1 2 3 4 5 次へ
46件中 41 - 46件表示
  • 売春防止法

    売春防止法から見た自由民主党 (日本)

    法律が成立して以降、赤線業者は自由民主党の国会議員に接近し、同法を撤回すべしとの説得を試みた。これに応える形で、自由民主党は1957年(昭和32年)5月に風紀衛生対策特別委員会(略称:風対委)を設置し、審議の場とした。赤線業者は、転廃業のための満足な猶予期間および国家補償が必要であるとして、猶予期間の延長を求め、即時の施行に反対する姿勢を示した。また、自由民主党に対しては、全国で63の市町村長、1の県議会議長、37の市町村議会議長、25の自由民主党支部長、151の商工会議所から、法の完全な実施を延期すべきであるとの陳情書が提出された。売春防止法 フレッシュアイペディアより)

  • 売春防止法

    売春防止法から見た東京都

    なお、婦人補導院は収容人員の減少により、2013年現在、東京都にしか存在しない。売春防止法 フレッシュアイペディアより)

  • 売春防止法

    売春防止法から見た赤線

    この法律の施行に伴い、1958年(昭和33年)に赤線が廃止された。売春防止法 フレッシュアイペディアより)

  • 売春防止法

    売春防止法から見た管理売春

    人を自己の占有し、若しくは管理する場所又は自己の指定する場所に居住させ、これに売春をさせることを業とした者(いわゆる管理売春、第12条)売春防止法 フレッシュアイペディアより)

  • 売春防止法

    売春防止法から見た売春

    売春防止法(ばいしゅんぼうしほう、昭和31年5月24日法律第118号)は、売春を助長する行為等を処罰するとともに、性行又は環境に照らして売春を行うおそれのある女子に対する補導処分及び保護更生の措置を講ずることによって、売春の防止を図ることを目的とする(1条)日本の法律である。施行は1957年(昭和32年)4月1日、完全施行は1958年(昭和33年)4月1日からであるが、沖縄県や小笠原諸島では、当時日本の主権が及ばない為、その後日本に返還されてからの施行となった。売春防止法 フレッシュアイペディアより)

  • 売春防止法

    売春防止法から見た婦人相談所

    売春の勧誘等の罪(5条)を犯した20歳以上の女性に対して、執行猶予付き懲役刑又は禁錮刑を科す場合は、その者を補導処分に付することができ(17条)、婦人補導院に収容されることにより、必要な補導がされる。さらに第34条の規定により婦人相談所が設けられ、第36は保護と更生のために婦人保護施設を設けることができると記している。売春防止法 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
46件中 41 - 46件表示

「売春防止法違反」のニューストピックワード