193件中 81 - 90件表示
  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た大引啓次

    1000投球回:2014年4月2日、対北海道日本ハムファイターズ2回戦(福岡 ヤフオク!ドーム)、4回表1死目に大引啓次の盗塁死で達成 ※史上336人目寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    13球団勝利:2014年4月16日、対東北楽天ゴールデンイーグルス5回戦(福岡 ヤフオク!ドーム)、7回1失点 ※史上3人目 寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見たAAAアジア野球選手権大会

    第83回全国高等学校野球選手権大会は8月11日の四日市工との1回戦では先発して8回を1失点に抑え、ニューヨーク・メッツスカウトのスピードガンで初球に153km/h、22球目に155km/hを計測したがテレビ中継画面の表示は甲子園タイ記録の151km/hだった。8月16日の岡山県立玉野光南高等学校との2回戦では前夜に発熱していたものの同点の5回裏から登板し、2イニング目の6回にアトランタ・ブレーブススカウトのスピードガンで98mph(約157.7km/h)を計測、テレビ中継では154km/hと表示され当時の甲子園記録を塗り替え、6イニングを3失点にまとめて延長戦で勝利した。8月17日に大阪市内の病院で点滴を受けブルペン待機となったが、チームは20安打15得点の完封リレーで3回戦を突破した。8月19日に行われた準々決勝の対横浜高校戦では最速150km/hは出たものの、2回以降の直球の約8割が130km/h台と苦しみ、同点で迎えた9回に3四球で満塁とした所で決勝打を浴びて敗れ、ベスト8に終わった。翌日8月20日に大阪市内の病院で検査の結果、右足内転筋の肉離れと診断され、AAAアジア野球選手権大会日本高校選抜を辞退した。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た全国高等学校野球選手権宮崎大会

    、3年春から捕球の巧い中原幸広捕手に変更し、春の県大会では準決勝の対延岡学園戦で後の同僚・神内靖と投げ合い球速153km/hを記録した。決勝戦は2安打に抑えながらも1対2で宮崎日大に破れた。6月にサンマリンスタジアム宮崎で行われた市立船橋との練習試合で当時の高校生最高球速となる155km/hを記録した。3年夏の県大会の3回戦(7月18日・対日南振徳商戦)では新たに覚えた120km/h後半の高速カーブを交えて15奪三振でノーヒットノーランを達成した。決勝戦では9回3失点の完投勝利で宮崎日大を破って3年ぶり3度目の甲子園出場に導いた。同級生の井手正太郎も3番打者で同大会7打点と寺原を支えた。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た内視鏡

    '、オープン戦は好調ではなかったが東浜巨、大場翔太を押し退けて4月2日の開幕第5戦からローテーション入りし、同日の対日本ハム戦で通算1000投球回を達成した。プロ入り後通算6敗(全て先発)で迎えた4月16日の対楽天戦で7回を1失点に抑えて工藤公康、杉内俊哉に続くNPB史上3人目の13球団からの勝利'を達成した。4月30日の対オリックス戦で4回途中KOとなり、5月1日に二軍降格となった。ウエスタン・リーグでも被弾し右膝の違和感が消えず、5月12日に福岡市内の病院で精密検査を受け、5月27日に右膝軟骨損傷による内視鏡下デブリードマン手術を受けた。100パーセント完治する手術ではなく、翌年以降も毎週膝に溜まる水を抜き、ヒアルロン酸の注射が必須となった。同年はわずか5試合にとどまり1勝4敗に終わりながらもQS率は60パーセントだった。敗戦した4試合はいずれも1回、2回に先制点を奪われて本塁打も浴び、味方の援護も2点以下だった。5試合で被本塁打8と、9イニングあたり2.60本(前年までの8年間は1.00未満)と数字からも異変が起きていた。なお全5試合の捕手は同年より移籍加入した鶴岡慎也だった。オフの12月3日の契約更改交渉で減額制限を越える47パーセントダウンの年俸4,500万で更改した。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見たアトランタ・ブレーブス

    第83回全国高等学校野球選手権大会は8月11日の四日市工との1回戦では先発して8回を1失点に抑え、ニューヨーク・メッツスカウトのスピードガンで初球に153km/h、22球目に155km/hを計測したがテレビ中継画面の表示は甲子園タイ記録の151km/hだった。8月16日の岡山県立玉野光南高等学校との2回戦では前夜に発熱していたものの同点の5回裏から登板し、2イニング目の6回にアトランタ・ブレーブススカウトのスピードガンで98mph(約157.7km/h)を計測、テレビ中継では154km/hと表示され当時の甲子園記録を塗り替え、6イニングを3失点にまとめて延長戦で勝利した。8月17日に大阪市内の病院で点滴を受けブルペン待機となったが、チームは20安打15得点の完封リレーで3回戦を突破した。8月19日に行われた準々決勝の対横浜高校戦では最速150km/hは出たものの、2回以降の直球の約8割が130km/h台と苦しみ、同点で迎えた9回に3四球で満塁とした所で決勝打を浴びて敗れ、ベスト8に終わった。翌日8月20日に大阪市内の病院で検査の結果、右足内転筋の肉離れと診断され、AAAアジア野球選手権大会日本高校選抜を辞退した。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た未成年者飲酒禁止法

    また、3月のオープン戦期間中に岡本克道、永井智浩に連れられキャバクラで飲酒し球団から厳重注意処分を受けた。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見たトレード

    12月5日に多村仁とのトレードで横浜ベイスターズへの移籍した。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た軟式野球

    1983年10月9日に宮崎市で生まれた。職場で野球をやっていた父や6歳上の兄の影響で宮崎市立本郷小学校3年生の時に軟式野球の「ワールドボーイ」に入団して野球を始めて小学校5年生になると6年生を押しのけてエースとなった。宮崎市立赤江東中学校では軟式野球部に入り、1年目は制球難を克服するため下半身を鍛え、2年秋には宮崎県大会決勝戦で完封勝利を果たした。3年夏には4番・エースとして県大会で優勝し、九州大会でも2位となって宮崎県勢15年ぶりの全国大会に出場となったが、初戦で東海代表の長泉北中に敗れた。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た延岡学園高等学校・尚学館中学校

    、3年春から捕球の巧い中原幸広捕手に変更し、春の県大会では準決勝の対延岡学園戦で後の同僚・神内靖と投げ合い球速153km/hを記録した。決勝戦は2安打に抑えながらも1対2で宮崎日大に破れた。6月にサンマリンスタジアム宮崎で行われた市立船橋との練習試合で当時の高校生最高球速となる155km/hを記録した。3年夏の県大会の3回戦(7月18日・対日南振徳商戦)では新たに覚えた120km/h後半の高速カーブを交えて15奪三振でノーヒットノーランを達成した。決勝戦では9回3失点の完投勝利で宮崎日大を破って3年ぶり3度目の甲子園出場に導いた。同級生の井手正太郎も3番打者で同大会7打点と寺原を支えた。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

193件中 81 - 90件表示

「寺原隼人」のニューストピックワード