94件中 71 - 80件表示
  • 大江康弘

    大江康弘から見た公職選挙法

    2011年9月、第178回国会開会に先立って、無所属のまま古巣の自民党と参議院で統一会派を結成した。会派名は「自民党・無所属の会」。大江は自民党復党の意思を示したが、公職選挙法の規定により比例代表選出議員が任期中に自身の選出選挙時から存続している政党に入党し会派参加した場合は即時失職となるため、無所属議員として自民党会派に参加するのみとなった。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た南京の真実

    「南京大虐殺は虚構・でっち上げ」と主張する映画「南京の真実」の賛同者でもある。「従軍慰安婦問題」に関して、当時の日本政府・軍による強制はなかったと主張。アメリカ合衆国下院121号決議に反対した。2006年9月14日の東京都文京区で行われた講演で、「民主党はバラバラでまとまりがなく、チャンスが到来してもそれを生かすどころか自らピンチへと変える。」と民主党の手法を批判。「民主党には政権を任せられない、この党が政権をとったら一週間で日本は終わりである」、「本当は私も民主党を辞めたい」とも述べる。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た内閣総理大臣指名選挙

    以降は再度、自民党に接近した。なお、そのときまでに旧改革クラブの議員は(荒井広幸を除いて)みな引退(前述の渡辺秀央)、もしくは落選したかあるいは他党に移籍した。大江は2011年8月30日の参議院本会議における内閣総理大臣指名選挙では自民党の谷垣禎一総裁に票を投じた。その後、上記のように、任期満了までは自民党入党は不可能であるものの、無所属議員として自民党と統一会派「自民党・無所属の会」を結成した。2013年5月の議員辞職までは自民党籍を有しない状態で「自民党・無所属の会」のまま活動を続けた。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た文京区

    「南京大虐殺は虚構・でっち上げ」と主張する映画「南京の真実」の賛同者でもある。「従軍慰安婦問題」に関して、当時の日本政府・軍による強制はなかったと主張。アメリカ合衆国下院121号決議に反対した。2006年9月14日の東京都文京区で行われた講演で、「民主党はバラバラでまとまりがなく、チャンスが到来してもそれを生かすどころか自らピンチへと変える。」と民主党の手法を批判。「民主党には政権を任せられない、この党が政権をとったら一週間で日本は終わりである」、「本当は私も民主党を辞めたい」とも述べる。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た中華民国

    父と二代に渡り和歌山県議会議員であった。当時の和歌山県は中西啓介・二階俊博を擁する小沢一郎の自由党が圧倒的に強く、岩手県と並ぶ「自由党王国」とされており、大江も同党に参加した。小沢自由党が民主党と合併した後は、小沢一郎グループに参加せず、民社協会に所属した。保守派(反中国・親台湾)の姿勢を掲げ、日華議員懇談会副幹事長や日本・台湾安保経済研究会事務局長、日華親善協会の理事を務める(「日華」とは日本と台湾のこと)。2006年3月19日には訪台し、陳水扁総統(当時)を表敬訪問。陳水扁は親日派として知られた。また当地で、陳水扁の民主進歩党主催の「反国家分裂法と台湾海峡危機10周年セミナー」で講演をし、中共(中華人民共和国)と韓国を反日国家であると指摘し、両国を批判した。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た西牟婁郡

    和歌山県西牟婁郡白浜町出身。和歌山県立田辺高等学校、芦屋大学教育学部卒業後、玉置和郎の秘書を務める。1979年、和歌山県議会議員初当選、県議会議員を5期務める。県議時代は長らく自民党に所属する。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た与党

    2008年8月28日、渡辺と共に民主党を離党し、新党・改革クラブ結成に参加。同年9月22日、大江ら改革クラブ議員は民主党から除籍処分を受ける。同年10月、大江は、地元の後援会における講演で「民主党は国家国益を考えず、選挙、政局一点張りで政権政党を担う党ではないと判断した」と離党理由を述べた。また、次期衆議院議員総選挙では二階俊博支持を表明。二階は2003年に自民党に復党し、自民党総務局長・自民党国会対策委員長・自民党総務会長・経済産業大臣などを歴任していた。改革クラブ所属議員たちは当時の与党・自民党への復帰・政権入りを念頭に置いており、明確な提携のないものの、自民党への協力姿勢が強かった。2009年3月6日、大江は、参議院予算委員会の質問に立つも、政府・自民党への忠誠を強調し、冒頭「忠実な紀州犬」を例にとって自民党・麻生内閣に尽くすことを表明した。同年8月の第45回衆議院議員総選挙で自民党が大敗し、下野したため政権入りの目的は達せられなかったが、改革クラブは自民党との提携を維持し、参議院で自民党と統一会派「自民党・改革クラブ」を結成した。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た第21回参議院議員通常選挙

    2001年の第19回参議院議員通常選挙で自由党から比例区に出馬し、得票数党内4位で当選。自由党の比例候補では最下位での当選であった。2003年の民由合併により民主党に参加。2007年の第21回参議院議員通常選挙で民主党から比例区に出馬し得票数党内19位で再選。2008年に民主党を離党し、改革クラブを結成。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た新生党

    1993年、中西啓介や二階俊博などの地元選出代議士の新党結成の動きに同調して自民党を離党し、新生党に参加。1994年の新進党結党にも加わる。2000年、和歌山県知事選挙に無所属で出馬し落選。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た政党

    2011年9月、第178回国会開会に先立って、無所属のまま古巣の自民党と参議院で統一会派を結成した。会派名は「自民党・無所属の会」。大江は自民党復党の意思を示したが、公職選挙法の規定により比例代表選出議員が任期中に自身の選出選挙時から存続している政党に入党し会派参加した場合は即時失職となるため、無所属議員として自民党会派に参加するのみとなった。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

94件中 71 - 80件表示

「大江康弘」のニューストピックワード