前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示
  • メジロドーベル

    メジロドーベルから見た大久保洋吉大久保洋吉

    メジロ牧場は1990年代初頭にメジロマックイーン、メジロライアン、メジロパーマーら1987年生産の馬たちで大きな活躍を示して以降、下の世代から目立った馬を出すことができておらず、牧草や放牧の方法、育成施設といった諸方面すべての改革に乗りだしていた。メジロドーベルや、同父で後に天皇賞(春)を制するメジロブライトが、その改革後に育成された最初の世代であった。競走年齢の3歳2月までメジロ牧場で育成されたのち、福島県の天工牧場を経て、母方の代々を手掛けている大久保洋吉(茨城県美浦トレーニングセンター)のもとに入厩。大久保はメジロドーベルの印象について、「この馬の兄妹は少し胴の長い、どちらかというとステイヤータイプの体型をしていた。しかしドーベルはもう少し胴の詰まった印象で、兄や姉よりもスピードタイプの体型に見えました。父方のライアンとのバランスがよくとれたということなんでしょうが、『上とは少しタイプが違うのかな』というのが初めて見たときの印象でした」と述べている。ドーベルの兄姉は、いずれも好素質馬でありながら体質や体型のわずかな問題で出世しきれておらず、「やっとメジロボサツに遡るような感じの馬が出てきた」と感じていたともいう。メジロドーベル フレッシュアイペディアより)

  • オキノサキガケ

    オキノサキガケから見た大久保洋吉大久保洋吉

    1980年10月に福島競馬場でデビューし6着。その後翌1981年5月の芝2000m戦で16戦目にして初勝利を挙げた。その後、6月より大久保末吉厩舎から息子の大久保洋吉厩舎に転厩、さらに1982年3月より佐藤林次郎厩舎に移った。同年7月までに400万以下の競走を22戦したが勝利を挙げられず、8月より障害競走に転向した。オキノサキガケ フレッシュアイペディアより)

  • 大久保末吉

    大久保末吉から見た大久保洋吉大久保洋吉

    実子の大久保洋吉も日本中央競馬会調教師。ほか兄の大久保福蔵、大久保亀治、弟の三井末太郎らも騎手や調教師を務め、親族は競馬一族として知られる。大久保末吉 フレッシュアイペディアより)

  • メジロベイシンガー

    メジロベイシンガーから見た大久保洋吉大久保洋吉

    メジロベイシンガーは、父メジロライアン、母メジロストークの血統の2001年生まれの鹿毛の牝馬である。美浦・大久保洋吉厩舎に所属していた。半兄に中山グランドジャンプに優勝したメジロファラオがいる。名前の由来は女優のキム・ベイシンガーから。メジロベイシンガー フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木康弘 (競馬)

    鈴木康弘 (競馬)から見た大久保洋吉大久保洋吉

    大久保洋吉 - JRA調教師。中学校・高校時代の同級生であり、早稲田大学に進み同期卒業、調教師としても同年に開業した。鈴木康弘 (競馬) フレッシュアイペディアより)

  • リージェントブラフ

    リージェントブラフから見た大久保洋吉大久保洋吉

    リージェントブラフ (Regent Bluff) は日本中央競馬会に登録されていた競走馬、および大原ファームなどで繋養されていた種牡馬。半兄に帝王賞などの優勝馬ラシアンゴールドがいる。競走馬時代の主戦騎手は同じく大久保洋吉厩舎所属の吉田豊が務め、全57戦中45戦で騎乗して、本馬が挙げた9勝すべてに貢献した。リージェントブラフ フレッシュアイペディアより)

  • 松本ヒロシ

    松本ヒロシから見た大久保洋吉大久保洋吉

    入社後、しばらくの間「覆面トラックマン」として活躍し(実際『スーパー競馬』等の競馬番組に覆面を被った状態で出演したこともある)、後に現在の名前で活動するようになった。軽妙な語り口と、人あたりのよい笑顔での予想は説得力がある。また藤沢和雄調教師担当(藤沢番)としても有名である。その信頼関係は特別なものがあり、藤沢厩舎の馬がG1で敗退したときに「藤沢厩舎G1○連敗中」というFAXを送るくらいのものである(もちろん冗談で悪意はない)。トラックマンの他に後藤浩輝騎手の騎乗依頼仲介者も務めていたが、現在は田中勝春や北村宏司などの騎乗依頼仲介者を務めている。また、大久保洋吉厩舎担当であったため吉田豊騎手とも親交があり、かつては競馬エイト紙上で吉田と彼のその日の騎乗馬を取り上げた「東のユタカ」というコラムを連載していた。松本ヒロシ フレッシュアイペディアより)

  • 吉田豊 (競馬)

    吉田豊 (競馬)から見た大久保洋吉大久保洋吉

    茨城県出身。実家の近郊には後に自身も所属する関東人馬の拠点・美浦トレーニングセンターがあったが、その存在も含めて競馬のことはほとんど知らずに育った。中学生時代には器械体操を経験し、高校受験を控えて親から騎手という職業があることを聞かされ、小柄だったこともあり競馬学校騎手課程の受験を決意。また、競馬漫画『風のシルフィード』に影響されたともいう。全く乗馬経験がないながら合格。入学当初は乗馬未経験者へのカリキュラムを受けていたが、半年ほどで同期生の成績上位となり、やがてトップに立つようになる。とくに反応の鈍い馬を走らせることに長けた生徒であった。競馬学校卒業後は美浦トレーニングセンター・大久保洋吉厩舎に所属。大久保は早くから吉田に注目していたという。なお、同期生には幸英明、渡辺薫彦、小林久晃、植野貴也、高山太郎などがいる。吉田豊 (競馬) フレッシュアイペディアより)

  • ショウナンラグーン

    ショウナンラグーンから見た大久保洋吉大久保洋吉

    調教師の大久保洋吉がメジロドーベルの血統が欲しくてオーナーの国本哲秀に頼み、セレクトセールで落札してもらっていた。ショウナンラグーン フレッシュアイペディアより)

  • 大久保正陽

    大久保正陽から見た大久保洋吉大久保洋吉

    大久保 正陽(おおくぼ まさあき、1935年8月23日 - )は、日本の元騎手(日本中央競馬会)、元調教師(日本中央競馬会)。父の大久保亀治(亀吉)は、尾形藤吉門下の元騎手・元調教師。祖父の大久保福松は函館大経の弟子。弟の大久保光康も元騎手・元調教師(日本中央競馬会)。子の大久保龍志は現在も開業中の調教師(日本中央競馬会)。美浦所属の調教師大久保洋吉も親戚にあたる。大久保正陽 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示

「大久保洋吉」のニューストピックワード