前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
199件中 1 - 10件表示
  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た日本テレビ放送網

    テレビ局所属アナはかつて水着着用で番組出演をする場面が見受けられたが、1990年代後半頃からは各局男女ともに水着姿での出演を規制するようになった(ただし、例外もある)。2015年現在、日本テレビの場合、アナウンサーを極めて高度な清廉性が求められる職種と位置づけている。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た紺野あさ美

    1980年代後半以降に採用された女子アナウンサーの大半が、俗に言う「ブランド大学」(東京六大学や関関同立など)の出身であり、またミスキャンパスに選出された経歴を持つ者も少なくない。また、業務上必要なアナウンス技術よりも、容姿を優先したり、誤読やトチリなど本来は許されないはずのミスを視聴率獲得のため珍重した結果、芸能人さながらの扱いを受けるケースが多いと見る向きもある。さらに2000年代以降は平井理央、紺野あさ美、宮澤智など元アイドルが女子アナとなる事例が見られる。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た鈴木史朗

    鈴木史朗(当時TBS)のように別部署に異動していた元アナウンサーが復帰するケースがあるほか、報道記者が転身するケースもある。対して、他部署から新たにアナウンサーになるケースは、1980-90年代のテレビ東京などに見られる程度で少ない。また、アナウンス部以外の部署に所属していても番組出演機会がある場合、「アナウンサー」の名称を用いるケースもある。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た八木亜希子

    続編として1991年に発行された『アナ本2』では、当時「花の三人娘」と呼ばれた、有賀さつき、河野景子、八木亜希子に焦点が当てられた。1993年には、日本テレビの人気アナウンサー永井美奈子ら3人からなるユニット「DORA」が結成され、CDをリリースした。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た大塚範一

    その一方で、大塚範一、露木茂、羽鳥慎一のようにフリー転身の翌月から他局でレギュラー番組を持つという例外もある。特に羽鳥は日本テレビ退職の数日後にテレビ朝日でレギュラーでの冠番組を開始させた。この時は日本テレビ・テレビ朝日両社上層部との話し合いがあったという。羽鳥のこの離れ業でフリー転身後の身でも他局からの仕事を請けやすくなったという向きもある。また、一時期の三雲孝江、小宮悦子、高島彩などのように、フリー転身後も他局ではほとんど仕事をせず、古巣局制作番組しかほぼ出演しないという人物も存在する。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た山村美智

    今日のようにタレント並みに注目を浴びる女子アナウンサーにつながる系譜は、1975年フジテレビに入社し、同局初の女性キャスターとなった後、女子アナウンサー史上初のスキャンダルを起こした田丸美寿々や、1978年NHKに入局し「TVガイド」の表紙を飾ったり、民放への大型移籍や玉の輿婚が話題になった頼近美津子らを端緒とする見方や、1980年代前半のフジテレビアナウンサーによる当時は異例だった「コント色の強いバラエティ番組への参加」からなど、いくつかの見方がある。1977年入社の益田由美は、なるほど!ザ・ワールドで体を張ったリポートで、「ひょうきん由美」と呼ばれ親しまれた。1980年入社の山村美智子、1984年入社の寺田理恵子、1985年入社の長野智子は、オレたちひょうきん族に「ひょうきんアナウンサー」と称され司会を務めた。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た加藤シルビア

    また、滝川クリステル(共同テレビ→フリー)、葉山エレーヌ→石田エレーヌ→葉山エレーヌ(日本テレビ)、加藤シルビアや小林悠(共にTBS)など、ハーフのアナウンサーが多く起用される傾向も見られる。外国人とのインタビューに際し通訳を介さず直接取材できる人材としての帰国子女や海外留学経験者と同等の理由で採用されているが、日本人のハーフに対するイメージから採用が多くなっているとも見られる。滝川、葉山(石田)などは当初は日本名で活動していたが、局のイメージ戦略のために意図的に外国名を名乗っており、タレント化の是非を巡る議論の一端となっている。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た羽鳥慎一

    その一方で、大塚範一、露木茂、羽鳥慎一のようにフリー転身の翌月から他局でレギュラー番組を持つという例外もある。特に羽鳥は日本テレビ退職の数日後にテレビ朝日でレギュラーでの冠番組を開始させた。この時は日本テレビ・テレビ朝日両社上層部との話し合いがあったという。羽鳥のこの離れ業でフリー転身後の身でも他局からの仕事を請けやすくなったという向きもある。また、一時期の三雲孝江、小宮悦子、高島彩などのように、フリー転身後も他局ではほとんど仕事をせず、古巣局制作番組しかほぼ出演しないという人物も存在する。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た石川牧子

    バラエティ番組やクイズ番組などで、社会的常識に欠ける発言や回答をするアナウンサーが時折見られる。これを「資質低下」として批判する意見と、番組の盛り上げ役を果たしているとして擁護する意見が存在する。元日テレアナウンサーの石川牧子が「若者の読み書きの能力は年々低下している」「入社希望の学生の漢字テストの成績が良くない」と語っている他、日本テレビOBの福澤朗も自身のブログで、「非常に憂慮している」とした上で、「テレビはもうアナウンサーを必要としていない」と苦言を呈している。有賀さつきは、出演者の瞬間的なリアクションに、自分を含めた番組製作者らは台本にはない魅力を共有しており、自分もボケの役割をある程度進んで引き受けていたことや、社会的常識があるはずの局アナのイメージを逆手に取った、演出の一面があったことを明かしている。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た小林麻耶

    放送局同士のコラボレーション企画等により、局アナが他局の番組に出演するケースもある。この影響で局アナが裏番組と重複出演となるケースもある(詳細は「小林麻耶」の項を参照)。その他、放送局同士の共同制作番組を放送する際、そのCMに各局アナが勢揃いで出演することもある。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
199件中 1 - 10件表示

「女子アナ」のニューストピックワード