1226件中 151 - 160件表示
  • モラクス

    モラクスから見た天文学天文学

    召喚した者の前に男の顔を持つ大きな雄牛のような姿で現れるという。また、天文学やその他の教養学に精通させ、使い魔を与え、薬草や宝石が持つ力についての知識を与える能力がある。モラクス フレッシュアイペディアより)

  • 戸板保佑

    戸板保佑から見た天文学天文学

    宝暦3年(1753年)土御門泰邦らの宝暦の改暦に参加するために上京した。この時に山路主住へ師事し、関流の和算を学び仙台に持ち帰った。以後、仙台では中西流・関流が学ばれるようになる。仙台に戻った後も江戸の山路主住・之徽父子と崇禎暦書の研究を続け、日本で初めてとなる西洋暦を完成させた。晩年には、山路父子に学んだ和算・天文学の成果をまとめ、安永9年(1780年)に『関算四伝書』、天明2年(1782年)に『天文四伝書』としている。戸板保佑 フレッシュアイペディアより)

  • 家学

    家学から見た天文学天文学

    近世になると、出版文化の興隆によってかつては秘伝として扱われていたような知識の流出や新しい学問の普及が進み、従来の家学が持っていた権威が揺らぐようになっていった。だが、一方で地位の世襲を前提としていた幕藩体制の諸制度は学問分野においても有効であり、儒学では林氏、国学では本居氏、医学では曲直瀬氏・多紀氏、天文学では渋川氏・山路氏などのように新たな家学を生み出す家も登場した。家学 フレッシュアイペディアより)

  • ハルトムート・ヤーライス

    ハルトムート・ヤーライスから見た天文学天文学

    ハルトムート・ヤーライス(, 1946年 -)とは、ドイツの天文学者である。ハイデルベルク天文計算研究所 (Astronomisches Rechen-Institut) に所属し、太陽近傍の恒星の研究を専門としている。ヤーライスの最大の業績はヴィルヘルム・グリーゼとともに取り組んだ太陽系近傍の恒星のカタログ(グリーゼカタログ)の補遺で、これらは1978年と1991年に発表された。1993年にグリーゼが死去した際には訃報も書いている。グリーゼカタログの恒星は、ヤーライスの貢献から GJ (グリーゼ・ヤーライス、Gliese-Jahreiß)の略記号でも呼ばれている。ハルトムート・ヤーライス フレッシュアイペディアより)

  • サラマンカの旧市街

    サラマンカの旧市街から見た天文学天文学

    大航海時代には、天文学の知識などが大いサラマンカ大学で研究される一方、反宗教改革や異端審問の舞台にもなった。サラマンカの旧市街 フレッシュアイペディアより)

  • 開口合成

    開口合成から見た天文学天文学

    一般のアンテナ(電波受信機)の分解能限界は口径に比例し、観測波長に反比例する。しかし、電波の波長は可視光線の波長の一万倍以上長いものであるため、単体での分解能は光学系に比べて必然的に悪いものとなる。この問題を解消すべく、1946年、ケンブリッジ大学の天文学者マーティン・ライルらが、電波望遠鏡の分解能を向上させる方法として考案した、複数の電波望遠鏡を干渉計として使用する仕組みが開口合成である。ライルはこの業績によりノーベル物理学賞を受賞している。開口合成 フレッシュアイペディアより)

  • ポピュラー・アストロノミー (イギリスの雑誌)

    ポピュラー・アストロノミー (イギリスの雑誌)から見た天文学天文学

    AstroNews - 天文学における最新の情報。ポピュラー・アストロノミー (イギリスの雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 光検出器

    光検出器から見た天文学天文学

    天文学の分野では、画像を記録する検出器として電荷結合素子 (CCD) がよく使われているが、1990年代以前は写真乾板が一般的であった。よく使われていたのは、湿度等の環境の変化によって縮んだり変形したりすることがあるフィルムではなく、ガラス乾板である。しかしコダックは、天空観測に使われる数種類の乾板を1980?2000年に製造中止した。たとえば、T. M. Girard らによる論文を参照。次世代の天文機器(たとえばすざくを参照)には、極低温探知器が使われている。光検出器 フレッシュアイペディアより)

  • 久保木清淵

    久保木清淵から見た天文学天文学

    その後、清淵は津宮に息耕塾を開いて息子とともに弟子の教育に力を注ぎ、伊能忠敬も自分の孫を清淵に託している。一方で師の北溟が生前に果たせなかった後漢の鄭玄による『孝経』註釈の復元に努め、享和2年(1802年)に『補訂鄭註孝経』を完成させた。2年後に同書を刊行するが、既に江戸に出て高橋至時の下で天文・地理を学んでいた忠敬も序文を寄せている。後に文化6年(1809年)に忠敬が日本地図作成のための測量に出た折に備後国で当時著名な学者であった菅茶山に『補訂鄭註孝経』を贈呈して、清淵の名を世に広めるきっかけとなった(忠敬から寄贈された茶山蔵書の『補訂鄭註孝経』は現在広島県立歴史博物館所蔵)。他の著作に『古文孝経独見』(文政6年(1823年))などがある。久保木清淵 フレッシュアイペディアより)

  • ポンチュス・ド・チヤール

    ポンチュス・ド・チヤールから見た天文学天文学

    チヤールはロンサールやデュ・ベレー同様にプレイヤード派の一員だったが、1550年代には派内での詩的な探求には余り熱心ではなかった。というのは、1557年まで匿名で出されていた一連の対話篇『哲学的言説les Discours philosophiques』に見られるように、彼はより哲学的な作品を手掛けていたからである。これらの対話篇は、彼に詩学、音楽、天気、予言、世界全体の科学といった領域での知識を深めることを可能にさせた。そこでは、精神的視点(心理学、弁神論)と物質的視点(天文学、物理学、気象学)とが密に接しているのである。なお、彼はコペルニクスの新しい理論に度々言及している。ポンチュス・ド・チヤール フレッシュアイペディアより)

1226件中 151 - 160件表示