前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
108件中 1 - 10件表示
  • 子どもの権利運動

    子どもの権利運動から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    子どもの権利運動は、歴史的、近代的運動であり、世界中の子どもの権利に関する啓蒙、発展、回復の運動である。子どもの定義は歴史的に変遷しているが、国連の子どもの権利条約では、次のように子どもを定義している。「18歳未満の人。ただし、その者に適用される法律により、18歳以前に成人となった者を除く」 。国際法では、それ以外の「若者」、「青年」、「ティーンエイジャー」など、若い人を意味する言葉に決まった定義は与えられていない。子どもの権利運動 フレッシュアイペディアより)

  • セーブ・ザ・チルドレン

    セーブ・ザ・チルドレンから見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    セーブ・ザ・チルドレン (Save the Children) は、1919年にイギリスで設立された非政府組織 (NGO) である。国連経済社会理事会の総合協議資格 (General Consultative Status) をもつ。児童の権利に関する条約 (子どもの権利条約) を理念とし、子どもの権利の保護を目標として活動している。セーブ・ザ・チルドレン フレッシュアイペディアより)

  • 学校内における体罰

    学校内における体罰から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    国連の「児童の権利に関する委員会」によると、「子どもたちは学校の門を通過することによって人権を失うことはない。(中略)体罰の使用は、子どもの本質的な尊厳のみならず、学校規則に対する厳しい制限に対しても敬意を払っていない」としている。委員会は児童の権利に関する条約第19条で、「締約国は、児童が父母、法定保護者又は児童を監護する他の者による監護を受けている間において、あらゆる形態の身体的若しくは精神的な暴力、傷害若しくは虐待、放置(中略)からその児童を保護するためすべての適当な立法上、行政上、社会上及び教育上の措置をとる」ことを義務づけている。学校内における体罰 フレッシュアイペディアより)

  • 児童労働

    児童労働から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    1989年の国際連合の児童の権利に関する条約は、児童(18歳未満の者)の権利について定められた国際条約で、18歳未満を「子供」と定義し、生きる権利、育つ権利、守られる権利、参加する権利など、特別な保護と援助を必要とする子供にとって、守られるべき基本的人権を明文化している。2014年10月現在、140カ国が署名。193カ国が締約。日本は1994年4月22日、158番目に批准。児童労働 フレッシュアイペディアより)

  • 子供

    子供から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    国際連合の児童の権利に関する条約では、子供を「18歳未満のすべての者、ただし子供に適用される法律の下でより早く成年に達する場合は、この限りでない。」(即ち、本国法の規定により18歳の誕生日を迎える前に成年に達する場合を除き、18歳の誕生日を迎えるまでのすべての者)と定めている。この条約は加盟194カ国中192カ国で批准されている。英語の用法では、胎児も子供の範疇に含める場合がある。子供 フレッシュアイペディアより)

  • こどもの権利条約

    こどもの権利条約から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    こどもの権利条約 フレッシュアイペディアより)

  • 子どもの権利条約

    子どもの権利条約から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    子どもの権利条約 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利条約

    児童の権利条約から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    児童の権利条約 フレッシュアイペディアより)

  • 子供の権利条約

    子供の権利条約から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    子供の権利条約 フレッシュアイペディアより)

  • 静かな緊急事態

    静かな緊急事態から見た児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約

    児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)静かな緊急事態 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
108件中 1 - 10件表示

「子どもの権利に関する条約」のニューストピックワード