前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示
  • 定岡正二

    定岡正二から見た石橋貴明

    1986年からTBSのスポーツキャスターに転向。引退会見では、「芸能界には入らない」と言い切っていたというものの、やがてイザワオフィス所属のタレントとしても活躍(イザワには2001年まで所属)。日本テレビ系列のバラエティ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」で『おちゃのこさいさい』と言う所を『へなちょこさいさい』と言い間違えたことから「へなちょこサダ」と命名され準レギュラー出演したことが契機となり、その頃からテレビ出演や著名人との対談など、タレント活動がメインとなる。1997年には上記の「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」での企画で石橋貴明、デビット伊東と共に音楽グループの“ANDY'S”を結成、シングル「FREEDOM」が発表される。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た西本聖

    入団後は二軍暮らしが続いたが、長嶋茂雄監督最終年の1980年にプロ入り初勝利を含む9勝を挙げた。藤田元司監督就任の最初のシーズンである1981年、4月11日の阪神タイガース戦で初回先頭打者北村照文に二塁打を打たれた後、打者27人連続でアウトを奪い準完全試合となる完封をした。最終的にはプロ入り初の2ケタ勝利(11勝)を挙げ、同年の4年ぶりのリーグ優勝や1981年の日本シリーズ制覇に貢献した。翌1982年にはオールスターにも出場、自己最多の15勝を挙げて同年代の江川卓や西本聖とともに3本柱として活躍する。決め球のスライダーは現在でいうカットボールであったという。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た日本テレビ放送網

    1986年からTBSのスポーツキャスターに転向。引退会見では、「芸能界には入らない」と言い切っていたというものの、やがてイザワオフィス所属のタレントとしても活躍(イザワには2001年まで所属)。日本テレビ系列のバラエティ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」で『おちゃのこさいさい』と言う所を『へなちょこさいさい』と言い間違えたことから「へなちょこサダ」と命名され準レギュラー出演したことが契機となり、その頃からテレビ出演や著名人との対談など、タレント活動がメインとなる。1997年には上記の「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」での企画で石橋貴明、デビット伊東と共に音楽グループの“ANDY'S”を結成、シングル「FREEDOM」が発表される。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た山咲千里

    『クイズダービー』『マジカル頭脳パワー!!』等のクイズバラエティ番組に出演すると、必ずとんちんかんなことを言ったり、理解に苦しむような的外れな解答などを担当するため「脳が筋肉」と当時は揶揄されていた。また『クイズダービー』では、2枠レギュラーの井森美幸が定岡の大ファンで、井森の解答が定岡と全く一緒だと井森は不正解でも大喜びしていたが、定岡はその度に困惑した表情を浮かべていた。しかし『マジカル頭脳パワー!!』では、記憶力の問題は得意としており、共演者から驚かれることもあった。その一方で表現力が必要となる問題には苦手でジェスチャー伝言ではそれまで上手く伝わっていたものを壊すことが多く所ジョージや千堂あきほや山咲千里からブーイングを食らうことも多かった。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た千堂あきほ

    『クイズダービー』『マジカル頭脳パワー!!』等のクイズバラエティ番組に出演すると、必ずとんちんかんなことを言ったり、理解に苦しむような的外れな解答などを担当するため「脳が筋肉」と当時は揶揄されていた。また『クイズダービー』では、2枠レギュラーの井森美幸が定岡の大ファンで、井森の解答が定岡と全く一緒だと井森は不正解でも大喜びしていたが、定岡はその度に困惑した表情を浮かべていた。しかし『マジカル頭脳パワー!!』では、記憶力の問題は得意としており、共演者から驚かれることもあった。その一方で表現力が必要となる問題には苦手でジェスチャー伝言ではそれまで上手く伝わっていたものを壊すことが多く所ジョージや千堂あきほや山咲千里からブーイングを食らうことも多かった。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た井森美幸

