1226件中 131 - 140件表示
  • カール・ハーディング

    カール・ハーディングから見た天文学天文学

    1805年からゲッティンゲン大学の天文学の教授となる。彗星の観測などの指導を行い、三つの新しい彗星を発見。また120,000の星を網羅したAtlas novus coelestisも刊行している。カール・ハーディング フレッシュアイペディアより)

  • 放射流束

    放射流束から見た天文学天文学

    放射流束()は光子やほかの素粒子が輸送するエネルギー流束であり、単位は(J?m–2?s–1)である。天文学において星の等級やスペクトル型の決定や、熱流束の一般化に用いられる。放射流束 フレッシュアイペディアより)

  • 真の質量

    真の質量から見た天文学天文学

    真の質量(True mass)という用語は、質量という用語のシノニムであるが、惑星の測定質量を、視線速度法で求めた下限質量と区別するために天文学の分野で用いられる。惑星の真の質量を求める方法には、衛星の距離と周期を求める方法、同じ恒星系の別の惑星の動きを位置天文学的に観測する方法、視線速度法をトランジット法や恒星の視差と組み合わせる方法等がある。真の質量 フレッシュアイペディアより)

  • 銀河系外天文学

    銀河系外天文学から見た天文学天文学

    銀河系外天文学(Extragalactic astronomy)は、天文学の1分野で、我々の銀河系の外の宇宙を扱う学問である。別の言葉で言えば、銀河系天文学で扱われない領域全ての天体を研究する学問である。銀河系外天文学 フレッシュアイペディアより)

  • 仰俯角

    仰俯角から見た天文学天文学

    仰俯角(ぎょうふかく)は、水平を基準とした上下方向の角度。上向きの角度を仰角(ぎょうかく)、下向きの角度を俯角(ふかく)または伏角(ふかく、ふっかく)と言う。天文学の地平座標系では高度(こうど)と言う。仰俯角 フレッシュアイペディアより)

  • ブラキオサウルス (小惑星)

    ブラキオサウルス (小惑星)から見た天文学天文学

    南米のチリに存在するヨーロッパ南天天文台で、1991年4月8日にベルギーの天文学者エリック・エルストによって発見された。中生代ジュラ紀の地球に棲息していた恐竜の一種(1属)である Brachiosaurus (ブラキオサウルス)にちなんで命名された。ブラキオサウルス (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • ブロントサウルス (小惑星)

    ブロントサウルス (小惑星)から見た天文学天文学

    南米のチリにあるヨーロッパ南天天文台で、1990年9月22日にベルギーの天文学者エリック・エルストによって発見された。中生代ジュラ紀の地球に棲息していた恐竜の一種(1属)・アパトサウルスの異名(シノニム)である、 (ブロントサウルス)にちなんで命名された。ブロントサウルス (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • ゲルリア (小惑星)

    ゲルリア (小惑星)から見た天文学天文学

    ゲルリア (1385 Gelria) は、小惑星帯に位置する小惑星である。オランダの天文学者ヘンドリク・ファン・ヘントがヨハネスブルグのユニオン天文台で発見した。ゲルリア (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • ティラノサウルス (小惑星)

    ティラノサウルス (小惑星)から見た天文学天文学

    南米のチリに存在するヨーロッパ南天天文台で、1990年11月15日にベルギーの天文学者エリック・エルストによって発見された。中生代白亜紀末期の地球に棲息していた恐竜の一種(1属)である (ティラノサウルス)にちなんで命名された。ティラノサウルス (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • パウリ (小惑星)

    パウリ (小惑星)から見た天文学天文学

    ドイツの砂糖工場の経営者にしてアマチュアのレンズ職人でもあり、カール・ツァイス社の天文学部門が新設される際、エルンスト・アッベによって天体望遠鏡開発の責任者に抜擢されたマックス・パウリにちなんで命名された。パウリ (小惑星) フレッシュアイペディアより)

1226件中 131 - 140件表示