637件中 161 - 170件表示
  • エムス電報事件

    エムス電報事件から見た外交外交

    直接には関係のないフランスがスペイン王家とプロイセン王家の間に入って一介の大使が静養地で休暇中のプロイセン王に迫ってスペイン王位継承に関して再度確約を求めるというのは帝国主義の当時の外交常識からしても強引であった。プロイセンにはフランスの安全を保障してやる理由はなかったが、フランスは自身の軍事力を過信して強硬な姿勢がプロイセンのような大国をも譲歩させると錯誤、ドイツはおろかプロイセン一国の工業力・軍事力がフランスを凌駕していたことを直視していなかったのである。絶望的な普仏戦争の帰結を考えるとエムス電報事件はナポレオン3世の外交における致命的な失敗であった。エムス電報事件 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省 (ドイツ)

    外務省 (ドイツ)から見た外交外交

    外務省(がいむしょう、、略称はAA)は、ドイツ連邦共和国の中央省庁。外交と欧州連合との関係を担当する。2017年1月以来、外務大臣はジグマール・ガブリエル 。日本語では便宜上「ドイツ外務省」とも表記する。外務省 (ドイツ) フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国国家警察庁

    タイ王国国家警察庁から見た外交外交

    1911年にイギリスとの間に犯罪人引渡し条約を締結して以来、すでに10数カ国と条約に批准をしている。日本とタイの間に犯罪人引渡し条約は締結されておらず、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて、情報提供、国際手配を行い、さらに外交ルートを通じて引渡し、代理処罰を請求することになる。しかし、実際に逃亡犯罪人の引渡し、代理処罰などが行われるかどうかは両国の当局の判断による。また、タイ人が海外で起こした犯罪に対しては、タイ自国民の犯罪者の引渡しに応じない代わりに、タイ国内法による代理処罰が適用される。タイ王国国家警察庁 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球征服

    琉球征服から見た外交外交

    1609年、薩摩藩は征夷大将軍徳川家康の承認の下、琉球王国へ侵攻しこれを征服した。そして、琉球国王を薩摩藩主の臣下とする条約(掟十五条)を結ばせ、奄美群島を割譲させた。しかし幕府や薩摩藩は、琉球国王に対する明帝国皇帝(明帝国滅亡後は清帝国に)からの冊封も認め受け続けさせたため、日清両属となった。また外交や軍事に薩摩の承認を得る以外は、大部分の主権を保ち徳川幕府滅亡後も存続した。琉球征服 フレッシュアイペディアより)

  • 美しい国へ

    美しい国へから見た外交外交

    日本という国家が変わろうとしている現代に、日本を自信と誇りのもてる国家へとすることを理想とし、そのためには保守はどうあるべきで、外交、社会保障、教育はどのようにするべきかを説いた書。美しい国へ フレッシュアイペディアより)

  • 粘土板

    粘土板から見た外交外交

    外交で条約などを締結するときの公文書粘土板 フレッシュアイペディアより)

  • 国際化拠点整備事業

    国際化拠点整備事業から見た外交外交

    特に、新興国からのエリート候補生たる優秀な留学生の獲得・受入れは、日本にとって、将来のインフラ輸出をはじめとするビジネスチャンスの拡大(成長戦略)を意味するほか、新興国との知的・人的ネットワークの形成、外交安全保障を含めた、国際社会における「日本の生き残り策」に直結する。このため、各界の有識者からは、このプロジェクトへの国を挙げた取組みを要望する動きが広がっている。『国際化拠点整備事業(グローバル30)の強化を要望する賛同者一覧』 。国際化拠点整備事業 フレッシュアイペディアより)

  • フェルナン・ブローデル

    フェルナン・ブローデルから見た外交外交

    ブローデルは、1941年から収容所内の同輩に対し定期的に講義をおこない、研究指導もしていたために、「捕虜収容所大学学長」に任命されるなど特別待遇を受けることとなった。マインツ大学図書館の古文書館から文献資料を自由に借りることができたため、多くのドイツ語史料を渉猟することができたのである。ブローデルは初稿を完成させるとすぐに第二草稿に取りかかった。ブローデルの書き直し方は、一部を手直しするというのではなく、章の最初からまるごと書き直すというものであった。ブローデルはこののち1942年に、リューベックの収容所に移されるが、ここは懲罰目的の収容所であったため、マインツでのような自由や特権はなかった。しかし、手元に資料がない状態でも、自他ともに認める「象の記憶力」によって原稿を書き進めることができた。ブローデルは、捕虜としてすごしたあいだ、戦争そのもの、あるいは外交や政治の動向は、歴史を考える際、むしろそれほど重要ではないという認識をいだいたものと考えられる。フェルナン・ブローデル フレッシュアイペディアより)

  • 幣原外交

    幣原外交から見た外交外交

    幣原外交(しではらがいこう)とは、1920年代から1930年代にかけての戦間期に、幣原喜重郎が憲政会(後に立憲民政党)政権の内閣の外務大臣に就任して行なった穏健な対英米協調外交をいう。幣原外交 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア外務省

    ロシア外務省から見た外交外交

    ロシア外務省(ロシアがいむしょう、、略称:МИД、MID)は、ロシア連邦における外交事務を担当する中央省庁のひとつである。ロシア外務省 フレッシュアイペディアより)

637件中 161 - 170件表示