客引き行為 ニュース&Wiki etc.

迷惑防止条例(めいわくぼうしじょうれい)とは、公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等を防止し、もって住民生活の平穏を保持することを目的とする、日本の条例の総称である。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「迷惑防止条例」のつながり調べ

  • 有害玩具

    有害玩具から見た迷惑防止条例

    「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者」については軽犯罪法で拘留、科料の刑が規定されている。また、自治体の迷惑防止条例では「何人も、公共の場所又は公共の乗物において、正当な理由がないのに、刃物、鉄棒、木刀その他人の身体に危害を加えるのに使用されるような物を、公衆に対し不安を覚えさせるような方法で携帯」について刑事罰が規定されている。(有害玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 転売屋

    転売屋から見た迷惑防止条例

    なお、転売対象が乗車券、入場券や観覧券などのチケット類である場合は、ダフ屋営業として迷惑防止条例違反や物価統制令で検挙される事例もあり、これは古物商許可とは無関係である(許可を取っていてもダフ屋営業に該当すれば検挙される)。(転売屋 フレッシュアイペディアより)

「迷惑防止条例」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「客引き行為」のニューストピックワード