1226件中 121 - 130件表示
  • ゼーベルク天文台

    ゼーベルク天文台から見た天文学天文学

    ゼーベルク天文台またはゴータ天文台(Seeberg-Sternwarte または Sternwarte Gotha)はドイツ、テューリンゲン州ゴータに近い丘にあった天文台である。天文、測地、気象の観測、時刻の管理を行った。1934年に閉鎖された。ゼーベルク天文台 フレッシュアイペディアより)

  • セントラルサイエンス

    セントラルサイエンスから見た天文学天文学

    化学が中心的な役割を果たしていることはオーギュスト・コントによる科学の体系的・階層的な分類に見出せる。その分類では各分野が、後続の領域の より一般的な枠組みを提供している(数学 → 天文学 → 物理学 → 化学 → 医学・生理学 → 社会科学)。より最近になってバラバンとクラインが科学の順序を示す図式を提案した。その図式の中で化学は重要な分岐点に位置するため「セントラルサイエンス」だと言える。ただし、こういった結びつきを形成する中で、より下流に位置する分野は上流に位置する分野に完全には還元できない。より上流に位置する科学の分野には存在しない概念やアイディアを下流の分野が有することが知られている。セントラルサイエンス フレッシュアイペディアより)

  • パリ天体物理学研究所

    パリ天体物理学研究所から見た天文学天文学

    パリ天体物理学研究所(仏:Institut d'Astrophysique de Paris)はCNRSの天文学研究所で、所在地はパリ市内の98bis, Bd Aragoである。パリ天体物理学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ライマンα線

    ライマンα線から見た天文学天文学

    天文学の分野では、電離水素ガスが存在する場合にもっとも強く見える吸収線として水素ガス分布や、視線速度の測定の観測に重宝する。ライマンα線 フレッシュアイペディアより)

  • ヴルフ・ディーター・ハインツ

    ヴルフ・ディーター・ハインツから見た天文学天文学

    ヴルフ・ディーター・ハインツ(、1930年6月3日 - 2006年6月10日)は、主にアメリカで活躍したドイツ出身の天文学者である。彼はスワースモア大学の名誉教授で、同大学に属するスプロール天文台の台長も勤めていた。専門は位置天文学的手法を用いた連星系の研究。ヴルフ・ディーター・ハインツ フレッシュアイペディアより)

  • 下限質量

    下限質量から見た天文学天文学

    下限質量とは、天文学において、惑星、恒星、連星系、星雲、ブラックホール等の観測天体について計算された質量の下限を表す値である。太陽系外惑星の統計では、下限質量が広く用いられる。下限質量 フレッシュアイペディアより)

  • 五星

    五星から見た天文学天文学

    現在は天文学でも占星術でも特別な位置づけにはないが、趣味の天体観望では対象として人気が高く、五惑星・五大惑星として言及されることもある。五星 フレッシュアイペディアより)

  • 光エコー

    光エコーから見た天文学天文学

    光エコー(Light echo)は、天文学で観測される現象である。音の残響(エコー)と同様に、超新星爆発のように突然強い光が発生した場合に光エコーが起こり、光源を反射して少し遅れて観測者に届く。その配置から、光エコーは超光速の錯覚を作る。光エコー フレッシュアイペディアより)

  • 天底

    天底から見た天文学天文学

    天底(てんてい、Nadir)とは、天文学用語で観測者の真下の空の1点、正確には、地平座標で高度が+90度の極をなす点である。平たく言えば、あなたが地球に立った時、足の方向を真直ぐ行った先の点である。元々アラビア語で???? (nadeer)または ???? (nathir)と綴り、「反対」という意味を表す。天底 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙技術

    宇宙技術から見た天文学天文学

    天気予報、リモートセンシング、衛星測位システム、衛星放送、遠距離通信といった日常生活に関連する科学技術も宇宙的な基盤に大きく依存している。天文学や地球科学等の科学分野も宇宙技術の恩恵を受けている。宇宙技術 フレッシュアイペディアより)

1226件中 121 - 130件表示