が始まる』等の社会評論や、首都機能移転に関する『「新都」建設 これしかない日本の未来』をはじめとした公共政策分野における政策提言に関する著作も多数執筆した。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見たドラマ

    1978年から日本テレビのドキュメンタリー番組『あすの世界と日本』でナビゲーターを務めたり、BSフジのビジネス対談番組『堺屋太一のビジネスリーダー』で司会を担当したり、テレビ朝日のドラマ『聖徳太子の超改革』の原案を手がけるなど、テレビメディアに幅広く携わっている。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た歴史小説

    1976年に発表した小説『団塊の世代』は、1940年代後半に日本で生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊の世代」と位置づけ、多方面に影響を与えた。また、大河ドラマの原作となった『峠の群像』、『秀吉』をはじめとする歴史小説も数多く執筆した。小説のみならず、工業社会の終焉と「知価社会」(情報化社会)の到来を予言した経済理論『知価革命 工業社会が終わる・知価社会が始まる』等の社会評論や、首都機能移転に関する『「新都」建設 これしかない日本の未来』をはじめとした公共政策分野における政策提言に関する著作も多数執筆した。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た忠臣蔵

    忠臣蔵の話だが、当時の時代背景が分かるノンフィクション風小説。1982年のNHK大河ドラマ「峠の群像」の原作。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た地方紙

    米沢藩初代藩主・上杉景勝と毛利輝元、宇喜多秀家の二代目武将をテーマにした小説。全国紙の産経新聞と一部地方紙に掲載。大阪府では産経新聞と大阪日日新聞に重複掲載。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た日本

    堺屋 太一(さかいや たいち、1935年7月13日 - )は、日本の作家、評論家、元通産官僚、経済企画庁長官(第55〜57代)、元内閣特別顧問。株式会社堺屋太一事務所および株式会社堺屋太一研究所の代表取締役社長。内閣官房参与。様々な博覧会のプロデューサーとしても活動している。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た日本弁護士連合会

    「文芸春秋」2011年9月号の「民主応援団長が見た『日本中枢の崩壊』」の中で、「平時のように四角四面に法律を適用していては、ことは迅速に進みません。正直なところ、裏社会の人に協力を要請しないと突破できない局面も出てきます」と言い、各方面から非難を浴びた。堺屋の発言に対し、日本弁護士連合会の民事介入暴力対策委員会の有志は暴力団容認発言と文書で抗議、これに対し、「『裏社会』とは極めて広義の意味で使った」「反社会的勢力の範囲がわかりかねる」などとお茶を濁した。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見たあすの世界と日本

    1978年から日本テレビのドキュメンタリー番組『あすの世界と日本』でナビゲーターを務めたり、BSフジのビジネス対談番組『堺屋太一のビジネスリーダー』で司会を担当したり、テレビ朝日のドラマ『聖徳太子の超改革』の原案を手がけるなど、テレビメディアに幅広く携わっている。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

213件中 161 - 170件表示

「堺屋太一」のニューストピックワード