前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示
  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たリコー

    1970年代まではゼロックス・コーポレーションが保有するゼログラフィ技術の特許により乾式普通紙複写機の市場を独占していた。しかし、特許の独占権の失効以後は低価格・小型化を武器とするキヤノン・リコー・コニカミノルタ・三田工業(現在の京セラドキュメントソリューションズ)などの日本企業に次第に市場を侵食され、高速機や大型機では強みを発揮し続けているものの、国内販売台数シェアではキヤノン、リコーに続く第3位の地位に甘んじている。しかし、コピー/プリント枚数(コピー・ボリューム、ドキュメント・ボリューム)では高速機市場での強みを活かし、依然として国内シェアはトップである。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たゼロックス

    本社に相当するアメリカ合衆国のゼロックス・コーポレーションとの合弁会社とならなかったのは、当時はアジア地域がランク・ゼロックス社の商圏だったことによるものだった。なおランクゼロックスは1997年にアメリカ本部の100%完全子会社になったため、後年は事実上、ゼロックスコーポレーションと富士写真フイルムとの合弁会社だった。現在は後述のとおり経営統合された持ち株会社である富士フイルムホールディングスの連結子会社であるが、ゼロックスリミテッド社も25%の株を保有している。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たキヤノン

    1970年代まではゼロックス・コーポレーションが保有するゼログラフィ技術の特許により乾式普通紙複写機の市場を独占していた。しかし、特許の独占権の失効以後は低価格・小型化を武器とするキヤノン・リコー・コニカミノルタ・三田工業(現在の京セラドキュメントソリューションズ)などの日本企業に次第に市場を侵食され、高速機や大型機では強みを発揮し続けているものの、国内販売台数シェアではキヤノン、リコーに続く第3位の地位に甘んじている。しかし、コピー/プリント枚数(コピー・ボリューム、ドキュメント・ボリューム)では高速機市場での強みを活かし、依然として国内シェアはトップである。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見た日本テレビ放送網

    FUJI XEROX SUPER CUP(日テレ) - 冠スポンサーであり、大筆頭でテレビ提供をしている。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見た富士フイルムホールディングス

    富士ゼロックス株式会社(ふじゼロックス、英語:Fuji Xerox Co., Ltd.)は、富士写真フイルム株式会社(現: 富士フイルムホールディングス)とイギリスの現地法人であるランク・ゼロックス(現: ゼロックス・リミテッド)社との合弁会社として1962年 (昭和37年)に誕生した日本の機械メーカーである。本社所在地は東京都港区(東京ミッドタウン)。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たマツダ

    JNNニュースデスク時代から続く最古参スポンサーの1社である。この名残から、現在は隔日で30秒1本の提供であるものの、スポンサー読み上げが行われている。なお、2016年(平成28年)9月末をもって降板。後任はMAZDA富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たコスモ石油

    「モーレツからビューティフルへ」 - 1970年(昭和45)に放送されたTVCMのキャッチコピー。1960年代の高度経済成長期の経済・産業の発展重視に対するアンチテーゼとして人間回帰を示したものとされる。電通本社ビルにあるアド・ミュージアム東京の「時代別ラジオ・テレビCMコーナー」において視聴が可能となっている。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たセイコーエプソン

    セイコーエプソンをはじめとするプリンター各社にプリンターエンジンを供給している。こうして製造された製品には一時期、Printing Force FUJI XEROXロゴマークが表示された。また、かつては国内向けに富士ゼロックスブランドのインクジェットプリンターを販売していた)。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たコニカミノルタ

    1970年代まではゼロックス・コーポレーションが保有するゼログラフィ技術の特許により乾式普通紙複写機の市場を独占していた。しかし、特許の独占権の失効以後は低価格・小型化を武器とするキヤノン・リコー・コニカミノルタ・三田工業(現在の京セラドキュメントソリューションズ)などの日本企業に次第に市場を侵食され、高速機や大型機では強みを発揮し続けているものの、国内販売台数シェアではキヤノン、リコーに続く第3位の地位に甘んじている。しかし、コピー/プリント枚数(コピー・ボリューム、ドキュメント・ボリューム)では高速機市場での強みを活かし、依然として国内シェアはトップである。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見た横浜市

    富士ゼロックス情報システム株式会社(神奈川県横浜市富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示

「富士ゼロックス」のニューストピックワード