6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ
144件中 141 - 144件表示
  • 京極竜子

    京極竜子から見た富司純子富司純子

    大坂城の女(1970年・関西テレビ、演:藤純子(現・富司純子))京極竜子 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺岳夫

    渡辺岳夫から見た富司純子富司純子

    その一方で作詞も数多く手がけ映画主題歌『緋牡丹博徒』(1968年)は主演の藤純子人気も相まって大ヒットした。渡辺岳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 市川崑

    市川崑から見た富司純子富司純子

    2008年(平成20年)3月30日、お別れの会が成城の東宝撮影所第9ステージで開かれ、映画関係者や俳優ら850人が参列した。石坂浩二、岸惠子、吉永小百合、山田洋次ら18人が発起人となり、石坂・岸が弔辞を読んだ。その他、松岡功、高井英幸、角川春樹、角川歴彦、日枝久、黒鉄ヒロシ、篠田正浩、三谷幸喜、谷川俊太郎、西岡善信、原正人、和田誠、野上照代、浅丘ルリ子、佐久間良子、富司純子、島田陽子、浅野ゆう子、鈴木京香、松嶋菜々子、野田秀樹、岩城滉一、長塚京三、草笛光子、中村メイコ、藤村志保、萬田久子、中井貴惠、風吹ジュン、岸部一徳、うじきつよし、石橋蓮司、横山通乃、三条美紀、佐々木すみ江、岡本信人、渡辺篤史、尾藤イサオ、石倉三郎、清水紘治、辻萬長、三谷昇、大滝秀治、神山繁、加藤武、林隆三、杉葉子、中村敦夫、役所広司、あおい輝彦、中井貴一、豊川悦司、司葉子らが参列した。市川崑 フレッシュアイペディアより)

  • 梶芽衣子

    梶芽衣子から見た富司純子富司純子

    1970年の日活映画『野良猫ロックシリーズ』4作に主演し人気を得る。『大江戸捜査網』(東京12チャンネル)などのテレビドラマに日活女優として出演をする。1971年、日活がロマンポルノに移行したため退社しフリーとなる。大江戸捜査網の出演が第2シリーズ迄なのはその為で、男優陣(杉良太郎、瑳川哲朗、中村竹弥、古今亭新駒)が三船プロに制作会社が移行した後も引き続き出演をしているのに対して、女優陣は梶芽衣子、岡田可愛?古城都、江崎英子に交代をしている。1972年3月『純子引退記念映画 関東緋桜一家』を最後に引退した藤純子の後釜として東映に誘われ同年東映に入社した。『銀蝶シリーズ』の後、『女囚さそりシリーズ』で人気を決定付けた。本作で"ヒロインが台詞を喋らない方が凄みを増す"というアイデアは梶が出した。1973年、『女囚さそりシリーズ』の三作目に出演するかしないかで揉めているとき、深作欣二監督に請われて出演した『仁義なき戦い 広島死闘篇』でもヒロインを好演した。『女囚さそり』のシリーズ化で揉めて東映とケンカ別れの形となり、同年退社し再びフリーとなる。その後東宝の『修羅雪姫シリーズ』など、各社で主演映画が製作されていく。これらの作品は海外でも人気を呼び、クエンティン・タランティーノは梶の熱狂的ファンと公言。タランティーノは映画『キル・ビル』で『修羅雪姫』のオマージュをし、梶の歌「修羅の花」と「怨み節」を流している。梶芽衣子 フレッシュアイペディアより)

6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ
144件中 141 - 144件表示

「富司純子」のニューストピックワード