寺原隼人 ニュース&Wiki etc.

寺原 隼人(てらはら はやと、1983年10月9日 - )は、宮崎県宮崎市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在は福岡ソフトバンクホークスに所属。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「寺原隼人」のつながり調べ

  • 井口資仁

    井口資仁から見た寺原隼人

    守備面では鳥越裕介に遊撃手を譲って二塁手にコンバートされ、走塁面ではコーチの島田誠の助言から目標を盗塁王に定めて臨んだ年だった。プロ入り以降、打率が.250を超えたことがなかったことから、確実性を高めるためにフォームを足を上げる打法からすり足打法に変えてレギュラーシーズンに臨んだ。同年は3番としてほぼ定着し、打率は.261(リーグ27位)に終わったが、史上3人目の30本塁打、40盗塁を達成し、44盗塁で盗塁王のタイトルを獲得し、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞した。この年、井口が30本塁打(リーグ12位)を記録したのに加え、松中が36本塁打、小久保裕紀が44本塁打、城島健司が31本塁打を記録し、パシフィック・リーグ初の30本カルテットを形成。日本人のみの30本カルテットはプロ野球史上初の快挙だった。11月には台湾で開催された第34回IBAF(国際野球連盟)ワールドカップの日本代表に高橋由伸、井端弘和や高校生で唯一メンバー入りした寺原隼人らと一緒に選ばれ、3番・二塁手として出場した。(井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージマン北

    ジョージマン北から見た寺原隼人

    昭和55年会の神戸復興15周年イベントで現役選手との硬式試合に出場し、3番DHで参加している。また、ヤフードームで行われたイベントでの試合にキャッチャーでフル出場。高木豊監督が城島健司をサードにさせて、ピッチャー寺原隼人とバッテリー組ませて、無失点に抑えた事を飲み屋で自慢している。(ジョージマン北 フレッシュアイペディアより)

「寺原隼人」のニューストピックワード