官能小説 ニュース&Wiki etc.

官能小説(かんのうしょうせつ)とは、官能に訴える、つまり男女間もしくは同性間での交流と性交を主題とした小説の一ジャンル。ポルノ小説とも。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「官能小説」のつながり調べ

  • 被虐の契り

    被虐の契りから見た官能小説

    「被虐の契り」(ひぎゃくのちぎり)は、官能小説作家・千草忠夫が著した全10章構成の中篇SM小説である。(被虐の契り フレッシュアイペディアより)

  • 新潟少女監禁事件

    新潟少女監禁事件から見た官能小説

    本事件のルポタージュを執筆したひとりであるライターの窪田順生が一部の「下衆なマスコミ」が監禁中の被害者に対する様々な憶測を行った背景には、松田美智子が取材、執筆した『女子高生誘拐飼育事件』(後に『完全なる飼育』と改題され映画化)の影響が大きくあると指摘し、「この取材者は監禁をSMプレイの延長ぐらいにしか思われていないようだ。閉じこめられるほど愛されるということに、なにか高い精神性やらを期待されておられるようだが、それは官能小説の中だけにしていただきたい。現実の女性監禁は『飼育』も『プレイ』も『愛』もなく、あの『綾瀬コンクリ詰め殺人事件』に代表されるように果てしない暴力の連鎖、主従関係を錯覚することによる人間性の消失である」と松田を批判し、またそうした憶測について、被害者が監禁の始期から絶えず暴力や脅迫に晒されていた事実を挙げて「彼女は逃げなかったのではない、逃げるのが不可能だと教え込まされていただけなのだ」と反論している。また、松田も本件については「被害者には『部屋を出て逃げようとしたら殺される』という恐怖が染みついてしまっている。また、すっかり萎えてしまった足では、2階の階段を下りることもままならなかっただろう」と述べている。(新潟少女監禁事件 フレッシュアイペディアより)

「官能小説」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「官能小説」のニューストピックワード