前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
94件中 1 - 10件表示
  • 官能小説

    官能小説から見た三島由紀夫

    こうした官能小説のうち数少ない例外として、三島由紀夫や渋沢龍彦が賞賛した沼正三『家畜人ヤプー』がある(ただし、内容から官能小説ではなくSF小説の一種とする向きもある)。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た団鬼六

    日活ロマンポルノ - 団鬼六、宇能鴻一郎、蘭光生などの官能小説を映像化。このうち団、宇能の作品は比較的多数製作されており、『団鬼六 蒼いおんな』や『宇能鴻一郎の濡れて打つ』のように作者名自体がタイトルの一部になる事もしばしばあった。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た沼正三

    こうした官能小説のうち数少ない例外として、三島由紀夫や渋沢龍彦が賞賛した沼正三『家畜人ヤプー』がある(ただし、内容から官能小説ではなくSF小説の一種とする向きもある)。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見たライトノベル

    また、最近ではライトノベルや同人誌の隆盛に伴って、女性向けの官能小説(ティーンズラブ小説)、少年向けの官能小説(ジュブナイルポルノ)が出版されることも増えている。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た富士見書房

    ジュブナイルポルノでは、大半のレーベルでライトノベルと同様に巻頭カラーイラストがあり、本文中にも挿絵がページ単位で挿入されているなど、従来の官能小説とはだいぶ異なる体裁を持っているが、最大の特徴は狭義の官能小説ではタブーとされるSFやファンタジーの要素が小説の世界観としてにふんだんに利用されていることにある。これは対象としている読者層がライトノベルの読者中の成人層やアダルトゲームのプレイヤーであり、そのような世界観についての予備知識をある程度持っていることを前提としているためである。また、ジャンルの歴史という面から見ても、最初期のレーベルである富士見書房の富士見文庫(富士見美少女文庫)では、アダルトアニメ『くりいむレモン』シリーズのノベライズ作品を主力ラインナップとしていたことなど、1980年代の時点で既に他のメディアとの連動が意識されており、SFやファンタジーの要素がふんだんに含まれた作品が多数出版されていたことが挙げられる。この巻頭カラーイラストや本文中に挿入した挿絵の多くの割合を性描写に割く富士見美少女文庫のスタイルは1990年代に入って次々と勃興した後続レーベルの方向性にも大きな影響を与え、アダルトゲームの普及と共に、多くのアダルトゲームが利用するファンタジー調の世界観や設定をジュブナイルポルノの読者層へ受容させるための礎となっていった。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た村山潤一

    単行本の表紙の多くはエアブラシなどを用いた写実的な女性の絵である。芸術的に見て優れた絵も多く、画家(西村春海、村山潤一、新井田孝など)にも少数だがファンが付いているほどである(画家達の表紙絵作品だけを集めてJPEGデータ化したCD-ROMアルバムが販売されている)。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た渋沢龍彦

    こうした官能小説のうち数少ない例外として、三島由紀夫や渋沢龍彦が賞賛した沼正三『家畜人ヤプー』がある(ただし、内容から官能小説ではなくSF小説の一種とする向きもある)。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見たお姉さん先生

    お姉さん(年上の中で、特に未婚の女性がメインヒロインとなる。お姉さん先生など)官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た蘭光生

    日活ロマンポルノ - 団鬼六、宇能鴻一郎、蘭光生などの官能小説を映像化。このうち団、宇能の作品は比較的多数製作されており、『団鬼六 蒼いおんな』や『宇能鴻一郎の濡れて打つ』のように作者名自体がタイトルの一部になる事もしばしばあった。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た宇能鴻一郎

    日活ロマンポルノ - 団鬼六、宇能鴻一郎、蘭光生などの官能小説を映像化。このうち団、宇能の作品は比較的多数製作されており、『団鬼六 蒼いおんな』や『宇能鴻一郎の濡れて打つ』のように作者名自体がタイトルの一部になる事もしばしばあった。官能小説 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
94件中 1 - 10件表示

「官能小説」のニューストピックワード