192件中 121 - 130件表示
  • 外務省

    外務省から見た日英通商航海条約

    諸井六郎 - 小村寿太郎の下、日英通商航海条約(陸奥条約)改正による関税自主権の完全回復の原案作成。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見たタイ王国

    岡崎久彦 - 情報調査局長、駐タイ大使。退官後評論家。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た外地

    外務省設置法第4条は、計29項目の所掌する事務を列記している。主なものに、外交政策(外務省設置法第4条第1項)、外国政府との交渉(第2項)、国際連合その他の国際機関等(第3項)、条約締結(第4項) 、国際法規の解釈及び実施(第5項)、渉外法律事項(第6項)、国際情勢の情報収集及び分析並びに外国及び国際機関等に関する調査(第7項)、日本国民の海外における法律上又は経済上の利益その他の利益の保護及び増進(第8項)、海外における邦人の生命及び身体の保護その他の安全(第9項)、海外における邦人の身分関係事項(第10項、第11項)、旅券の発給並びに海外渡航及び海外移住(第12項)、査証(第13項)、本邦に在留する外国人の待遇(第14項)、海外事情についての国内広報(第15項)、日本事情についての海外広報(同項)、外国における日本文化の紹介(第16項)、外交文書の発受(第17項)、外交官及び領事官の派遣(第18項)、外交官及び領事官の接受並びに国際機関の要員の受入れ(第19項)、勲章・記章・日本の栄典の国際的なあっせん(第20項)、儀典その他の外交上の儀礼(第21項)、外交史料の編さん(第22項)、外地整理事務(第23項)、政府開発援助(第24?26項)がある。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た復興

    その後、アフガニスタン紛争の復興支援に関して、NGOを復興会議から排除した問題が浮上。NGO排除に鈴木宗男議員の大きな影響があったと大西健丞NGO「ピースウィンズ・ジャパン」代表が発言、小泉首相も鈴木議員の圧力を認めたが、野上義二外務事務次官はそれを否定。田中外相、鈴木議員、外務省の3者をめぐって全面的な争いが起こった。2002年(平成14年)1月、小泉純一郎は田中外相と野上事務次官を更迭した。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た国際交流サービス協会

    常勤職員の採用試験には、国家公務員採用総合職試験および一般職大卒程度試験(技術系)、一般職高卒試験のほか、独自の専門職試験として外務省専門職員採用試験が設けられている(人事院規則8―18第3条)。また、任期付職員として専門調査員、在外公館派遣員(財団法人国際交流サービス協会が派遣するもの)、現地採用職員などがある。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た東アジア

    天羽英二 - 外務次官、内閣情報局総裁。日本単独での東アジア支配を主張した「天羽声明」が列強の反発を受ける。戦後A級戦犯となり公職追放。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た非政府組織

    その後、アフガニスタン紛争の復興支援に関して、NGOを復興会議から排除した問題が浮上。NGO排除に鈴木宗男議員の大きな影響があったと大西健丞NGO「ピースウィンズ・ジャパン」代表が発言、小泉首相も鈴木議員の圧力を認めたが、野上義二外務事務次官はそれを否定。田中外相、鈴木議員、外務省の3者をめぐって全面的な争いが起こった。2002年(平成14年)1月、小泉純一郎は田中外相と野上事務次官を更迭した。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た国際情報統括官組織

    川口順子大臣時代の2004年(平成16年)8月1日に、領事移住部を領事局に格上げし、国際情報局が統括官組織に改組(国際情報統括官組織)され、条約局が国際法局に改編された。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た図書館の自由に関する宣言

    1997年(平成9年)には、国立国会図書館調査立法考査局に出向中の松井啓専門調査員を通じ、図書館の自由に関する宣言を侵して野党国会議員が国会図書館に依頼した、外交・安保問題に関する調査資料の閲覧情報を収集調査していたことが明らかになっている。外務省外交文書の公開により、2011年(平成23年)2月に発覚した。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た国際連合

    外務省設置法第4条は、計29項目の所掌する事務を列記している。主なものに、外交政策(外務省設置法第4条第1項)、外国政府との交渉(第2項)、国際連合その他の国際機関等(第3項)、条約締結(第4項) 、国際法規の解釈及び実施(第5項)、渉外法律事項(第6項)、国際情勢の情報収集及び分析並びに外国及び国際機関等に関する調査(第7項)、日本国民の海外における法律上又は経済上の利益その他の利益の保護及び増進(第8項)、海外における邦人の生命及び身体の保護その他の安全(第9項)、海外における邦人の身分関係事項(第10項、第11項)、旅券の発給並びに海外渡航及び海外移住(第12項)、査証(第13項)、本邦に在留する外国人の待遇(第14項)、海外事情についての国内広報(第15項)、日本事情についての海外広報(同項)、外国における日本文化の紹介(第16項)、外交文書の発受(第17項)、外交官及び領事官の派遣(第18項)、外交官及び領事官の接受並びに国際機関の要員の受入れ(第19項)、勲章・記章・日本の栄典の国際的なあっせん(第20項)、儀典その他の外交上の儀礼(第21項)、外交史料の編さん(第22項)、外地整理事務(第23項)、政府開発援助(第24?26項)がある。外務省 フレッシュアイペディアより)

192件中 121 - 130件表示

「外務省」のニューストピックワード