多村仁志 ニュース&Wiki etc.

多村 仁志(たむら ひとし、本名:多村 仁(読み同じ)、1977年3月28日 - )は、神奈川県厚木市出身の元プロ野球選手(外野手)。野球解説者。右投右打。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「多村仁」のつながり調べ

  • 横浜DeNAベイスターズの応援団

    横浜DeNAベイスターズの応援団から見た多村仁志

    多村仁志(青地に白で「只今参上 多村仁」)(横浜DeNAベイスターズの応援団 フレッシュアイペディアより)

  • ダン・ミセリ

    ダン・ミセリから見た多村仁志

    次いで4月5日の横浜ベイスターズ戦、同点の12回裏から名誉挽回を期しての登板。しかし先頭打者の金城龍彦から二塁打を浴び早々とピンチに陥る。佐伯貴弘の敬遠後に代打で登場したケビン・ウィットは三振にとったものの、続く多村仁にフェンス直撃のサヨナラ安打を浴び、またしても敗戦投手となる。この試合後のコメントは「野球というスポーツの一部。投げて、打たれた。それだけだ」と前回登板時とほぼ同様のものだった。この2度にわたる救援失敗で首脳陣は二軍で再調整することをミセリに促すが、「本人の同意なしに二軍に落とすことが出来ない」という契約条項を盾にミセリが拒否。首脳陣に条項のことが知らされたのはこのときになってようやくであった。仕方なく、一軍に帯同しながら当面は中継ぎで調整することが決まる。(ダン・ミセリ フレッシュアイペディアより)

「多村仁」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