92件中 41 - 50件表示
  • 安藤優子

    安藤優子から見たニュースステーション

    上智大学在学中はホテルウーマンを目指しており、再び留学してホテルマネジメント学を学ぶ費用捻出のため、渋谷のパルコでエレベーターガールのアルバイトをしていた。そこで外国人客と堪能な英語で話をしていたところを、テレビ朝日のプロデューサーにスカウトされて報道に携わることとなり、1980年に同局の『BIG NEWS SHOW いま世界は』でデビュー。その後『TVスクープ』『ニュースステーション』『CNNデイウォッチ』などでリポーター、キャスターを務め、民放連賞、フィリピン政変のリポートでギャラクシー賞個人奨励賞を受賞する。大学を休学し仕事を続けた。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見た市川市

    安藤 優子(あんどう ゆうこ、1958年11月19日 - )は、日本のニュースキャスター。ウェーブ産経代表幹事。有限会社エイアンドアソシエイツ所属。千葉県市川市出身。身長164.5cm、血液型はA型。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見たBIG NEWS SHOW いま世界は

    上智大学在学中はホテルウーマンを目指しており、再び留学してホテルマネジメント学を学ぶ費用捻出のため、渋谷のパルコでエレベーターガールのアルバイトをしていた。そこで外国人客と堪能な英語で話をしていたところを、テレビ朝日のプロデューサーにスカウトされて報道に携わることとなり、1980年に同局の『BIG NEWS SHOW いま世界は』でデビュー。その後『TVスクープ』『ニュースステーション』『CNNデイウォッチ』などでリポーター、キャスターを務め、民放連賞、フィリピン政変のリポートでギャラクシー賞個人奨励賞を受賞する。大学を休学し仕事を続けた。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見た直撃LIVE グッディ!

    2015年3月、安藤が『スーパーニュース』を降板し、2015年4月に開始するフジテレビ系情報番組でMCを務めることが発表される。2015年2月、情報番組のタイトルが『直撃LIVE グッディ!』に決定したことや、安藤の転身に伴い『スーパーニュース』が終了することが追加発表された。同年3月27日放送分をもって『スーパーニュース』は終了し、安藤は翌週30日から高橋克実と共に『グッディ!』のMCを担当している。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見た湾岸戦争

    『ニュースステーション』降板後はテレビ出演を止め、28歳の時に大学へ復学したが、今度はフジテレビから声を掛けられ、1987年10月から『FNNスーパータイム』に出演。仕事と勉学を両立させ、1988年春に上智大学を卒業。1991年の湾岸戦争では、日本人ジャーナリスト唯一となる現場取材を行った。1993年、かつてコンビを組んだ同番組初代キャスター逸見政孝の葬儀をリポートし、生放送中に号泣した。その後、1994年4月から2000年3月まで、深夜枠の『ニュースJAPAN』にてキャスターを務める。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見たABO式血液型

    安藤 優子(あんどう ゆうこ、1958年11月19日 - )は、日本のニュースキャスター。ウェーブ産経代表幹事。有限会社エイアンドアソシエイツ所属。千葉県市川市出身。身長164.5cm、血液型A型安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見た報道番組

    2000年4月3日からは『FNNスーパーニュース』のメインキャスターを務めている。安藤が『スーパータイム』から『ニュースJAPAN』に移った1990年代半ばから苦戦していたフジテレビの夕方ニュース枠は、安藤の復帰から2年後、6年ぶりに視聴率1位に返り咲くことに成功した。安藤はインタビューで「報道は気取りがある」「見ている方に通じないのであれば完全な送り手のマスターベーションでしかない」、 2013年12月2日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)の番組内で「ニュースに優劣はないので何やっても良いと思う。硬派なことだけやればいいという考えは上から目線すぎないか」と発言する等、報道番組のワイドショー化を肯定する発言をしている。また、2000年代頃からはメインキャスターを務める兼ね合いから取材現場に出向くことが極端に少なくなったが、安藤は自著などで「現場に行きたいが、自分が行ってしまった場合、東京のスタジオでニュースをさばく人がいなくなってしまうので、行かせてもらえない」との趣旨の発言をしている。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見たニュースJAPAN

    『ニュースステーション』降板後はテレビ出演を止め、28歳の時に大学へ復学したが、今度はフジテレビから声を掛けられ、1987年10月から『FNNスーパータイム』に出演。仕事と勉学を両立させ、1988年春に上智大学を卒業。1991年の湾岸戦争では、日本人ジャーナリスト唯一となる現場取材を行った。1993年、かつてコンビを組んだ同番組初代キャスター逸見政孝の葬儀をリポートし、生放送中に号泣した。その後、1994年4月から2000年3月まで、深夜枠の『ニュースJAPAN』にてキャスターを務める。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見たFNN選挙WARS〜改革の最終審判〜

    FNN選挙WARS〜改革の最終審判〜(2005年9月11日) - スタジオキャスター安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見た金曜チェック

    フジテレビの報道・情報番組に長年出演し続けていることもあり、フジテレビのアナウンサーと対外的に称されることが多いが、大学生の時にリポーターとしてスカウトされ、その後一貫してフリーランスの立場で活動しており、フジテレビを含めどの放送局にも社員・職員(アナウンサー、キャスター、記者、リポーターなど)として所属したことはない。テレビ朝日の専属のようになっていた時期にはむしろ、『ニュースステーション』の「金曜チェック」で手前味噌な項目まで作られたことがある。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

92件中 41 - 50件表示

「安藤優子」のニューストピックワード