111件中 81 - 90件表示
  • 石川知裕代議士の逮捕を考える会

    石川知裕代議士の逮捕を考える会から見た大島理森大島理森

    会の結成について、自民党の大島理森幹事長は、証拠に基づく捜査に対する政治的プレッシャーをかけるようなやり方は品性に欠けると批判し、同党の川崎二郎国会対策委員長は「小沢紅衛兵」と呼び、非難した。石川知裕代議士の逮捕を考える会 フレッシュアイペディアより)

  • 農林水産大臣

    農林水産大臣から見た大島理森大島理森

    省庁再編後、2001年に就任した武部勤はBSE問題を巡る失言などで批判を浴び、翌年の内閣改造で事実上の更迭、後任の大島理森は様々な疑惑から事実上更迭された。続く亀井善之は離任後まもなく病に倒れて死去している。2004年に就任した島村宜伸は翌年の郵政解散直前、閣議で衆議院の解散に反対して閣議決定への署名を拒否し、辞表を提出したが、小泉純一郎首相により罷免された(解散選挙では当選)。島村の罷免を受け、副大臣から昇格した岩永峯一も離任後に献金問題を指摘された。2005年に2度目の就任を果たした中川昭一(初代農林水産大臣・中川一郎の子息)は無難に職務をこなし退任したが、4年後には財務大臣辞任、落選の憂き目を見て、2009年10月に56歳で急死した。農林水産大臣 フレッシュアイペディアより)

  • 第45回衆議院議員総選挙

    第45回衆議院議員総選挙から見た大島理森大島理森

    国会対策委員長 大島理森第45回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 仙谷由人

    仙谷由人から見た大島理森大島理森

    2009年4月14日、消費者庁設置関連法案について、「消費者権利院」を内閣の外に設置することを求めたが、有識者による監視機関「消費者委員会」を内閣府の内部組織から外局に格上することで与党と合意した。この仙谷の対応を、自民党の大島理森国対委員長は「民主党の良識が戻った」と賞賛した。仙谷由人 フレッシュアイペディアより)

  • 田中秀征

    田中秀征から見た大島理森大島理森

    1983年の第37回衆議院議員総選挙では自民党の公認を受け、旧長野1区でトップ当選を果たした(当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・額賀福志郎・野呂田芳成・衛藤征士郎・金子原二郎・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・大島理森・野呂昭彦・中川昭一・鈴木宗男・甘利明らがいる)。なお、この選挙において自民党は旧長野1区の3議席の独占を目論み、ベテランの小坂善太郎に加え新人の若林正俊、田中の3候補を擁立したが、新人の田中、若林がそれぞれ得票数1位、2位で当選した一方で最も得票数の少なかったベテランの小坂が日本社会党の清水勇の後塵を拝し、得票数4位で落選した。当選後、宏池会に入会、宮沢喜一に師事し、宮沢が執筆した「国連常設軍の創設と全面軍縮」の論文を手伝うなど側近としてて行動する。1986年の第38回衆議院議員総選挙では、前回2位の若林がトップ当選し、約1千票差で社会党の清水が続いたが、3位に捲土重来を期した小坂善太郎が滑り込み、小坂の得票を約2千票下回った田中が落選した。田中秀征 フレッシュアイペディアより)

  • 長尾忠行

    長尾忠行から見た大島理森大島理森

    2013年(平成25年)10月9日、現職1期目の大川喜代治が翌年1月に執行される平川市長選挙に立候補することを表明。翌日の10月10日、長尾も立候補することを正式に表明。ところが市内の自民党3支部のうち、碇ケ関支部と尾上支部は大川の、平賀支部は長尾の推薦願をそれぞれ青森県連に提出することとなり保守が分裂する。11月23日、県連会長の木村太郎衆議院議員は3支部の支部長・幹事長と会い、自主投票で対応する意向を示す。各支部長・幹事長は木村の意向を了承するが、11月29日の県連役員会では意見が割れてしまう。12月4日、木村は調整に失敗したことを理由に会長職を辞任する。12月20日、新会長に就任した大島理森は自主投票と裁定した。長尾忠行 フレッシュアイペディアより)

  • 新憲法制定議員同盟

    新憲法制定議員同盟から見た大島理森大島理森

    【副会長兼常任幹事】衆院=保岡興治・大島理森・船田元(以上自民)、参院=鴻池祥肇(自民)新憲法制定議員同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 野田内閣

    野田内閣から見た大島理森大島理森

    この他、野田内閣で防衛大臣に起用された一川保夫は「あぜ道内閣」、コピーライターの岩永嘉弘は「どんぐりころころ内閣」、政治評論家の小林吉弥は「どじょう鍋内閣」、漫画家の弘兼憲史は「これでいいノダ内閣」、教育評論家の尾木直樹は「課題乗り越え内閣」、漫画家の倉田真由美は「花より団子内閣」、愛知県知事の大村秀章は「超地味内閣」、佐賀県知事の古川康は「実務堅実内閣」、民主党政調会長の前原誠司は「ドジョウ宰相公約実現内閣」、民主党最高顧問の渡部恒三は「民主党最後の内閣」、自由民主党副総裁の大島理森は「グループ均衡内向き内閣」、政治アナリストの伊藤惇夫は「掃除機内閣」、みんなの党代表の渡辺喜美は「増税一直線の論功行賞内閣」と、日本共産党書記局長の市田忠義は「財界直結内閣」、新党改革代表の舛添要一は「党内向けの気遣い内閣」と呼んだ。野田内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

    東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から見た大島理森大島理森

    大島理森衆院議長 - 最高顧問東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 高村正彦

    高村正彦から見た大島理森大島理森

    2012年自由民主党総裁選挙では、再び安倍晋三への支持を表明。総裁に当選した安倍の下、自民党副総裁に起用された。番町政策研究所の会長職は、副総裁を退任した大島理森が継いだ。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、山口1区で11選。高村正彦 フレッシュアイペディアより)

111件中 81 - 90件表示

「大島理森」のニューストピックワード