    『クイズダービー』『マジカル頭脳パワー!!』等のクイズバラエティ番組に出演すると、必ずとんちんかんなことを言ったり、理解に苦しむような的外れな解答などを担当するため「脳が筋肉」と当時は揶揄されていた。また『クイズダービー』では、2枠レギュラーの井森美幸が定岡の大ファンで、井森の解答が定岡と全く一緒だと井森は不正解でも大喜びしていたが、定岡はその度に困惑した表情を浮かべていた。しかし『マジカル頭脳パワー!!』では、記憶力の問題は得意としており、共演者から驚かれることもあった。その一方で表現力が必要となる問題には苦手でジェスチャー伝言ではそれまで上手く伝わっていたものを壊すことが多く所ジョージや千堂あきほや山咲千里からブーイングを食らうことも多かった。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た所ジョージ

    『クイズダービー』『マジカル頭脳パワー!!』等のクイズバラエティ番組に出演すると、必ずとんちんかんなことを言ったり、理解に苦しむような的外れな解答などを担当するため「脳が筋肉」と当時は揶揄されていた。また『クイズダービー』では、2枠レギュラーの井森美幸が定岡の大ファンで、井森の解答が定岡と全く一緒だと井森は不正解でも大喜びしていたが、定岡はその度に困惑した表情を浮かべていた。しかし『マジカル頭脳パワー!!』では、記憶力の問題は得意としており、共演者から驚かれることもあった。その一方で表現力が必要となる問題には苦手でジェスチャー伝言ではそれまで上手く伝わっていたものを壊すことが多く所ジョージや千堂あきほや山咲千里からブーイングを食らうことも多かった。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た江川卓 (野球)

    入団後は二軍暮らしが続いたが、長嶋茂雄監督最終年の1980年にプロ入り初勝利を含む9勝を挙げた。藤田元司監督就任の最初のシーズンである1981年、4月11日の阪神タイガース戦で初回先頭打者北村照文に二塁打を打たれた後、打者27人連続でアウトを奪い準完全試合となる完封をした。最終的にはプロ入り初の2ケタ勝利(11勝)を挙げ、同年の4年ぶりのリーグ優勝や1981年の日本シリーズ制覇に貢献した。翌1982年にはオールスターにも出場、自己最多の15勝を挙げて同年代の江川卓や西本聖とともに3本柱として活躍する。決め球のスライダーは現在でいうカットボールであったという。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た槙原寛己

    1983年は春先から好調を維持し、開幕2か月で6連勝を含む7勝1敗とハーラートップを走っていた。しかし牽制球の際に持病の腰痛を発症し、以降調子を落とす。先発とリリーフの併用が続き、8月に二軍落ち。二軍で2試合連続完投勝利を挙げ9月に一軍復帰するも調子は戻らず、6月以降1勝も挙げることができないままシーズンを終え、結局この年は7勝7敗に終わる。1984年に入ってもなかなか復調せず、この年の9月以降リリーフに回る。槙原寛己や斎藤雅樹の台頭もあって1985年オフにトレード要員となり、ベテラン捕手有田修三との交換トレードで近鉄バファローズへの移籍が発表されるが、移籍を拒否。任意引退というかたちで突然の現役引退を表明。最終年は47試合登板で防御率3点台という十二分に余力を残した状態にもかかわらず、29歳の若さでプロ野球界から引退した。このとき相談を野球関係者ではなく友人のデザイナーなどに持ちかけ、「巨人のまま辞めた方がいい」とのアドバイスを受けたという。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た角盈男

    球界入り及び現役引退等を挟み2017年時点で独身で結婚経験なし(三兄弟で唯一の独身でもある)。本人は「女性に対してシャイだから」と語っているが、弟・徹久は「何度も兄のデートにカモフラージュで同伴させられた」と語っている。徹久が斉藤浩子と結婚したのはこのカモフラージュがきっかけである。親友の角盈男は「見つからないようにデートするのが上手い」と語っている。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示

「定岡正二」のニューストピックワード