奈良南部のできごと ニュース&Wiki etc.

吉野(よしの)は、大和国南部(現在の奈良県南部)一帯を指す地名である。特に吉野山から大峰山にかけての山岳地帯をいう。狩りに適した良い野という意味である。吉野は口吉野と奥吉野に分かれる。奥吉野は山々が連なる山岳地帯で、古くは大峰とよばれ、厳密には吉野に含まれなかった。大峰の山々は熊野まで連なる。大峰への道は修験者によって、… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「吉野」のつながり調べ

  • 二条師基

    二条師基から見た吉野

    和睦成立後、比叡山にいた建武政権軍の大部分は、後醍醐と共に京都へ帰る者と、皇太子恒良親王を奉じて新田義貞と共に越前へ下る者とに分かれたが、師基はどちらにも加わらず、中院定平らと共に河内国へ落ちのびた。後醍醐は京都で幽閉されるが、12月21日に脱出に成功し、吉野において朝廷(南朝)を開く。こうして南北朝時代が始まり、師基は翌4年(1337年)1月に吉野に到着し、はじめて参内している。二条家は、甥の二条良基が北朝に、叔父の師基が南朝に仕えたため、両家に分裂した。(二条師基 フレッシュアイペディアより)

  • 中西進の万葉こゝろ旅

    中西進の万葉こゝろ旅から見た吉野

    万葉学者で文化功労者の中西進が、吉野など奈良県内各地に残る万葉の故地を訪ね、歌の意味や背景などを解説しながら万葉集の歌の魅力と万葉びとのこころを語る。(中西進の万葉こゝろ旅 フレッシュアイペディアより)

「吉野」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「奈良南部のできごと」のニューストピックワード